2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

記憶よ★爺・婆から聞いた怖い話★甦れ

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 05:10
せっかくの良スレだったのになくなってしまったので復活です。

爺さま、婆さまから聞いた怖い話や戦時中のとんでも話を
オカルティックに話すスレです。
前スレの既出でも構いません。(無くなったし)まぁほどほどに。

なお外界では○島屋スレが論争を呼んだり原爆スレが焼失したりと
テンヤワンヤですが気にすることなくマッタリといきましょう。

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 05:10
お 復活か?

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 05:11
>>1
その妙なテンプレにワラタ

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 06:56
俺の爺さんは俗に言う特攻崩れというやつだった。
神風に決まった時、爺さんはイヤでイヤでしょうがなかったらしい。

出撃してからずっと「死にたくねぇなぁ」と思ったそうだ。
「死んだらせっかく貰った嫁さんも誰かに取られるんだろうなぁ。イヤだなぁ」
 ↑当時、爺さんは新婚バリバリだった。

なんて考えてるうちに気付けばもう海。
アメリカの空母やら駆逐艦やらがわんさかいて
敵の飛行機もブンブン飛んでたんだと。
あまりの多さに爺さん直感で「もうだめぽ‥」と感じたそうな。

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 06:57
味方の飛行機は蚊トンボみたいな弱弱しい装備で
どんどん同僚の飛行機は撃ち落とされてく。
爺さんは追いかけてくる敵の飛行機から必死に逃げ回った。
そのうち段々、足のほうから痺れてきた。

頭もボーッしてきてもう自分でも何してんだかわからなかったんだと。
そんな時ものすごくでかい声で「起きろ。この大うつけ!」と
爺さんの母ちゃんの声が聞こえたらしい。
でも爺さんは眠くて眠くて「うるせぇなぁ」としか思わなかった。

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 06:58
気付いたら爺さんの飛行機は海に浮かんでたんだって。
結局、爺さんは捕虜になったけど決死のバンザイアタックは不発に終わった。

余談だが爺さんの捕虜生活は非常に快適だったと言ってる。
特に米兵がくれるコンビーフは最高にうまかったらしい。
他にもビール・煙草・エロ雑誌(多分プレイボーイ)なんでもくれたそうだ。
今でも爺さんは言う。「メリケンの女子はたまらん‥」と。

怖くなくてスマソ

7 :銀龍 ◆XXSDRAGtw6 :03/06/04 07:09
>>6
いいなあ(;゚∀゚)=3

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 08:28
漏れの婆ちゃんは広島に生まれ広島で育ち広島で死んだ。
原爆落とされた時、婆ちゃんは家族で親戚のいる岡山に疎開していて難を逃れた。
原爆が落ちてちょうど4日たってから広島に帰った。
婆ちゃんの家の界隈は全部ぶっ飛んでて瓦礫の山だった。
焼け跡にほったて小屋を建ててその日は夜を明かしたそうだ。

夜、ボン!ボン!と音がするので弟と外へ出てみると
家から見える川の土手いっぱいに火の玉が出たり消えたりしてんだって。
広島が壊滅したばかりだったから街灯なんかもまるで機能してなくて
真っ暗の中、とても異様な風景だったらしい。




9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 17:16
復活オメ〜、>>1乙!
戦争の話が続いてますね。なんつーかやっぱりそういう体験談は貴重だは。
ではコピペで。

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 17:19
>>8
原爆で亡くなった人の霊ですかね。
原爆が落ちた後、皆次々と川に飛び込んだという話を聞くと、
悲しいような怖いような...

11 :9:03/06/04 17:20
17 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/07/17 11:13

厨房の時、おじいちゃん先生の話。

空襲→爆撃で怖いのは、爆発の衝撃で飛んでくる
爆弾や建物の破片だとか。
学校で、爆撃があったときは伏せろと言われていたのに
ある友人がつったってたら、飛んできた鉄板で首チョンパ。
あと、戦闘機が来たらまっすぐ逃げずに横に逃げろと
教わった。機銃は前にしか撃てないから。
当時「いいこと教わったー」と思ったもんだ(w

12 :実験 ◆P1AWcg9OTs :03/06/05 03:13
hosixyu

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 03:30
よく妊婦さんは火事を見ちゃいけないって言わない?
ウチの母は婆さんからそう教わって、兄や私がお腹にいた時は注意してたんだって。
金田一耕介の映画かなんかで、体の半分に赤痣がある女の人が出て来るのを見て
母がそう言ってた。
小学校の時、友達にその話をしたら、その子のお母さんもそうだったらしい。

大人になってから、会社の人にもその話をしたら
「わしの(関西の人ね)このアザ、そうらしいで。おかんが言ってた!
 私が火事見たからやゆうて謝ってたわ」と言う。
その人の腕には生まれつきの茶色っぽいアザがあった。
迷信なんだろうけど、怖いよね。

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 03:44
どうでもいいが、特攻隊は志願兵のみで構成されていたんだぞ。だから尊敬されたんだ。

