2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【新装】オカルトクンニスレ その3【開店】

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 10:23
前々スレの31によって報告された「オカルトクンニ」。
古事記・日本書紀にも登場したと言われるが真相は薮の中。
同志よ、来るべき日に向けオカルトクンニの謎を解き明かそう。

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 10:25
    ____
   /∵∴∵∴\  エビフライ ウマー
  /∵∴∵∴∵∴\
 /∵∴∴,(゚)(゚)∴ |
 |∵∵/   ● \|
 |∵ /  三 | 三 |
 |∵ |   __| ,.、,、,..,、、.,、,、、..,_     /i
 \|   │';、、:、. .:、:, :,.: ::`゙:.:゙:`''':,'.´ -‐i
   \   \'、;: ...: ,:. :.、.:',.: _;.;;..; :..‐'゙  ̄  ̄
    \___/"゙' ''`゙ `´゙`´´

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 10:27

注:オカルトクンニとクンニリングスは何らの関係もございません


4 :動画直リン:03/06/02 10:27
http://homepage.mac.com/hitomi18/

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 10:31
変な小説はこちら
   ↓
http://spooky.3nopage.com/up/index.html

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 10:40
前スレどうしたの?
移転?

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 10:50
>>6
削除されたやうだ・゚・(ノД`)・゚・

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 10:55
ヤタ!
これで安心してサボれまつ

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 10:56
ってか、>>1さんモツカレー

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 11:14
オカルトクンニ憑依説信じてる人いる〜?

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 15:33
こんにちわ、オカルトクンニの時間でつ

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 15:36
憑依されてまつ。


13 :赤きんたま:03/06/02 17:06
きんたまレンジャー参上!

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 17:17
使いすぎて、白くなっちまったですよ。
※仮面ライダーじゃないんだから、と。

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 18:24
オカルトクンニ以外の話をして削除されたのに…。
ここの住人は莫迦でつか?

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/02 21:02
こんばんわ、オカルトクンニ!

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 00:04
>>15
なんですと!そうだったのでつか!
漏れはてっきり「ブラックユーモア」以外の話しばかりしてて削除されたとオモテタでつ

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 06:26
http://pumpkinnet.to/ranking/words/

朝です。投票汁!

19 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/03 06:27
>>2
このAA大好き!

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 06:45
おや、酋長タン
オカルトクンニする相手は見つかったのでしか?

21 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/03 06:48
>>20
見つかってれば今頃オカルトクンニに忙しくて即レスなんて出来ないよ・・・。

22 :預言者:03/06/03 06:53
http://elife.fam.cx/mfg/


23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 07:18
キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 08:05
オカルトクンニのへんな小説。あれを解読すると恐ろしい予言が

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 08:17
>>24
漏れは1章3節までしか解読できてないよ〜ヽ(´Д`;)ノ
どんな予言だったか内容教えれ

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 08:26
「聖書の暗号」でおなじみのドロズニン方式で検索するといい。
30文字ずつ飛ばして読むと「1985年天変地異」って出てくる。
この予言は阪神優勝の事だったのだろうか。謎は深まるばかり

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 08:33
>>26
それは旧約小説?それとも新約小説?外伝もあるしなぁ・・・

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 12:23
いかりや長介 シロ
加藤茶 シロ
志村けん シロ
仲本麹←オカルトクンニ
高木ヴー シロ

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 15:10
>>28
意味は分からないがワラタ

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 16:10
                /⌒\
  /⌒\          | ´|`|
  (・∀・)          \ー/
  [|  |]         _/ ̄\__
  ||___||        |_|  ● |_|
  □ △□        |│  ○  |\\/□

※オカルトクンニ想像図

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 16:58
カコ(・∀・)イイ!!

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 21:00
http://pumpkinnet.to/ranking/words/

9時になりますた。投票しる!

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 23:03
        /  ,/ / /   _,..-''
       / / ///  〃 ,r'',.-'" //     /
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/__,,..-/
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-''"二´‐'''~___ノ
  ,) Y ノ // ,r''´‐''"  -='"―-、彡"r'" ̄´
 ,イ  リ ノ り ,=、、-ニ_~― ~''-=二 ∠"´
 ヾ,ヽ 、, , ノノ {.トヾー-~ニ_-二 ― 二ニ==-‐''"
  ゝ  ミィイィ彡`ユ.|`\ヽ丶、‐ __ヽ'''三二,,,_
 〈 `ヾべ_{::::   'ゥ)  `8-、 ヽ‐ 、ヽ`''-_=-
  ゝ_ノ⌒ヘ~"   _”\    ヽ!\ヽ、'''ー-"ニ.._
 〈 (._   |∠ィ ,.ノ  /  __ハ_j!      \
  `‐''^   ,. -‐`ヾ__/ヽ. >,、く       \
       r;>-=<´ 〈 ノ_,.            ヽ \
      (l》L -―''''"~´            ヽ  ` 、
      /                `、   `、  lヽ
    /                    ヽ.   l  ||
    !                   `、   !  !|
    `、             、     |   } V,/
      ヽ             |    /  / 〃
        \           ヘ_,. -''"   / ,.イ′
        \             ヽ     l / /
         l           |      |′,'
  ドラえもん、君が帰ったらへやががらんとしちゃったよ。
    でも・・・すぐになれると思う。
    だから・・・・・・・・・ 心配するなよドラえもん。

34 :クンニ姫 ◆hHIMExzxcw :03/06/04 16:47
下がりすぎw

35 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/04 19:20
オカルトクンニ、最近勢いがなくなってきましたね。
ここらで一つ、捲土重来!あの日の勢いを取り戻そう!

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 20:01
>>35
いま酋長がいいこと言った!

37 :天帝:03/06/04 20:17
スレッド保守ご苦労。
とんだ無用の長物に対して愚かなことよ。

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 22:48
誰か消えた前スレ前々スレ保存してませんか?
大好きなんだよオカルトクンニ。

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 00:18
>>37
何をおっしゃる天帝さま!

>>38
あったら漏れも欲しいYO〜!

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 19:17
いま一番いけてる語は?2003
http://pumpkinnet.to/ranking/words/

777票目いただきますた。
おまいらも投票しる!

41 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/05 23:48
オカルトクンニって
オカルト-クンニなの?

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 00:24
最近サボれません。
今迄仕事すてますた。
オカルトクンニ様の呪いでつか?つД`)ウエーン

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 07:32
こんなに衰退してしまって・・・
おまいらそれでもオカルトクンニの末裔なのか!?

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 08:12
http://jbbs.shitaraba.com/travel/bbs/read.cgi?BBS=144&KEY=1052467866

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 09:42
>>44
酋長は経営者だったのかw

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 18:11
http://spooky.3nopage.com/up/index.html

途中までだけど前スレうpしたYO!