あと、アメリカの日本兵捕虜に対する仕打ちと言ったら、それは悲惨なものだったそうだ。
昔の黒人差別と考えてくれればいい。

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 04:03
それは日本兵が敵国捕虜に対してやった仕打ちも同じだろ?
俺だって「天皇陛下=神」って時代なら、同じ様にしてるかも。
周りがああいう状態なら、人道にもとる行為さえやっちまうよ、たぶん。

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 04:26
特攻隊への志願は事前にアンケートみたいのとって
「熱望」「志望」「希望」の三択から選ばせたそうだよ。
熱望・希望・希望セズ、もあったみたいだけど、各部隊によって違うだろうし
希望セズを選ぶと部隊の恥にもなってしまうから、選びづらい状況でもあったようだ。

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/05 05:46
>>14
いや折れもアメリカの捕虜は待遇がよかったと聞くぞ。かくいう折れの爺も捕虜んなって軍刀取り上げられたが
爺が無抵抗(←根性なし)だったんで手紙書かせてくれたりガムくれたりラジオくれたって言ってた。


18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 05:49
>13
聞いたことないなぁでも興味深い。。
妊婦はあまりキンメダイ食べたらダメっていうのは聞くね



19 :slave ◆NKcME09MsA :03/06/05 05:59
戦争末期のもうケツに火ィついてた頃は特攻希望アンケートなんか取ってない。
つい2ヵ月前まで学生でしたみたいなやつも少し訓練受けさせて飛ばしたって聞く。
しかも経験浅い学徒兵はゼロ戦じゃなく練習機に爆弾積んで行かせたとか。
時代が時代とは言え少々遣り切れないよね。




20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 17:27
うちのじいちゃんは痩せすぎで出兵できなかったから戦争の話じゃないんだけど。

じいちゃんは国鉄の運転手をしてた。
その頃でも飛び込み自殺はあったみたい。
不思議と飛び込みがある列車は一緒だったり、
飛び込みがあった場所に人が立っているような影が見えたり。

で、ある日、じいちゃんの運転する列車にも飛び込みがあった。
急停車させて線路に降りてその人に駆け寄ったんだけど、真っ二つ。
「こりゃあむごいなぁ」と思っていたら

「水をくださいぃぃぃ」

その人がじいちゃんのズボンのすそをつかんで叫んだ。
びっくりして逃げそうになったけど「がんばれ」って励ましたっていってた。

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 17:42
うちの兄も火事のアザあるよ。
母が、自分が火事見ちゃったからだって(´・ω・`) ショボーンしてた。
私の時は気をつけてくれたらしい。

アザの大きさを定規で測るとそれ以上大きくならないってのも聞いた。
もちろん兄のも測ったらしい。効果があったかどうかはしらないけど。

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 17:52
漏れが習った数学教師
授業中にパチンとハエを叩きつぶして
「かわいそうなことしたなぁ」

「戦争中はよーさん(たくさん)外人殺しても何ともなかったのになぁ」
普段優しいおじいちゃん先生の別の顔を想像して恐かったけど
オカルトじゃないのでsage

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 17:57
ばあさんの話でスゲーと思ったのが、実家のおっかさんは撚糸工場を経営してて
そこへ何人か脳あぼーんな連中がやってきて(当時は入院施設がなかったかなんか
でその手のヒトは野放し状態だったらしい)は玄関先で「なんかくでー!」と叫ぶ
ので、おっかさんがオニギリをあげると地面にバラバラとばらまいてニワトリの
様に突いて食べて、便所を貸すと当時ボットンだった便所の便器の蛆を拾って
食べて帰っていった…別のヤシはサツマイモを蒸かしたのを貰い、食べ過ぎて
腹をこわし、土間で花火の様に糞を大噴出させてしまい、後始末が大変だった…
とか言う事が日常的に繰り広げられていたらしい…また彼らにはあだ名がついて
いて「かぶそ(地元でかわうその意味)」「おろっかんぼう」「八幡のじじい」等…
まるで妖怪の名の様だ…また、市内を20歳くらいの女が全裸で疾走、その後を
女の両親が追いかけ、それを野次馬が追いかける…と言う羨ましいのかなんだか
わからんよーな事もあったそうだ。

24 :中浦和よ永遠に ◆O3AnVp4Zxk :03/06/05 22:36
>>23
おもしろい

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 22:36
前にも、どっかのスレに書いたかも知れんが
うちの婆は、凄い狐憑きを見たって言ってた。

背景忘れたけど、多分誰かのお通夜か葬式だと思うが
(あとから)狐憑きと思われる青年が主面に居る時、後ろで野次る声がしたらしい

んで、野次った奴が小銭(3枚らしい)を投げつけたんだって

でもその青年は上にとんで尚且つ、180度回って自分の手の股に有る
小銭を野次った奴に見せ付けたんだって

そんで稲荷信仰しだしましたとさ。



26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 12:50
>>25
ワシも小学生の頃、学校でコックリさん流行ってやったことがあるんじゃが
何も起こらんかった。でもな帰ってから婆さまに「今日、コックリさんやったんじゃー」って
言ったら「こん痴れモンが!廃人になっても知らんけぇのぉ!」ってマジギレされたのを
覚え取るのぅ

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 14:26
>>25
マ、マトリックス!

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 20:21
>>1
遅くなりましたがスレ立て乙&復活おめでとうございます。

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 23:36
>>1はえっち

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 23:57
古巣のみなさんも帰ってきてうれしいです。
新規の方も気兼ねなく爺婆談義に華咲かせましょう。

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 00:15
もう亡くなったけど、母方の父のじいさんの話
三重県のかなり山奥に住んでた、隣が100M先とか。
じいさんが風呂に入ってたら、戸をドンドン叩かれ
「○○やんよ〜、○○やんよ〜」とじいを呼ぶ声、出てみたら誰もいない
電話がかかって来て、声の主の家族から病院で亡くなったとこだと
無二の友人だった。
人魂のような光が、一軒の家にふらふらと吸い込まれていく
「あ〜あ、あそこの○○さんとこもお迎えが来よったわ」
てな感じで村民の死期が予想できた。
一度、プロパンが爆発して部屋と屋根が垂直に吹っ飛んだが、なぜか先逝した
ばあさんの位牌だけが残った屋根の上に正座してた、じいは無傷。
じいが亡くなったあと、家の前の田んぼには、白蛇が死んでいた
守り神だそうだ、そいえば、特に蛇は絶対殺生してはいかんと可愛いがわられてた。

ような事が平然と語られた事に子供心に怖かった
その他、いろんな非現実的なことがいろいろ聞かされた。
当然、うちの母もそこで暮らしてた訳で「ふーん、あったねー」てな感じでした。
ちなみにじいは満州進軍で中国人を2,30人は殺って勲章もらった
が口癖でした、このほうが怖いけど。


32 :あなたの後ろに名無しさんが・・・:03/06/07 09:12
オレの爺さんはもう死んじまったんだけど昔、猟師やってたんだ。
よく山のおっかねー話も聞かされた。
あるとき、爺さんが山で真っ白いウリ坊見たんだと。
こりゃ珍しいと思って鉄砲でドカンとやったってんだけど
死なねんだと。はずしたかなぁと思って2発、3発と撃ってんだけど当たった様子がない。
あれ、おかしいなぁなんて思ってたら四方八方から猪がわんさか出てきて爺さんぶッ飛ばされた。
牙で足けずられたけど鉄砲でなんとか追っ払ったんだと。

おでは足の傷何回も見せられたけどスゲーな猪は。
爺さんいわくありゃ山の主の子供だなってことらしんだな。
白い動物は怖ぇーな。


33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 09:19
>>24
まだ懲りずに2ちゃんやっとるんか

34 :あなたの後ろに名無しさんが・・・:03/06/07 09:22
>>32
僕の同級生にアルビノの子がいたっけな。
昔は白子とか呼ばれて大層、馬鹿にされたらしいね

35 :あなたの後ろに名無しさんが・・・:03/06/07 09:23
>>33
いや彼は「中浦和の星」じゃない。
なぜならまだ施設にいるからな!


36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 00:32
>>32
もののけ姫に出て来そう

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 01:11
ばーさんが若い頃の話、まだ工事のヤシが電柱の電線の点検中なのに何を間違えた
のか電気会社が電気を入れてしまい、1人の男性が感電、鼻や口、耳の穴、
肛門から火花をバチバチさせながら
「助けてくれーーーーーーーーーーーーーーーーッ!」と絶叫していた。。。
その現場を目の当たりにした数人の内の1人がウチのばーさんだった訳で、
もちろん、その男性は死亡…ばーさんも火花バチバチ姿と絶叫がしばらく
頭から離れず、1週間は寝られなかったとゆー話。。。
こんな話を寝る前のお話。。。として孫に話すばーさん、あなたのせいで
俺は今でもこのシーンをつい想像し、(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルしてしまう!

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 06:11
子供の頃、バーチャマん家行くと必ずせがむ好きな話があった。
きぶね山には赤猿がいてよく人に悪さをするという話。
赤猿ってのは人の言葉をしゃべるでかい猿でうっかり出会うとひどい目に会わされる。

バーチャマの兄は山で遊んでいたとき偶然、赤猿に出会ってしまい
とっつかまって髪の毛を全部むしられ、挙句の果てに
ボコボコにぶん殴られて帰ってきたらしい。
この<髪の毛を全部むしられて>というフレーズが大好きでねぇ。

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 06:16
貴船山って京都の鞍馬山の隣の山か?
鞍馬山といえば天狗。天狗から派生した話なのかもしれないな。

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 06:25
オレは子供の頃よく日暮れまで遊びまわってたんだけど、その度に曾爺さんから
「おまえはこんな時間まで外うろうろしとったら袋かつぎに連れてかれるぞ」
と脅されていた。袋かつぎは子供を袋に入れて連れ去り、
すり鉢で子供をすり潰すという非常に猟奇的な存在でそれで薬を作っていると言っていた。