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 21:22
なんだか、新装開店休業中ってな感じだわさ

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 01:05
 

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 03:05
清太も雪江も疲れ果てていた。
無言のままの二人を乗せたサニトラが夜のハイウェイを突き進んでいた。

ふいに、雪江が顔を上げた
「清太さん、今日はもう遅いですし、あそこのモーテルに泊まりましょう」
雪江は眠りたかったのだ。突然の旅立ちと、国家エージェントによる破壊工作によって、心底疲れ果てていた。

清太は雪江を一喝した。
「愚か者!俺たちが泊まればカップルと間違えられる!それに・・・」
一呼吸置いて、清太は続けた。
「国家エージェントが俺たちを消しに来るだろう。罪もないモーテルには迷惑をかけられない」

雪江はうつむいて
「私、清太さんとなら、間違ってもいい・・・」
と言った。清太をその気にさせるためだ。とにかく早く休みたかった。
ずっと地図を見ていたせいで、目が痛む。

「もう少し待て。俺たちとは違う派閥のオカルトクンニのところへ向かっているんだ。
そこでなら休めるだろう。力を貸してくれるかもしれない」

清太は十数年前に一度だけ会ったことのある「彼女」のことを思い出していた。
美しく、艶かしい、絶対美人の象徴とも言うべき、「彼女」・・・。
「彼女」は流派こそ違えど、オカルトクンニの末裔という点では清太と同じはずである。
あるいは、彼女の元へも国家の魔の手が伸びているやも知れぬ・・・。

清太はサニトラをひたすら飛ばしていた。
その間ずっと、雪江は地図を見ていた。

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 03:14
なんか始まったのか?

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 03:17
「音楽でもかけましょうか?」
地図を見るのにも飽きてきて、雪江は提案した。
「そこにCDがあるから、好きなものをかけるが良い」
清太は運転に夢中で、適当に生返事をした。

ズーン、ズンチャラズンチャラズンチャラチャラチャラハッハッハッハッハー♪

サニトラの座席に、パルプフィクションのサントラの曲が陽気に流れ出した。
雪江はノリノリに乗ってきた!「イェーイ!めっちゃ・・・」

そうこうして走行していると、やがて正面にヴェルサイユ宮殿のような豪華絢爛な建物が見え始めた。
「あれは・・・」
「その昔、オカルトクンニ御殿と呼ばれていた建物だ。今はオカルトクンニ記念館になっている。
今から会う人物は、そこの館長をしているはずだ」

深夜にも拘らず、オカルトクンニ記念館には数組の観光客が見学していた。
清太は館内に入ると、脇目もふらずに館長室に急いだ。
雪江はオカルトクンニ100年の歴史が蘇ってくるような展示品の数々に
心を奪われて、清太の後を追うのを忘れてしまった。

広い館内で、二人ははぐれてしまったのである。
館内にいる見物客に、他の目的があるとは知らずに・・・。
(続く)

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 03:21
小説?

53 :作者:03/06/07 03:24
・・・の、続きです。
自分でももう訳が分からないのですが。

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 03:26
まだ 何かを求めようと 君は 空を 飛んでゆくのか。
僕は 僕は 僕は
未だ 飛べないで いるというのに?


55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 03:26
空は果てしない
走っても走っても
ひたすら空
空回りする気持ち
あと一歩を踏み出せない


56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 03:27
>>54-55
ここはそういうスレじゃないぞ

57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 03:27
作者はもう突っ走れ!

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 03:28
生きる意味も 欲望への執着も
飾りにしか見えないのよ

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 03:29
気付いたら、何が大切って言うことなのかも忘れてた。
大切にするってどういうことだったかな……。


60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 03:32
このスレが、ポエム荒らしの直撃を受けている!?

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 03:57
スネ夫は激痛の中でそんな幻聴を聴いた。

「や、やっぱりヤメにしてくれ」
シャブ中のスネ夫には激痛に耐えられる根性は無かった。

というわけで、本業の殺人で金を稼ぐことにした。
殺人鬼としての美学に反するが、これもシャブのためだ。

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 06:28
どれが変な小説の続きでつか?(汗

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 12:11
>小説の作者タン
荒らしとか松茸タンの変な小説との区別のためにトリプつけてくれー

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 13:29
微妙に荒れてますね・・・

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 15:13
昔の賑わいはどこに行っちゃったの?・゚・(ノД`)・゚・

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 20:32
オカルトクンニが待ってるからみんな戻っておいでー!

67 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/07 20:38
諸行無常。栄者必衰。オカルトクンニ。

68 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/07 21:06
世界がもし100人のオカルトクンニだったら・・・。

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 09:33
80人のオカルトクンニは飢えに苦しむ。
15人のオカルトクンニはツブツブに苦しむ。
3人のオカルトクンニは戦死する。
2人のオカルトクンニは自ら命を絶つ。
1人のオカルトクンニは電化製品とジョニ黒に囲まれた豊かな生活を送る。

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 21:51
1人はブランド品に身を包みメンソールの煙草をくゆらせた10代そこそこのセレブ

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 22:02
ムツゴロウと愉快なオカルトクンニ達

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/08 22:57
もう一人は駅員につかまって入場券を買わされた副総理

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 00:47
誰か変な小説のオカルトクンニフラッシュ作ってくれないかな〜(´・ω・`)

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 02:49
くんにスレって・・・・何?
簡潔に説明求みます。


アノ“女性が喜ぶ”クンニでつか?

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 03:04
>>74
きちんとスレを嫁。おまいの言ってるのはクンニリングス。(*´Д`*)ハァハァ
ここは世界各地の古文書に登場したと言われる「オカルトクンニ(陸琉斗君爾)」研究の場でつ。

76 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/09 03:20
>>74
俺としてはオカルト抜きのクンニの話でも構わないんだが、
ここでスレ違いな話をするとオカルトクンニ侯爵が黙っちゃいないからね・・・。

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 03:25
さて、火星大接近によるオカルトクンニ侯爵再降臨の噂がチラホラ出てきたわけだが

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 03:37
      /⌒\      /⌒\
    / /\ `⌒ '⌒ヽ ./\ \
   / /    丶   ヾ  \   \ \
  ノ  」      \   ヽ  .\  L  丶
(((((/      /⌒\  ヽ  \  /⌒\
        //\ ⌒   ヽ  ⌒_/\\
      //     ̄\   ヽ  \    \\
     / ヘ⊃    /⌒\  ヽ  \  /⌒\
     ```     //\ ⌒   ヽ  ⌒_/\\
           //     ̄\   ヽ  \    \\
          / ヘ⊃    /⌒\  ヽ  \  /⌒\
          ```     //\ ⌒   ヽ  ⌒_/\\
                //     ̄\   ヽ  \    \\    変な小説はまだでつか?
              / ヘ⊃    /⌒\  ヽ  \  /⌒\
              ```     //\ ⌒   ヽ  ⌒_/\\
                   //     ̄\   ヽ  \    \\
                  / ヘ⊃    /⌒\ ∧ ∧\  /⌒\ヽ
                  ```     //\ ⌒(;´Д`)⌒._/\\''
                        //    ̄───  ̄      .\\
                       / ヘ⊃                ⊂へ ヽ
                       ```                       ''''

79 : ◆pkLMOBBjKE :03/06/09 03:49
(続き)
雪江はオカルトクンニ記念館の一階にある展示室でこっそり買っておいたアンパンを食べ始めた。
清太とはぐれてしまったとはいえ、館内にいるのだから大丈夫だという、油断が生まれていたのだ。
漆黒の、カラスの濡れ羽のような大理石で出来たベンチに座り、雪江がモシャモシャとアンパンを
頬張っていると、後ろに人の気配がした。
清太が脅かそうとしているのかと思い、雪江は知らん振りをした。
しかし、それは清太ではなかった。

「ビョルン、だな。」
尋ねるというよりも、確認するような口調で男は雪江に声をかけた。
雪江はとっさに身構える。こう見えても雪江は幕府お抱えのしのびの家系である。
「私は国家公安委員会、オカルトクンニ対策班のアーサー鉄(くろがね)だ。
お前と、お前の主人の命を頂戴つかまつる」

言うが早いか、アーサーは雪江に襲い掛かった。
咄嗟に飛びのき、アーサーの一撃を紙一重でかわす。
アーサーは大理石のベンチに拳を打ちつけた。
すると、ベンチはまるで黒マジックで塗装した発泡スチロールのようにあっさりと砕け散った。

雪江はその様に驚愕し、手にしていたアンパンを床に落としてしまった。
「これが公安の実力・・・」
生唾を飲み込む雪江であった。

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 09:23
小説キテル━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 09:49
ビョルン

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 13:34


「  こ  れ  が  公  安  の  実  力  ・ ・ ・ 」


83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 01:08
夜ですよオカルトクンニ

84 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/10 01:39
ふとさ、思ったんだけど、二代目変な小説ってマトリックスに影響されてないか?
やけに強い公安のエージェントとか。

85 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 01:50
>>84
オカルトクンニはマトリックス並に素早いってことなのさ(謎)

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 01:51
そういや松茸たんも最初の頃はスルーされまくりだったのを思い出した(w

87 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/10 01:55
何にせよあの松茸先生の後でやるってのはすごいプレッシャーだと思います。
がんがれ、二代目!

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 02:52
そろそろ松茸センセの変な小説のほうも読みたいなぁ

89 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/10 20:01
きんたまスレが板違い粛清を食らっています。
ここもやばいかも。ageちゃダメだよ!

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 21:44
>>89
了解。

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 23:00
クンニ好き、いかせたるでえ。

92 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/11 01:20
>>91
オーラルセックスの一種であるクンニリングスとオカルトクンニは無関係ですよ?

93 :松茸 ◆1H6MATUZ/A :03/06/11 01:49
200X年夏、富山県が突如として日本国からの独立を宣言し、新国家「ニュー富山共和国」を建国した。
共和国側は、役場職員から成る共和国防衛隊を総動員し、県境に沿って強固なバリケード封鎖を行った。
突然の独立宣言に国民の一部は騒然となり、盆休みの最中だった政府も何らの打開策を見出せずにいた。

その頃、福井の名勝・東尋坊で甘エビ丼とジョニ黒に舌鼓を打つ男がいた。
誰であろう、岩手県警のモアーズ警視正である。
彼は東尋坊殺人事件解決2周年式典に出席するため、はるばる岩手から福井にまで赴いていたのだ。
「至極美味い、甘エビだけは国産に限る。この新鮮な味わいは他の追随を許さぬ」
モアーズ警視正は輸入物の冷凍エビを褒め称えた。
彼が3杯目のジョニ黒に手を伸ばそうとした時、副総理から頂戴した無線機がけたたましく鳴った。
「私は警察庁のプリンストン警備局次長だ。モアーズ捜査官に頼みがある・・・」
プリンストン局次長の話では、盆休みで富山に帰省していた法務大臣と中小企業庁長官が共和国側の手に落ちたらしい。
司法と庶民経済の要を奪還すべく、国内治安部門最高指揮官の副総理をすぐさま派遣するとの事だった。
モアーズ警視正と副総理の血で血を洗う激烈な戦いの物語が再び幕を開けた―。
(つづく)

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 01:59
松茸タン新作キタ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─ !!

95 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/11 02:00
キタ!

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 02:01
うほっ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 02:03
待ってました!(・∀・)

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 02:06
ニュー富山ホテルって在りそうw
松茸タンがんばれ〜

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 02:07
ウホッいい小説!

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 02:09
輸入物の冷凍エビ(w

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 02:11
>200X年夏
SFかと思ったYO

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 02:16
岩手に始まって富山に福井って・・・微妙杉w

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 02:29
読めば読むほど味の出る変な小説(゚д゚)ウマー

104 :クンニ姫 ◆hHIMExzxcw :03/06/11 03:02
をっ、変な小説来てる!!
毎度のことながら常人の発想ではないね(w

105 :クンニ姫 ◆hHIMExzxcw :03/06/11 03:03
スマソ、下げ忘れた
コソコソ

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 04:07
ああ、なんて無茶な話だろうか(w

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 04:23
言葉の選び具合は相変わらず秀逸。
でも、まだエンジンが暖まってない感じ。
前回も肩が暖まるまで間が合ったので、次回以降に期待。
もう一人の人は、肩はかなり出来上がってるみたい。
あとは言語センスだな。いい線いってるよ。
がんがれ。

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 04:41
>>107
おまいさん、変な小説を相当読み込んでると見たw

もう一人の作者もガンガレ!

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 06:03
ニュー富山共和国って言葉はなかなか出てこないよw

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 06:07
>>109
俺は日常的に使ってるけどな。

うそです

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 06:20
嘘つきはオカルトクンニの始まり

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 06:24
おいおい、日本列島横断しそうだなw そして世界へ・・・。

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 06:31
>>112
西部警察の日本縦断ロケみたいだね(w

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 06:34
やっぱ変な小説来るとレスが増えるなー

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 07:35
おあようオカルトクンニ!

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 13:47
http://pumpkinnet.to/ranking/words/

変な小説の復帰を記念して投票汁!

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 15:38
あぼーんされた前スレがうpされてるYO!
http://spooky.3nopage.com/up/index.html

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 19:54
| \
|Д`) サテ、ト・・・
|⊂
|

  ♪  Å
♪   / \   ランタ タン
   ヽ(´Д`;)ノ   ランタ タン
     (  へ)    ランタ ランタ
      く       タン


♪    Å
  ♪ / \   ランタ ランタ
   ヽ(;´Д`)ノ  ランタ タン
     (へ  )    ランタ タンタ
          >    タン

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 21:42
オカルトクンニ研究読本期待age

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 00:17
誰もいない・・・

121 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/12 00:25
・・・だが、オカルトクンニだけはある。

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 00:28
変な小説がなくなったら、ここも終わりなのかな?