何回泣かされたかわからん。

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 06:44
>>38
怖ェ‥

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 06:48
偶然出会っただけでそこまでされる意味がわからん。
そーとー悪党だな。

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 06:53
オレの爺さんは若い頃
横須賀で進駐軍相手のバーでバンドやってた。
ギターのメンバーが演奏が気に入らないと難癖をつけられ
米兵にボコボコにしばき倒された。


44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 07:07
>43
確かに爺・婆に聞いた怖い話だなw

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 09:38
>>38
エニグマスレで似た話がいくつかありましたね。
髪の毛をむしりとること、顔が赤いことが共通してる。
やっぱり本当にいるのかな。すごく興味深い。



46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/08 10:22
>>45
エニグマの例は場所はっきりしてましったけ?
「きぶね山」がひっかかる。
上の方でも言ってたけどもし貴船山なら天狗信仰のある地域。
おもしろいね。

>>43
不謹慎だがワラタ


47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 15:06
長崎出身の元猟師の人が話してくれたんだけど、
国有林で猟をしてたら豆だぬきを捕まえたことがあるんだって。
豆だぬきというのは、体は小さいんだけど子狸じゃなくて、ものすごく年をとってるやつ。
小さい檻に入れて土間においてたらしいんだけど、
夜に笑うから気持ち悪くて逃がしたって。

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 15:26
こちらは岐阜の農家の人(猟師でもある)が20年くらい前に話してくれたんだけど、
そのおじさんがいうには、狸や狐は化かす、っていってた。狸の方は、山道を歩いていると
煙が立ったようにあたりが急に霧がたちこめるらしい。そこをムリに動くと、迷ったり、
変なところに出たりするので、しばらくじっと身を潜めているんだって。そしたらやがて
霧がはれてくる、とかいってた。狐の化かし方は、また違ったんだが、覚えてないなあ…


49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 15:43
タイガーバームを塗ると、夜中にタイガーが現れて体の悪い肉を食ってく、と…
婆ちゃんにタイガーバーム塗ってた時に聞いた話。
その後必死に手洗った…

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 15:56
騙されとるがな

51 :メージロウ ◇n3VYsMSBOQ:03/06/08 15:58
川から桃が・…ガクガクブルブル

52 :45:03/06/08 17:37
>>46
エニグマスレの話では場所は特定されてませんでしたね。
でも各地でそういう似た伝承(?)があるとしたら、それもそれで
不思議でおもしろい。いずれもいきなりとっつかまって理不尽な
暴力を受けるのがなんとも…。
一つだけ見つけたけど、もう一つがどうしても見つからない。
見つからない方の話が>>38と共通点が多かったように思います。
お兄さんと山を歩いていて、赤い顔をした鬼のような生き物に
頭皮ごと髪をむしりとられる話でした。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Tachibana/7672/enigma/02/67.html

53 :名無しさん?:03/06/09 04:12
なかなか楽しいスレだね。オレもひとつ。

幼稚園の頃、毎朝「ひらけポンキッキ」を見るのが日課で
泳げ鯛焼き君や骨々ロックとかなんか人形や紙芝居みたいなの使った歌があったんだ。
その中にタイトルは忘れたけど「ニャンニャンニャニャーン ニャニャニャニャーン」ていう
フレーズが妙に頭に残る猫の歌があった。

オレが婆ちゃんと遊んでるとき、何の気なしにそのフレーズを口ずさんだら
「お月さんがきれいな晩には猫が集会してるんだよ。お前も仲間に入れてもらえるといいねぇ」と言われた。


54 :名無しさん?:03/06/09 04:24
ある日、いつものように父ちゃんや母ちゃんのベッドで寝ていて
ふと目が覚めた。部屋の中は真っ暗だけど隣では両親の寝息が聞こえてる。
ニャアニャアと猫の声が窓の外から聞こえて(けっこういっぱい)
なんか急に怖くなったオレは父ちゃんを突っついて起こそうとした。
けど起きてくれない。窓の外ではまだニャンニャン言ってる。

オレは布団の中でもぐりこんで耳を塞いだ。
(その間、マイケル・ジャクソンのスリラーが頭の中で流れてた。)
しばらくして耳を塞いでた手をどけるとベッドに近い方の窓から
「ニャー 弱虫 ミャー 怖がり ミャーミャー」と聞こえてきた。
(ミャー ニャーは猫の鳴き声。弱虫・怖がりは同い年くらいのガキの声)
しばらくずっと外でミャーミャー言ってたけどいつのまにかオレは寝てしまっていた。

起きてすぐ父ちゃんや母ちゃんに言ったんだけど
「寝ぼけてたんだよ」「お母さん昨日トイレに起きたけどちゃんとお前は寝てたよ」と
てきとーにあしらわれた。


55 :名無しさん?:03/06/09 04:29
オレはその日からしばらくポンキッキを見なかった。
婆ちゃんにその夜のことを話したら、カカッと笑われて
「せっかくお前のことを誘いにきてくれたのにもったいないねぇ。」
「大人になったら誘ってもらえないんだよぅ」みたいなこと言ってた。
なんか損した気分になってまた誘われるのを待ってたけど
結局それ以来、ミャーミャーは無い。


56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 07:39
>>53
その歌知ってる。文明堂のカステラみたいな猫が4〜5匹出てくるやつだな。


57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 07:49
ゴロちゃんじゃない?