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 01:07
何か終わりそうなヨカーン

124 :松茸 ◆1H6MATUZ/A :03/06/12 01:18
(続き)
「4700円になります」
モアーズ警視正は満足げに甘エビ丼の支払いを済ませ、副総理と落ち合うため一路福井空港へと向かった。
途中、夏の伝統芸能集団である珍走団にも出会ったが、それも前衛クレスタの敵ではなく、無事に空港へと辿り着いた。
イヴ・サンローランの小洒落た箱からハイライトを一本取り出し、黄土色の煙をくゆらせながら到着ゲートで待つことしばし。
空気を切り裂くかのような轟音とともに、自衛隊のF15戦闘機2機に護衛された政府専用機が到着した。
「流石は我らが副総理。その政治手法と同じく、登場のパフォーマンスまでも華麗にして大胆と言ったところか」
しかし、着陸したものの誰も降りて来ず、逆に数名の救急隊員が乗り込んで行った。
どうやら、ただの緊急着陸だったようだ。
そうこうしているうちに、10分ほど前に着陸した東亜国内航空のプロペラ機から、一般国民に混じって副総理が颯爽と歩いて来た。
半袖の青背広というクールな省エネルックに身を包んだ副総理は、以前よりも更に貫禄を増したかに思える。
「閣下、お久しぶりでございます。灰色高官と名高き閣下のお噂は遠く岩手や山形・・・」
「モアーズ君、お世辞はよい。今回の騒動だが、インターネットページの情報によればどうやらオカルトクンニ侯爵が絡んでる様なのだ」
「オカルトクンニ侯爵・・・」
懐かしくもあり忌々しくもある、忘れかけていたその名前を反芻する度、モアーズ警視正は何度も卒倒しそうになる。
滑走路では、真夏の日差しを受けた政府専用機が食中毒に倒れた総理大臣を残し、静かにソウルへと飛び立って行った。
(続く)

125 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/12 01:20
>しかし、着陸したものの誰も降りて来ず、逆に数名の救急隊員が乗り込んで行った。
>どうやら、ただの緊急着陸だったようだ。


最高!

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 01:23
    ____
  ._|  |__|_        ____
  |_  _|__|_    __/  /__/__
   |_  _|__|    |_   __|__|     __(__∧∧
    .|_|(,,゚∀゚)      /  / |__(,,゚∀゚)  ⊂|      つ( ゚Д゚)つ
  | ̄ヽ__⊂__つ     / ./  /_⊂__⊃   └───┴―-┘
  \____)__)   ./_/_|__|__|
        し`J             し`J

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 01:25
お、今日も来た!

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 01:26
インターネットページw

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 01:29
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 01:30
灰色高官とか省エネルックって。。。
アンタ年いくつや(笑

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 01:35
甘エビ丼4700円かよっ

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 01:41
キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!

133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 02:00
副総理って何者だか分からなくなって来たw

134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 12:21
今日はお客がすくないね(´・ω・`)

135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 12:32
今回の要チェックキーワード


「 モ  ア  ー  ズ  警  視  正  は  満  足  げ 」

136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 13:37
準要チェックキーワード
「遠く岩手や山形」

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 14:39
盲点キーワード

「モアーズ君、お世辞はよい。」

138 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 14:48
受験に出る英語構文

「The highlights which entered the box of Yves Saint Lauren.」
イヴ・サンローランの箱に入ったハイライト

139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 01:29
今晩も来るかな?

140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 02:21
装甲クレスタ

          ________
         /;=―┬―=; ;―─┐ |_________
         //    ̄_.//~⌒^ー;.| |:_:____:__:|三二≡==
  ____//.__,⊆´//( ´∀`)]]]:_:____:__:| 三二≡==
  |゚0|≡=≡|0゚|-| ̄ ̄[:]┬――と)┼|:_:____:__:| 三二≡==
  |][王王王].[ |__ :]]]]  [}    =^| |,.,.,.,.,.,.,.,.,__,.,.,.,.,.,.,| ブロロロ!!二≡==
 .[:_:m=m:_:]:::]_l⌒l__|:____:|_|____//___\__|_ξ~三二≡==
     `ー'     `ー'      `ー'     `ー'  ` ̄


141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 06:42
おあようございまつ
やはり変な小説がうpされると心がはずみまつ
今日もガンガッてさぼりまつ

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 13:16
>>141
おまいクビ

143 :”削除”人:03/06/13 17:27
>>141
おまい削除

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 18:54
1967年、米メーン州に住むリップルウッド一家が忽然と失踪する事件が発生した。
地元警察や州警察が必死のローラー作戦を展開したものの、依然として手がかりがつかめずにいた。
ところが、事件発生から12年後の1979年に、ダラス州内の沼地からリップルウッド一家と思われるバラバラの白骨死体が発見されたのだ。
ワシントンの研究施設で切断面を精査した結果、現代の科学水準では再現不可能なほどに鋭利な切断痕である事が判明した。
地元住民の間ではオカルトクンニの仕業だと囁かれたが、それを決定付ける証拠は何もなく、被疑者不詳の殺人事件として処理された。

2002年11月現在、この凄惨な事件は未だFBIでXファイル扱いとされている。

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 01:25
変な小説来ないと誰も書き込まないのね

146 :クンニ姫 ◆hHIMExzxcw :03/06/14 03:24
昨日のカキコが6件か
ブームは去ったのか?

147 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/14 03:56
>>146
今は耐えるのだ。ブームはさろうともオカルトクンニは

何 度 で も 蘇 る さ ! 



148 :クンニ姫 ◆hHIMExzxcw :03/06/14 05:27
>>147
耐え難きを耐え忍び難きを忍ぼう、同志よ。・゚・つД`)・゚・。

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 17:51
変な小説まだー?

150 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/16 01:16
オカ板復帰第一発目のオカルトクンニじゃ!

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 17:35
ヤター!これでまたオカルトクンニを語れるぞ!

152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 20:52
東北北部の旧家で家の守り神とされ、21世紀を迎えた今もなお厚く信仰されている「おしらさま」。
「千と千尋の神隠し」にも登場した事から、名前だけ知っている人は多いかもしれない。
しかし、「千と〜」に出てくる「おしらさま」と実物の「おしらさま」とは全くの別物であると言っていい。
実物を初めて見る者はその奇妙な形に驚くか、もしくは言い知れぬ恐怖感を味わうことになるだろう。

さてこの「おしらさま」だが、その起源に迫る興味深い仮説が出されているのだ。
その起源とは、古事記にも登場するオカルトクンニ(陸琉頭君爾)だと言うのだ。
陸琉頭君爾の「頭」という文字に注目していただきたい。
聡明な諸兄はお気づきの事かと思うが、古代日本ではオカルトクンニを「御頭様(おかしらさま)」と呼んでいたと推測される。
それが訛って「おしらさま」となり、現代に至るまで脈々と受け継がれているのだ。

東北地方は霊峰・恐山をはじめ、戸来村=ヘブライのメシア伝説や大将軍伝説などオカルトな話題が数多く存在する。
面白いネタや新発見などがあれば筆者まで連絡していただきたい。
(6/8 オカルトジャパン・東北篇より)

153 :松茸 ◆1H6MATUZ/A :03/06/17 01:54
(続き)
「ところで閣下、警視庁秘密公安部隊の『霞』は今回のクーデターをどこまで把握しているのでしょうか」
「『霞』の連中は慰安旅行で別府に行っていて連絡がつかないとか言っていた。だから今回の事態など全く知らないだろうな、多分」
副総理は政府専用機を遠いまなざしで見つめつつ、機内で買ったゆで卵を口いっぱいに頬張りながら他人事のように言った。
「するとオカルトクンニ侯爵の思い通りになってしまうではありませんか。侯爵とはいえ、法治国家である以上は許す訳には参りません」
「モアーズ君、塩、塩・・・」
副総理は、モアーズ警視正の胸ポケットから取り出された食卓塩を奪い取ると、口内にバサバサと振りかけた。
更には大切なジョニ黒までをも奪い取り、昼間の公務員にあるまじき見事な飲みっぷりを披露したのだ。
「ニュー富山軍は圧倒的な武力を背景に、徐々に石川県境の町々を占領しているそうだ。我々に残された時間は少ないぞ」
「閣下、自衛隊は治安出動しないのですか。公務員二人だけで共和国首謀者を逮捕しろとおっしゃるのですか!?」
流石のモアーズ警視正も、岩手で経験したオカルトクンニ侯爵の恐ろしさの為か語気を荒げてしまう。
「よいか、自衛隊が出動すれば内戦に発展するのは必至だ。南北朝時代の二の舞になってもいいと言うのかね、モアーズ君」
あの悲劇的な南北朝時代の二の舞だけは絶対に避けねばならぬ・・・、モアーズ警視正は固く決意したのであった。
「やりましょう、閣下。無残に散っていった笹倉やアレクサンダー卿、ロビンソン議員のためにも・・・」
(続く)

154 :松茸 ◆1H6MATUZ/A :03/06/17 01:55
(続き)
「ときにモアーズ君、私はアパートを出てから何も食べていないのだよ。どこか美味い店に案内し給え」
モアーズ警視正は、先ほど立ち寄った食堂「イースト・ド・ジンヴォー」に副総理を連れて行った。
「この海鮮御膳は美味すぎる。この見事なイクラは正に母なる日本海の賜物と言うべきか。キングオブシーフードとは良く言ったものだ。
 心地よく弾けるこの歯ごたえ、これこそ国産天然イクラの極み。無類のイクラ好きである私をここまで驚嘆させるとは・・・」
副総理は人造イクラを最大限に褒め称え、満足げに6300円を払って店を出た、その時である。
「うぎゃー」
シルクハットを被った身なりのいい若い紳士が、突然副総理を襲撃して来たのだ。
「私はオカルトクンニ侯爵の密使である。ニュー富山共和国を脅かす反動分子め、東尋坊に散るがよい」
殺人胴締めと殺人スリーパーを同時に食らった副総理は激しく身悶えするほかなかった。
「助けてくれモアーズ君、このままでは入滅してしまう」
あまりの苦しさに、先ほど胃に収めたばかりの6300円のイクラを戻し、顔面には所々死斑が浮かび上がっていた。
副総理は胃袋のイクラだけでなく、空港で食したゆで卵やジョニ黒までも小腸からリバースし始めており、限界が近いのは明らかだった。
「待ちたまえ。君も紳士であるならば速やかにその中年男子を開放して、この私と戦いなさい」
モアーズ警視正が手をこまねいているのを見兼ねてか、さきほど食堂で相席になった健全な男子が助けに入ってくれたのだ。
密使は悶絶する副総理を投げ飛ばし、謎の健全男子に立ち向かって行く。
「ほぉ〜〜〜、あちゃーっ!あーたたたたたたたたたた・・・!わちゃ〜〜〜っ!!」
男は目にもとまらぬ早さで、殺人アマレス技を密使に仕掛けて行った。
「お前はもう死んでいる」
それから約10分後、男の言葉どおり密使は脳挫傷のため急逝した。
「おお、あなたは救世主だ。名前は何というのですか?」
「私の名は松浪、ケンと呼ぶがいい。再び危機に見舞われたら私の名を呼んで欲しい。さすれば参上つかまつろう」
松浪はそう言い残すと福井交通のバスに乗り込み、モアーズ警視正の前から風のように消えた。
(つづく)

155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 02:05
来た!

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 02:09
キタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━( ゚∀)ノ━(  ゚)ノ━ヽ(  )ノ━ヽ(゚  )━ヽ(∀゚ )ノ━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!!
        へ )   (  ノ  (  )ノ   (  )   へ  )   へ )    へ  )
          >    >    <      <       <      >      >

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 04:20
今回のテンションは凄いな。本当に吹きだしてもた。
本が出たら買うと思うよ、コレは。

158 :クンニ姫 ◆hHIMExzxcw :03/06/17 04:54
今までとはちょっと毛色の違う内容だね。
でもオモロイ

つーか、イースト・ド・ジンヴォーって・・・(w

159 :クンニ姫 ◆hHIMExzxcw :03/06/17 04:58
今日は珍しく人が少ないね。
ちょっと( ´・ω・)ショボーン

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 06:56
今回のキーワード

「南北朝時代の二の舞」
「キングオブシーフード」

161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 14:05
今回の小粋なキーワード
「モアーズ君、塩、塩・・・」

162 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 14:36
松浪タンは北斗神拳の使い手でつか?

163 :なつみ MOEhu:03/06/17 14:41
はー。

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 17:36
新キャラ登場age

165 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/17 23:32
副総理、食ってるじゃん・・・。

166 :松茸 ◆1H6MATUZ/A :03/06/18 02:08
(続き)
「閣下、お気を確かに!旅先で死ぬのは男の恥ですぞ。それに、ここで死んでしまっては内閣と与野党の思うツボですぞ、閣下」
モアーズ警視正は、地面に散らばるイクラを副総理の口に戻してやりながら必死に呼びかけた。
しかし、ウンウン呻くだけでなかなか正気に戻らないので、持っていたキンカンを副総理の鼻先に近づけてみた。
ビクッと全身を硬直させ、しばらく小刻みな痙攣を続けた後、副総理は静かに目を見開いた。
「モアーズ君、私ほどの大政治家になると暗殺などは日常茶飯事なのだよ。だが見給え、私は敵をことごとく粉砕した」
「御意」
モアーズ警視正は汚れた省エネ背広を処分し、クレスタに積んであった白タイツとダンディなチョッキを与えた。
「閣下、とてもお似合いですよ。誰もがブロードウェーのトップスターと見間違えること受け合いでしょう」
「モアーズ君、当然のことを改めて言うのはよさぬか」
クレスタに乗り込む副総理は足取りも軽く、先ほどまで醜態を晒していた人間とは思えなかった。
「ときにモアーズ君、私はアパートを出てから何も食べていないのだよ。どこか美味い店に案内し給え」
モアーズ警視正は、もう一度「イースト・ド・ジンヴォー」に副総理を連れて行き、海鮮御膳を食べさせた。
「これは何と饒舌なイクラであろうか。弾ける瞬間に、まるで何かを語りかけて来るような心地よい抵抗感を与えてくれる。
 ああ、思い出したぞ。食通泣かせで有名なパリの三つ星レストラン「ル・モンド」と同じイクラを使っているのか」
海外渡航経験のない副総理は、グルメ番組で得た知識を総動員して人造イクラを絶賛した。
満悦至極の表情で7500円を支払い店を出た時、何かを思い出したかのようにトップスターがポツリと呟いた。
「東京に戻るまでが遠足なのだよ・・・」
「お察しします、閣下」
悲壮な決意を秘めた二人は装甲クレスタに乗り込むと、応援を依頼すべく石川県警本部目指して東へと向かうのであった。
(続く)

167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 02:17
キタ━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━!!!!!