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 07:50
         /\
        (´ゝ`)  <オイオイ、俺もまぜてくれよ
         `ヽτ 
        / у ヽ                           *
       ∠_  ノ  _ゝ                    *  *     ◇
      < < |/   |ヽ\                    * *  ◇
      \ 〓〓〓  ヽ_ヽл―――――――――――――◇
        /   ヽ=(mdН- - ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐    \
       /      \ ⌒ ц________________ /
      /  /⌒\   \
      |   |   \   \     
      |  |    \    \――――
      |_|      \__ >―― ― ――
      //          \ \ ――――
      ^             ⌒

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 07:51
          /\
        (´ゝ`)  <オイオイ、俺もまぜてくれよ
         `ヽτ 
        / у ヽ                           *
       ∠_  ノ  _ゝ                    *  *     ◇
      < < |/   |ヽ\                    * *  ◇
       \ 〓〓〓  ヽ_ヽл―――――――――――――◇
        /   ヽ=(mdН- - ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐    \
       /      \ ⌒ ц________________ /
      /  /⌒\   \
      |   |   \   \     
      |  |    \    \――――
      |_|      \__ >―― ― ――
      //          \ \ ――――
      ^             ⌒

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 07:52
         /\
        (´ゝ`)  <オイオイ、俺もまぜてくれよ
         `ヽτ 
        / у ヽ                           *
       ∠_  ノ  _ゝ                    *  *     ◇
      < < |/   |ヽ\                    * *  ◇
       \ 〓〓〓  ヽ_ヽл―――――――――――――◇
        /   ヽ=(mdН- - ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐    \
       /      \ ⌒ ц________________ /
      /  /⌒\   \
      |   |   \   \     
      |  |    \    \――――
      |_|      \__ >―― ― ――
      //          \ \ ――――
      ^             ⌒


61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 08:03
>>32
タヌーキかわいそう・・・゚・(つД`)・゚・

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 08:06
>>31
>満州進軍で中国人を2,30人は殺って勲章もらった

すげーじいさんだなヲイ



63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 20:56
エビの尻尾を食べるとチンコが臭くなるって婆さんに言われた

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 20:58
>>63
エビの尻尾ってチンカスになるのかw

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 09:35
>>63
そんな話を知っているバァさん・・・自分の経験からなのか?

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 01:46
「お腹に赤ん坊がおるまま死んだ女の人、火葬場で焼いたらバーンてスゴイ
音がしてお腹が弾けたんや」と昔バアさんが話してくれたんですが、マジ
そんな事あるんでしょうか?

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 19:18
火葬と言えば、その最中に遺体が一端起きあがるらしいね。
筋肉の萎縮か何かで起きるんだと思うけど、ちょっとコワヒ…
最近は中が見えないけど、昔はそれが見えるような火葬場もあったらしい。

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 00:13
>>66
まあ死体って腐敗ガスだかなんだかが自然とたまるんでしょ?
それが引火したとか…ありえないか

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 05:09
>>63
尻尾には雑菌があるので生で食べるのは良くない
と聞いたことがあるが、雑菌感染→ちんこが爛れるような病気になる
ってことか?

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 14:04
うちの母方の爺さんは、江戸っ子系の粋な人で天丼が好きだったが、
好んでエビの尻尾を食べてたがな…
「これが旨いんだよ!」って言いながら。

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/18 02:19
>>69
馬鹿のネタレスにマジレス(・A・)イミナイ!

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 23:43
>>71
いや、ネタじゃないんだ。本当に昔婆さんがそう言ったんだよ。
チンコが臭くなるというダイナミックな発想が衝撃的だったのではっきり覚えてる。

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 00:26
>>61
誤爆か?釣りか?タヌキってなんだ?ウリ坊のこと?
ウリ坊って猪の仔のことだぞ。

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 03:18
>13
亀レスですが・・
私も母が妊娠中に火事を見たそうで、体にアザがあります。
身体の半分が赤痣。ここまで大きいといっそ清々しい気分です。ギャハ…(つД`)

>34
アルビノの人って美形が多いらしいね。

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 04:05
怖い話じゃ無いが、ばあちゃんが子供の頃見たと言う化け物がトトロそっくり。
ちなみにまだトトロ放映前に聞きました。
子供にだけ見える。
悪い事はしない。
笑いながら空を飛んでいた。
バスでは無いが生き物のような船に乗っていた。
違う話だが夜明かりを消したらさっさと目をつぶって寝ないと真っ暗な部屋の中に「クラスミ」と言うお化けが出てそれが目に入って目が見えなくなる。
こじつけみたいだが、初めてトトロを見たときはばあちゃんの話を思い出した。