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 02:22
「東京に戻るまでが遠足なのだよ・・・」
ワケワカランがワラタ

169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 02:49
今日もお茶目な副総理(w

170 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 05:44
さり気なくイクラ丼が値上がりしてる!w

171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 08:59
何てセンスだよ…

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 11:11
こ、今回も凄いな・・・
しかし省エネルックって。
松茸タンはいくつだい?

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 11:33
トップスター

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 13:14
重要キーワード

食    通    泣    か    せ

175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 15:00
21世紀のビジネスヒント集
6300円→7500円

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 16:20
「ここで死んでしまっては内閣と与野党の思うツボ」
どういうポジションにいるんだ?w

177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 19:06
>176
ワロタ。
三村でもつっこみ疲れるわこりゃ。

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 22:36
美味しんぼ実況スレで生まれた名言がサンスポにも!

http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200302/bt2003022709.html

179 :松茸@26歳 ◆1H6MATUZ/A :03/06/19 02:26
(つづき)
東尋坊を出発して小一時間、一行は石川県警本部に到着した。
日本では滅多にお目にかかれない珍しいファッションの中年紳士とモアーズ警視正は、3階にある本部長室へと急ぎ向かう。
「岩手県警のモアーズ警視正です。ニュー富山共和国の件に関して本部長に伝達があるので入れさせて頂きます」
「副総理だ、入る」
モアーズ警視正は警察手帳を見せながら本部長室へと入って行ったが、副総理は警護担当官に抱えられて別の部屋に連れて行かれた。
「キミがあの孤高の名警視モアーズ君かね。私もかねがね噂は聞いていたよ。まぁ遠慮せずに座りたまえ」
モアーズ警視正の前に現れたのは、つい先日成人式を迎えたばかりの、若さみなぎる県警本部長・チルソンであった。
海千山千のモアーズと対峙したチルソンは、本部長としての威厳を保つため、吸い始めて間もないタール1mgのケントに火を点けた。
それを見たモアーズ警視正も、ワイシャツの胸ポケットからタール17mgの少し湿ったハイライトを2本取り出し、美味そうに吸った。
その戦力差たるや34倍、勝敗は誰の目から見ても明らかであった。
「チルソン本部長殿、早速共和国の件ですが、首謀者逮捕と要人保護のため、是非とも石川県警の兵力を貸して頂きたいのです」
「モアーズ君、事件は石川で起きているのではない、富山で起きているのだ。管轄違いも甚だしい。さっさと岩手に帰ってくれ」
こんな間近で、しかも二人っきりの狭い密室で大人の喫煙を魅せ付けられたチルソンは、まるで少年の様にしどろもどろになっていた。
「本部長殿、犯罪撲滅に管轄などはナンセンスでありましょう。事件があれば管轄無視をしてでも捜査するのが鉄則のはずです。
 警察庁上級幹部研修会で上映された『西部警察』や『危ない警官』が切々と教えてくれた事じゃありませんか」
この一言で初心に返ったチルソン本部長は、モアーズ軍団に全面協力することを約束した。
「モアーズ捜査官、法相と中小企業長官を無事に救出してくれ。私からは石川県警精鋭部隊である特機隊を提供しよう」
「恐悦至極」
本部長室を出るとき、本棚にムーと投稿写真がさりげなく並べられていたのを、モアーズ警視正は見逃さなかった。
(つづく)

180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 02:31
ウホッ、キタ━━━━━⊂_⊂( ´∀`)っ━━━━━!!!!!

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 02:33
今日も来た!

182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 02:36
松茸タンは26だったのね

183 :タカ:03/06/19 02:48
『危ない警官』w

184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 03:17
常人では考えもつかねいネタの数々でつね(w

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 07:12
今回の最重要キーワード


「 そ  の  戦  力  差  た  る  や  3  4  倍 」

  

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 08:56
ムーと投稿写真w

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 14:43
今回の次世紀に残したいキーワード
大人の喫煙

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 17:09
誰もいなくなったね(´・ω・`) ショボーン

189 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/21 17:52
変な小説待ちだよ。

190 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 18:06
>>189
いや、もうここに人は残ってないと思われ・゚・(つД⊂)・゚・

191 :ν酋長 ◆CGrsi.YPSE :03/06/21 20:40
確かにオカルトクンニ人口は激減している。
この事実は認めざるを得ない。
でもさ、もう一度オカルトクンニブームは来るって。
復興するって。それまでは耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぼうではないか、同志よ!

192 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 22:08
オカルトクンニって何の事?
ブラックユーモア話の事?

193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 22:33
変な小説はマジでおもろいなw

194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 19:32
いくらなんでも下がり杉
ageないと、どんどん過疎化していくぞ。

195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 21:19
>>192
Cのことだろ

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 22:01
>>195
 C..。懐かしいiでつね。

197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 22:04
変な小説まだでつか?( ´∀`)

198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 22:06
http://www.seseragi-gallery.com/kabegami/2003-3-21/aso-2003-3-2-1024-768.jpg
これは野焼きの画像なんだが、よく見ると物凄く沢山写りこんでないか?

199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 22:07
俺は2号さんが松茸様に気兼ねして出てこられないのを不憫に思う。
俺はお前も必要としている。

200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 01:15
>>199
その通りだ!
お〜い、2号さんも出て来て盛り上げてくれよ〜・゚・(つд`)・゚・

201 :2号:03/06/23 01:18
>>199
>>200
ありがとうございます。じばらく書いてなかったのでトリップパスを忘れてしまいまして、
新トリップで近日中に、再開させていただきます。
松茸師匠に比べると私なんか戦力差34倍ですが、がんがります。
応援ありがとうございます。


202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 03:17
>>201
来た!

>松茸師匠に比べると私なんか戦力差34倍ですが、
んなこたーない。独特の味わいがあって良い
今度はトリプだけでなく名前も入れておくれ

203 :名無しさん:03/06/23 06:54
2号たんもおもろいからろだにうpしてるあるヨ
楽しみにマテマツ

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 23:40
松茸タン来ないなぁ。。。

205 :カリフラワー ◆3ghDecBqNE :03/06/23 23:55
(続き)
「これが公安の実力・・・」
生唾を飲み込む雪江であった。

アーサーはベンチに打ち付けた右拳に息を吹きかけながら雪江に近づいた。
「私のジェラルミン・ナックルを避けるとは、流石だな。
しかしこの館は私の部下によって完全に包囲されている。
お前に逃げ場はないぞ」
そう言うとアーサーは再び惜しげもなくナックルを雪江に向けて打ち放った。
間一髪のところでアーサーナックルを避けると、雪江はアーサーの背後に回った。
「私とてオカルトクンニの関係者、公安などに負けぬ!」
雪江はそう叫びながらアーサーに力いっぱいジャーマン・スープレックスをお見舞いした。
アーサーは受身も取れないまま、雪江に投げ飛ばされた。
そして頭や背中をしこたま打ち付けた。