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 11:57
>>75
きっと宮崎監督も子供の頃じいちゃんやばあちゃんにそういった話をしてもらったんでしょうな。
昔の人の話は夢があっていいです。
死んだばあちゃんにもっと色々な話を聞いときゃよかった。

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 12:10
>>56いぬのおまわりさんじゃない?
カステラはニャーニャーいってないし。

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 19:16
お婆さん 1/2

祖母がまだ存命のころ,祖母の住んでいた離れに白装束のお婆さんが
よく訪ねてきては泊まっていきました。お婆さんは,家の前でうすっ
ぺらな太鼓をトントン叩いて自分の来訪を家の者に知らせ,それから
離れに招き入れられていたようでした。そのお婆さんの着物は白装束
とはいいながらかなり汚れていて黄ばんでおり,ほとんど襤褸といっ
てもいいような代物で,同じ布地でつくった頭巾を被り,顔面だけを
みせていました。いつも,櫃のようなものを風呂敷に包んで背負って
いました。おばあさんは何だか嫌な臭いがしました。いわゆるホーム
レスな人々が発するあの臭さとは違います。何かかびの生えたような
臭いとでも言いましょうか。

私の母は,はっきり口に出すわけではないですが,このお婆さんを乞
食か何かのようにみなして,嫌っていたようです。母はお婆さんが訪
ねてきたと知るや祖母を離れから呼び出して,仏壇へのお供えは悪い
けど今日はお母さんがやってくださいと言っていました。離れにある
仏壇に毎夕ご飯とお水を備えるのは母の務めでしたが,お婆さんの前
に出るのが嫌だったのでしょう,離れには寄りつこうとしませんでし
た。

小学校にも上がらない子どもだった私は,お婆さんの普通でない格好
や臭い,狼に似たその顔が嫌でたまらなかったのですが,お婆さんが
訪ねてくると,決まって祖母は私を離れに連れて行き,私をお婆さん
に会わせました。お婆さんは私をじろじろ見ますが,私は怖いので目
を閉じたり,そっぽを向いていました。お婆さんはそのうち例の太鼓
を取り出して小さなばちでトントン叩きながら,しわがれた声で呪文
のようなものを唱え始めます。あれは今思うとお経でした。が,いつ
もお寺で聞いていたお経とは違って聞こえたものでした。呪文が終わ
ると,祖母とお婆さんの間で茶飲み話が始まるので,私はいつもその
隙に祖母の離れから抜け出すのが常でした。


79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 19:24
お婆さん 2/2

いちど,祖母とお婆さんと同じ部屋に一緒に泊まったことがあります。
どうしてそういうことになったのかはわかりません。仏間の隣にある
祖母の寝室に布団を枕を三つ並べて,祖母を右,お婆さんを左に,私
は真ん中の布団に寝せられました。夜中に私は怖い夢を見て起きてし
まい,父母のいる母屋に戻りたいと思って祖母をおこしました。隣の
布団にお婆さんが寝ているのが怖くて,半ベソ状態だったと思います。
祖母はどう勘違いしたのか私の具合が悪くなったと思って,お婆さん
を起こして相談しました。するとお婆さんは「あの水をやれ」と言いま
す。祖母は茶碗一杯の水を持ってきて私に飲ませましたが,その茶碗
はいつも母が仏壇にお供えするときの茶碗でした。水は苦くて,ひど
い味だったので,私は思わず吐き出しました。怖くて心細い思いをし
ているところに,いきなりそのようなわけの分からないものを飲まさ
れたので,私は本式に大声で泣き出してしまいました。

その泣き声が母屋に届いたものらしくて,母が血相を変えて祖母の寝
室に入ってきて,こんなことは二度とさせないとか何とか,もの凄い
剣幕でどなりながら私を母屋の方に連れ去りました。母の様子があま
りに激しいので,私は安心するどころか,かえって怖い思いが増した
のを覚えています。その晩以来,お婆さんが訪ねてきても私は離れに
呼び出されることはなくなりましたが,半年に一度くらいの割で,お
婆さんの太鼓の音が外から響いてくると,またお婆さんが泊まりにき
たなと,ひどく嫌な気分になりました。

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 19:27
お婆さん 追加

私が高校生のころに祖母が亡くなりました。親戚一同が集まり祖母の
思い出話に花を咲かせていたとき,私はふと思い出してあのお婆さん
のことを父に聞いてみました。「●●のババことか?」 あのお婆さん
にも呼び名があったことは私には新鮮でしたが,父は名前(というか
通称)しか知らない。わずかに祖母の長女,つまり私の伯母が一人,
お婆さんは祖母の幼なじみで,長じてからは身寄りが無く,困ってい
たので祖母がちょくちょく面倒を見ていたようだ,といった話を聞か
せてくれました。でも,お婆さんが何を生業にしていた人なのか,
はっきりしたことはわかりませんでした。今では,お遍路さんと行商
人を兼ねたような人だったかと,考えております。

「聞いた」というより「見た」話でした。
怖くないうえに長くて失礼しました。

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 21:45
>>78-80
こういう話好きです。書いてくれてありがと。

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 23:21
保守age

83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 23:59
>>80
オレのおふくろも小さい頃、お遍路が年に数回家に
「一晩そこの軒先を貸してください」みたいにしてよく物乞いにきてたんだと

昔はライ病にかかった人はお遍路になることが多々あって
ライ病患者を出した家は村八部っていうのもザラだったらしい。
それでなくても近所の家から伝染ると白い目で見られて要らぬ差別を受けるから
お遍路になる人が多かったんだと。


84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 00:51
むかし祖母に教わったうた

    つきよのばんに
    じゅうばこひろって
    あけてみたらば
    ふくろにまんじゅう
    にぎってみたらば・・・

うう、これ以上は勘弁して栗・・・

85 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 09:14
>>84
ただ覚えてないだけ?
それとも何か恐ろしい言葉が続くの?(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 20:03
馬糞

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 22:22
アーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーげえええええええええええええええええええええええええええええええええ

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 23:00
マウぽいage

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 23:32
 ここのお話を読んでいたら、思い出した話。

 うちの母方のひいばあちゃん、明治生まれで若い頃は芸子のようなことをしてたらしい。
 現在、ばあちゃんちの道向こうは、自前の土地ながら荒れ地同様で、畑なんて
わずかに雑草に隠れるようにある位なのだが、それはどうもばあちゃんが若い頃
からそんな風に放っぽらかしてあったらしい。
 で。そこで若かりしばあちゃんが化かされた。お稽古ごとから帰ってきた時。
家の門を通ったのに、その先にある筈の家が無い。いつまでも家が見えてこない。
目の前には家に続く石畳があるので迷う訳ない。
 結局、通りがかった近所の人に声をかけられて我に返ったそうだ。家と反対側の
畑に入っていったのだと。近所の人によれば荒れ地の中をまっすぐに突き進んで
行ってたらしい。頭を見れば、結い上げていた日本髪もほどけていたそうだ。

 …という話を病床で、当時3歳児の私に話していたらしい。実際に聞いたのは
父からです。読みにくい上に長文失礼致しました。

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 00:17
亡くなった爺さんは、昔井戸で観音様を見たと言ってた。
の割には早氏にしちまったが。

今思えば突っ込んで聞いてればと思うが、自分も小さかったから。
年寄りの昔話は面白いね。

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・:03/06/25 00:25
良スレだねー!age!

私がババから聞いた話は
戦時中ババは樺太に居たんだけど
よく泥棒がはいったりして色んなものを盗まれたそう。
1度は、お風呂場に干しておいた赤ちゃんの布オムツが
全て無くなって(盗まれて)しまったそう。
その後、しばらくしてから町の市場に行ったら
盗まれたオムツがロスケのパン袋として売られていたらしい(笑
それくらいかな〜?特にコワイ話とか聞いて無くってごめん。

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 00:34
>>40
関西ではコトリ(子取り)と聞いた。
実際誘拐もあったろうけど、戒めの意味が大きそうだな。

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 00:47
あの墓は土葬でね、たまに人魂を見るよとごく普通に話してたおばあちゃん

94 :84:03/06/25 21:57
それではご披露しましょう・・・

    つきよのばんに
    じゅうばこひろって
    あけてみたらば
    ふくろにまんじゅう
    にぎってみたらば























お と っ つ ぁ ん の キ ン タ マ

95 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/28 07:42
ばあちゃん死んだら庭の木も枯れた
猫もどっかいっちゃった

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/28 14:23
>>95
庭の木と猫の世話をしてたのは、ばあちゃんだけだったんだね

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 12:56
母方の爺ちゃんが死んだら、母の実家と親戚連中(母の兄弟)の中が最悪になった。


遺産がらみで血で血を洗う抗争勃発。
叔母さんは、兄に殴られ泣き出して、妹は人でなしと兄を罵り…
もうだめぽな感じ…

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 13:07
大変だとは思うのだが、スレ違いだろ。

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 18:19
>>96
それは一般的な結論ではあるが
ここはひとつオカルトっぽくコメントしていただきたいところであります。

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 19:21
まあいいじゃない。あまりレスのないスレなんだし。。。

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 19:33
母方の祖父が死んで四十九日の夜、喪主に当たる叔父が爺さんが台所で生のじゃが芋をかじってる夢を見たんだと。なんか文句あるのかな?。

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 02:33
じゃがいも食べたいんじゃない?