これでしばらく立ち上がれないだろう・・・。雪江は安堵し、再び清太を探すことにした。

その時、清太は記念館の3階にある、展望室にいた。
清太の目の前には身長165センチ、体重165キロの淑女が赤いシュミーズ一丁で寝そべっている。
ある意味ではこの記念館で最もおぞましいとも言える彼女こそ、もう一人のオカルトクンニの末裔、
マダム・オカルトクンニその人であった。
(続く)


206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 03:11
乙カレー。
今回は次回への繋ぎっぽい感じ。以前より薄めかな。
氏の場合、漏れはストーリー展開に期待してるので、次回を楽しみにしてまつ。
あと文章としては、この路線で行くならもう一息はじけた方がいいかも。
文章だけでなく、通常で考えれば無茶な場面の転回なども、この路線のミソです。
すべる事を恐れずに書いてみれ。ガンガレ。

207 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 04:43
>>205
さっそく来た!
期待してるじょ〜。

>>206
いつもながらの的確な評価、乙でごんす。

208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 00:15
オカルトクンニ人口は激減したが、残った者がレスを付けない状態となっては・・・。

209 : ◆ALICEknoM6 :03/06/25 11:35
2号タソのコテ、カリフラワーになぜか吹き出してしまいますた(゚∀゚)

松茸タソもカリフラワータソも期待してます(゚∀`)*・。☆゚*・キラーン

スレからロムっててお気に入りのスレです(゚∀゚)
レス少ないけど、ロム人口は低くはなさそぅだと思う。
自分で書けるネタがないから、みんなレスしなくて人が少なく思えるんじゃない?
って推測してみますた(゚∀゚)


210 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 12:08
>>209
隠れロムもいたのかw
でも、ここの所のレスの減りようは尋常じゃないからなぁ
もっとオカルトクンニを議論して欲しいだす

211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 14:08
旬が過ぎたネタにしがみつく創造性の欠片もないバカが集まるスレはここか

212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 15:29
基地外が降臨された模様です

213 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 19:46
不易と流行とオカルトクンニなんだよ。
意味分からんが。

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 20:30
会社に行き始めてから、朝は専らオカルトクンニだね

215 :こっちが本家だったのか(^^;:03/06/26 01:13
ある日、1人の男が神の声を聞いた。
その日から男は、世界中を巡りながら、毎日、神の教える通り自らを戒め、
聞こえる声に従い、愛を説き、人々に施しと癒しを与えていった。

しかし、どれだけ経ってもこの世から悪も災いも消えはしなかった。
男は苦労して災いの根源を探し出し、その存在に対して命じた

「悪魔よ去れ」

その存在は命じられるままに、この世から去っていった。

こうして、人々に試練を与える"神"は消えた。

216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 02:18
>215
黒冗句はあちらが本スレでつよ

217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 10:56
http://pumpkinnet.to/ranking/words/

218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 00:42
松茸たんはもう一週間も来てないんだ...・゚・(ノД`)・゚・

219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 11:53
終わったな…

220 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 13:47
オカルトクンニってなんでつか?
おせーて おせーて

221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 16:08
>>220
もう終わった話なんだよ・゚・(ノД`)・゚・

222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 01:02
>>218

 松茸たんは忙しい人なのだよ。

223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 17:02
オカルトクンニの血を絶やしてはならん!

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 01:34
保守あげ

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 09:06
小説保存板まで氏んだか・・・

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 03:26
(´;ω;`)

ホッシュッシュッ

227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 07:21
ほんとに誰も来なくなっちゃったよ〜
・゚・(つД⊂)・゚・ウエーン

228 :_:03/07/03 07:22
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

229 :_:03/07/03 08:07
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

230 :_:03/07/03 09:21
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

231 :_:03/07/03 11:30
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

232 :_:03/07/03 12:13
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 12:35
かつての賑わいが嘘のようだ。。。

234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 14:06
我々だけででも続けるのだ・・・ッ!
オカルトクンニの血を絶やしてはならん!!

235 :_:03/07/03 14:22
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

236 :_:03/07/03 16:03
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

237 :_:03/07/03 16:47
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

238 :名無しさん:03/07/03 16:57
変な小説うpしなおしますた。
http://spooky.s2.xrea.com/up/index.html

239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 17:12
>238
オツカレチャーソ!
なくなったかと思ったよ。

240 :_:03/07/03 17:59
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 18:05
>>238
モツカレー
やっぱし全編読めるのは(・∀・)イイ!!

242 :*************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/08 13:23


243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/08 14:12
m


244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/08 14:13
ん?何レスか消えてるね。

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/08 19:44
うぉ。やっと復活したと思ったら、俺が貼ったギレン総帥の演説の改変コピペが消えておる!
アレにはカリフラワーたんもレスしてくれたのに。
運営側をヒキ呼ばわりしたバチが当たったのやも知れぬ。


246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/08 22:20
>>245
代理補完しとくじょ


我々は二人の英雄を失った。しかし、これは敗北を意味するのか?否!始まりなのだ!
他スレに比べ、我がオカルトクンニスレの人口は30分の1以下である。
にもかかわらず今日まで戦い抜いてこられたのは何故か?
諸君!我がスレの目的がオカルトクンニだからだ。これは諸君らが一番知っている。
我々は世間を追われ、オカルト板住人にさせられた。
そして、一握りの厨房らが膨れ上がった2chを支配して4年、
辺境に住む我々がオカルトクンニを要求して何度踏みにじられたか。
我々の掲げる住人一人一人のオカルトクンニのための戦いを神が見捨てるはずはない。
我が英雄!諸君らが愛してくれた松茸タン、カリフラワータンは死んだ。
何故だ!?

新しい時代の覇権を選ばれた住人が得るは、歴史の必然である。
ならば、我らは襟を正し、この戦局を打開しなければならぬ。
我々は過酷なオカルト板を生活の場としながらも共に苦悩し、錬磨して今日の文化を築き上げてきた。
かつて、ひろゆきは人類の革新はオカルトクンニスレの民たる我々から始まると言った。
しかしながら2chのヒキ共は、自分たちが2chの支配権を有すると増長し我々に抗戦する。
諸君の父も、子もその削除人の無思慮な抵抗の前に死んでいったのだ!
この悲しみも怒りも忘れてはならない!それを、松茸タンとカリフラワータンは!死をもって我々に示してくれた!
我々は今、この怒りを結集し、キーボードに叩きつけて、初めて真の勝利を得ることができる。
この勝利こそ、戦死者全てへの最大の慰めとなる。
住人よ書き込め!悲しみを怒りに変えて、書き込めよ!住人よ!
我らオカルトクンニスレ住人こそ選ばれた民であることを忘れないでほしいのだ。
優良種である我らこそ2chを救い得るのである。オカルト・クンニ!

247 :代理補完:03/07/08 22:21
248 :カリフラワー ◆3ghDecBqNE :03/07/07 02:12
>>245
オカルト・クンニ!
オカルト・クンニ!
オカルト・クンニ!

248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 06:53
あ、補完されとる。
乙鰈。

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 22:37
みんな集合しる!!

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/10 02:44
(´・ω・`)ノ ハーイ

251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/10 03:33
hai!

252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/10 08:22
おは。

253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/10 10:07
|´∀`)ノィョゥ

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 00:14
保守

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 19:17
hosyu

256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 19:29
オカルトクンニの血を絶やしてはならん!

257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 20:42
身の回りのものをオカルトクンニで統一してみたら
100mを30秒台で走れるようになったよ。

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 21:07
私は身の回りの物をオカルトクンニ色に塗装してからというもの、養命酒を飲まなくて済む体になりました。

259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 21:09
>>258
成仏しろよ

260 :山崎 渉:03/07/15 09:08

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 05:07
23:20 航空自衛隊・千歳航空部隊F−15DJ戦闘機2機がスクランブル発進
    オカルトクンニと交戦中との未確認情報あり

http://news4.2ch.net/test/read.cgi/news/1058282749/l50

262 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 12:46
これオカルトクンニじゃねぇ!?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030708-00000259-reu-int.view-000

263 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 08:07
中国、北朝鮮国境付近でも、20頭前後のオカルトクンニが目撃されたらしいな。

264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 16:10
>>262
どっちかっつったらスミス夫人じゃね?
ブランド品に身を包みメンソールの煙草をくゆらせた10代そこそこのセレブ。
ゆうに80kgはあろう巨体。

265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 20:14
懐かしいなぁ、スミス夫人・・・

266 :名無しさん:03/07/19 11:59
無意味に上げてみる

267 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 21:42
松茸タンが失踪して早一ヶ月か・・・

268 :オカルトクンニの風:03/07/20 11:04
国営図書館の第三資料室は偽書や禁書を保管している一室だ。
普段から人影はまばら、一日中誰もいないことだってある。
司書もやる気がなく、日がな一日『どらエモソ』の4巻を読み続けている。

そんな第三資料室に、ここ数日入り浸っては何かをひたすら調べている女性がいた。
青い瞳と金髪のまぶしい生粋のモンゴロイドの彼女の名は、エドガー女史。
考古学者であり、春画コレクターとしても有名である。

彼女の調べているものは日本最古の歴史書・『古事記』
その中に出てくる「雄狩琉兎薫邇命」についてである。
彼女はとある掲示板でその存在を知り、得も言われぬ既視感を持ったのだ。
仕事をしていても、フィアンセであるロック男爵と星空の下で情事に及んでいても
考えるのは「雄狩琉兎薫邇命」のことばかり。
「雄狩琉兎薫邇命」を知ってから2日め、ついに彼女は入院すると偽って仕事を放棄し、
この国営図書館に通うことを決めたのだ。

彼女には物心ついた頃からすでに喪失感があった。まるで大切なものを電車の中に置き忘れたような、
どうしようもない喪失感が。
「雄狩琉兎薫邇命」の存在を初めて知ったとき、彼女は自分がそれまで感じていた喪失感の正体と、
どうすれば満たされるか、そのヒントが「雄狩琉兎薫邇命」にあると、半ば直感的に確信したのだ。

だからこそここでこうして半年以上も古事記を調べている。
しかし、いくら探しても「雄狩琉兎薫邇命」の記述は見つからなかったのだ。
まさか、ガセネタだったのか?だとしたら私の費やしたこの時間は何だったのだろう・・・。
                                             (つづく)

269 :オカルトクンニの風:03/07/20 11:21
この半年ほど、エドガー女史には徒労感しかなかった。
いくら探しても「雄狩琉兎薫邇命」などどこにも書かれていない。
ひょっとしたら古事記ではないのかもしれないと思い、『奥の細道』や『ねじまき鳥クロニクル』も
読んでみたが、やはり「雄狩琉兎薫邇命」など見つからない。

私は一体どうしてこんなに必死なのかしら。

相変わらず閑散とした国営図書館の展望食堂で、そばかすのある頬を軽く掻きながら
カロリーメイトを食し、彼女は自嘲気味にぼんやりとそんなことを考えていた。
すると、

『雄狩琉兎薫邇命』なら旧古事記の方じゃな。お主の調べているものは新古事記じゃ。」
と、声が聞こえた。
幽霊というものが存在するとすれば、きっとこういう声なのだろうと思わせるような、豪快で大きな声であった。

エドガー女史は振り向くと、そこにはマリナーズキャップを斜に被った小学生らしき男の子が立っていた。
不可解なのはその男の子のファッションセンスだ。
スチューシーのTシャツに、白のパンタロン、背中にはギターを背負っている。

「ワシの名はマッシュ伯爵。お主と同じく『雄狩琉兎薫邇命』の謎を探求しておるものじゃ。
こう見えてもワシはお主よりも年上じゃよ。病気でな、こんな姿ではあるが・・・。」

マッシュ伯爵と名乗った小学生は、エドガー女史に一冊のノートを手渡した。
「このノートにはワシの調べた『雄狩琉兎薫邇命』の秘密が書かれておる。多少落書きもしてあるが、読んでみると良かろう。
また明日、この場所で会おう。その時にはもう一人の仲間を連れてくるでな」

そういうとマッシュ伯爵は風のように帰っていった。帰りざま、彼はエドガー女史のカロリーメイトを一箱こっそりと失敬していたのを、
彼女は見逃さなかった。

「マッシュ伯爵・・・・・・なかなかの凄腕のようね・・・・・。」
                             (つづく)

270 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/20 16:24
キタァァァァァァ(゚∀゚)ァァ( ゚∀)ァァ(  ゚)ァァ(  )ァァ(`  )ハァ(Д`)ハァ(;´Д`)ハァハァ

松タンカリタンに続く第三のオカルトクンニの使者登場?

271 :カリフラワー:03/07/20 16:31
実は俺です・・・。
前のが煮詰まってたし、新しい風をこのスレに呼び込みたいと思いまして・・・。

272 :*****************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 07:11
本当に俺しかいねえ。

273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 07:20
ログ飛ぶ前はカリたんの後に3人ほどいたんだが…

274 :名無しさん:03/07/21 09:45
コソーリROMしてまつ。
カリタンがんがってくだちい。

275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 23:20
またログとんだの?(;´Д`)

276 :なまえをいれてください:03/07/22 13:10
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 13:58
>>277
訂正
黒人 → オカルトクンニ
アジア人・日本人 → スミス夫人

278 :オカルトクンニを入れてください:03/07/22 23:52
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家ではオカルトクンニの方がスミス夫人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いスミス夫人はオカルトクンニのストレス解消のいい的。
オカルトクンニは有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、スミス夫人はかなり彼らに見下されている。
(オカルトクンニはCには頭があがらないためイースト・ジン・ヴォ-などのモアーズ警部相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、副総理はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかけるオカルトクンニも多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けないモアーズ警部は滑稽。


279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 23:53
しまった。最初の行の「アメリカ」をニュー富山共和国に直してなかった

280 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/23 02:03
にわかに活気づいてきて、オカルトクンニファンには嬉しい限りなのだ

65 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)