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 22:57
んじゃ漏れも去年逝った爺さんから聞いた話を…

戦時中、ミャンマー(当時はビルマか。)で鉄道部隊として戦ってたんだが、
捕まっちゃって死刑判決受けたらしいんだわ。

で、同じ牢に入れられた人間が段々減っていって
次は爺さんの番…って時になって釈放。
釈放されてからお守りを開けてみたら、中の木の札が真っ二つになってたらしい。

特に怖い話と言う訳でなくてスマソ。

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 23:18
ageじゃ

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 23:50
うそつき爺さん

106 :淫槍ぐんぐにる ◆MIHOsEVEpo :03/07/03 23:50
上記の話とは別タイプの田中さん。
結婚式の前日に自動車事故で死んだ女性の亡霊。
生前の苗字は「田中」で千葉県に住んでいたらしい。
この話を聞いてから3日以内に鏡をのぞくと、鏡の中に血だらけのウエディングドレスを着て、顔の半分がぐちゃぐちゃにつぶれた田中さんが現れる。
田中さんは3つの質問をしてくるが、この問い全てに正確に答えないと田中さんに腕を引っ張られ、どこか別の世界に連れ去られてしまうという。

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/04 00:05
身代わりお守り

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/04 00:10
この糞コピペはりまくってるのはリア厨か?

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/04 00:18
小中学校なんかでよくある[戦時中の話をお年寄りに聞こう]
という課外授業。
京都なんで、空襲とか南方の激戦区とかの話はあまり出なかっ
たんだけど。
「兵隊さんの物資を牛の背中に積んで夜通し歩く」話を近所の
おじいちゃんがしてくれた。
疲労困憊した牛は、それこそ途中でテコでも動かなくなる。
その時は、「牛の尻尾を先の方からちょん切る、それで歩く」
これを何度も繰り返すそうな。
リアルで怖かったです・・・

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/04 00:30
>>109
なんかなまなましいな。なんて言うか、すごく…ええ感じに怖いです。

そういや小学生の頃先生が「京都は空襲に遭わなかったんだ」って言ってたけど
西陣に引っ越して嘘だったことがわかった。あったんだな空襲。
関係なくてスマン

111 :◆86saf92RGM :03/07/04 00:48
>>110
古寺や重要文化財のまわりは確かにやられてない。

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/04 02:26
原爆の実験地にするためだけどな。
確かに反対しまくった香具師は居て、三番候補にまで下げられたが
(アメリカの4発目の核爆弾は未だ出来てなかったからな)

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/04 03:09
祖父・祖母からではありませんが、
小学生の頃、田舎に行った時に
いとこから、赤い犬だったか、黄色い犬を
見たら死ぬんだよ。と教えてもらったこと
があります。ちなみにもれの実家は神奈川ですが、
その当時、口裂け女の話は聞いたことありましたが
その犬の話は初耳でした。結構有名な話なんでしょうか。


114 :◆86saf92RGM :03/07/04 04:24
>>113
二十歳の誕生日まで「紫の鏡」という言葉を覚えてると死ぬというのは知っている。

115 :**********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 12:57
>>13
超カメレスでスマソ
私の友達でも首からアゴにかけてに痣がある子がいて
やっぱり彼女がお腹にいるときに
かーちゃんが火事をみて腹をさすってしまったとか。
高校くらいまではとても気にしていてレーザーで直そうとか悩んでたけど
大人になった今は結構薄くなってきてた。

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 13:06
扇風機をかけたまま寝たら死ぬ

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 22:21
>103
昔は厚紙じゃなく木の札が入っていたらしいけど、
それが割れていたという話は漏れも聞いたことがある。

成田山の身代わり不動さんのお札だったらしい。

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 21:48
じいちゃんに聞いた話。
爺ちゃんが若いとき、親戚の手伝いで海の近くに出かけたそうだ。
で、一通り仕事が終わって、海に浮かんでる船の中で寝てると、
なにやら外から淡くぼーっとした光が入ってきたんだ。
びっくりして部屋の外に出てみると、海の上に人の形を
した光が浮かび上がっていた。爺ちゃんは怖くなってすぐに部屋に
戻った。次の日、恐る恐る見に行くと、浜辺に死体が打ち上げられて
いた。あとで親戚に聞いてみると、その親戚も見たらしく、
死体には大量の蛍が群がっていたそうだ。
あんまり怖くなくてスマソ

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:03
お祖母ちゃんから聞いた話です。
ある日曽祖父が危篤だと電報が入り慌ててその時は幼かった母と二人で実家に駆けつけたのです。
その時祖父は病で床に伏せており、共に行くことが出来ませんでした。
祖父の臨終を看取って、祖母が家に帰ると、報告をする前に祖父が
「お父さんが来たよ。」と言ったそうです。
「いやね。寝ていたら、蚊帳の外に義父さんが立ってるんだよ、
で、そのまま蚊帳の中に入って来て通りすぎていったんだ。
お義父さんダメだったんだろ?」
で、亡くなる時にこういう着物を着ていただろうと訊ねたそうです。
その通りだったのでビクーリしたと言ってました。
その後、祖父は熱を出し、しばらくしてから後を追うように亡くなりました。

身内の話なのであんまり怖くはないですね。

120 :山崎 渉:03/07/15 08:56

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/18 14:05
保守

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・:03/07/21 22:46
にゃんまげ

123 :なまえをいれてください:03/07/22 13:12
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)