2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■♂■ 漫 遊 記 ■♀■

1 :男漢 ◆Fuck/SfRLo :04/01/15 21:16 ID:3hvYRv0z
会社辞めた・・・
退職金と小学生の頃から貯めていた貯金をはたいて北は北海道
南は沖縄まで風俗全国制覇を目指すことにした。

思い立ったが吉日。
今日は地元である岐阜金津園に突撃した。総額40Kの中級クラスの店を選んだ。
景気付けに超高級店でも良いのだが、先は長い。
俺は以前より目星をつけていた嬢を目指して予約の電話を入れ店へ向かった。
待合室で待たされること10分ほど。案内された部屋の扉が開くとそこには・・・
深々とお辞儀をし、笑顔で俺を向かい入れてくれたM嬢が居た。
着ていたコートをハンガーに掛け、いきなりズボンを下げられ即尺だあ!!
ご挨拶程度の口技の後は一緒に入浴。俺は嬢と一緒に入るひとときが大好きである。
まずお風呂に入り念入りに体を洗ってくれ、そして一緒に風呂に入り、イチャイチャタイムだ。
本来ならこの後はマットサービスなんだが、俺はすぐさまベッドを選んだ。
ベットに移り、俺の技を駆使しての攻撃。一番客のせいか少し触っただけで良い具合に湿って
来たようだ。ここで攻守交代。ねっとりとしたディープキスから下方向へ進み玉舐めと
良い感じのテクニックだ。ソープならでは遊びも一戦を終え、嬢に自分の目的を話した。
そしたら嬢が昔働いていた名古屋の店の情報をくれたのだ。
明日は風俗天国名古屋へ出陣を決めたと同時に、2発目が終わった・・・


2 :2get:04/01/15 21:23 ID:LL/SMM1j
2

3 :大人の名無しさん:04/01/15 22:19 ID:X3l070lN
俺は今日、チサンマンションの
とある店へ行ってきた。
なんか工事してて、入り口の所
水でビショビショだったよ。

4 :アナバナナ ◆TcFEAMQJmk :04/01/16 10:21 ID:GpkWrO+a
>>1
かぶいてるかい?ビチ(`3´)

5 :男漢 ◆Fuck/SfRLo :04/01/16 16:07 ID:HB3MlzUK
昨夜は旅の準備に追われ、疲れて早々と寝付いてしまった。

さて、今日は名古屋だ。
昨日の嬢に聞いた店に颯爽と向かったが、残念ながら閉店してしまったようだ。
下調べしておくべきだったと後悔したが、まだまだ始まったばかりである。
こんな事で滅入っていては長い旅を乗りきる事が出来ない。
俺は近くのコンビニへ入り「シティーヘブン」という名古屋の風俗専門誌を購入した。
電話帳並みの分厚さである。この中から1件を選ぶのはもはや不可能に近い。
俺は盲滅法に開いた店に行く事を念じ、ページを開いた。
どうやらその店は人妻受身専門店と表記してある。
「人妻かぁ・・・」俺は迷ったが、先は長い。どんな事も経験だ。
早速店に電話を入れ写真の雰囲気で気に入った嬢を指名した。
店に着くなり「入場料」というものを取られた。
「ん・・・??」一体入場料とはどんなものなのだろうか?
よく解らないまま店員の説明を受けるが、未だ入場料に対して疑問を持ちつつも
「御大尽コース」というものを見つけた。所謂3Pの事である。
未だ体験した事のない3Pに曳かれ俺はそのコースを選んだ。

6 :男漢 ◆Fuck/SfRLo :04/01/16 16:08 ID:HB3MlzUK
5分ほど待ち部屋へ案内された。
扉が開かれると襦袢のを羽織った2人の女性が一人はヒザまづき、もう一人は
立ったまま笑顔で出迎えだった。ここで特記したい事はその二人の嬢があまりにも
美しいのだ。もはや風俗の域を超えているといった印象か。
そしてプレイルームもワンルームマンションの一室を改造して作ってあるように
広いのだ。その部屋の真ん中にクイーンサイズ並のベッドが設置してある。

恐るべし名古屋風俗。

軽く会話を交わしシャワールームへ。一人が身体を洗ってくれもう一人が脱衣場で
濡れた身体を拭き取って切れる。
部屋へ戻るなり、二人から同時に攻撃が始まった。
一方からは強烈なディープキッスを受け、もう一方はいきなりの口撃。いきなりの
本気モードの責めも人妻風俗ならでは醍醐味だ。俺は圧倒され続けた。
更には淫靡な言葉やあらゆるところを刺激されつつ交互に口撃がくりかえされる。
あっという間に果ててしまった。しばし休憩をし、会話を交わしながらも嬢達の手は
俺の陰茎を刺激し続ける。2度目であるはずなのに嬢達の息のあった口撃に俺は
直ぐさま果ててしまった。
放心状態で意識が薄れ行く感じだが、それでも嬢達は抱擁とキスを交互に繰り返し
続けている。これが噂に名高い名古屋の風俗なのか・・・感動した。

料金:30K+入場料2K
姫:☆☆☆☆☆(二人とも最高クラスの容姿とサービス)
店舗:☆☆☆(和風に拘った内装で部屋は広い。男性店員も丁寧)

7 :男漢 ◆Fuck/SfRLo :04/01/18 00:40 ID:dwVJhBFu
今日は静岡に来てみた。
静岡は風俗不毛の地なのか?浜松〜静岡と主要な都市で聞き込みをしたが
イマイチ歯切れの悪い返事ばかりだ。
俺はそのまま東に車を流して伊豆の温泉へたどり着いた。

久しぶりにゆっくりとした時間が流れる中で、海を見ながらの露天風呂だ。
こうして振り返ってみると嫌なことを我慢しつつ蟻のように働き続けていた自分が
凄く小さく感じるもんだ。
風呂から上がり、晩酌混じりの夕食だ。一人での食事は寂しいもんである。
俺は仲居さんに食後のマッサージを頼んだ。風俗探訪はすっかりと諦めていた。
予約した時間までまだ少しあったので、俺はもう一度温泉につかった。

風呂から出て、部屋に戻るとすでにマッサージ嬢が待っていた。
彼女は少々時間よりも早く着いてしまったらしい。彼女と呼ぶには烏滸がましい
年齢だ。歳を聞くと40代前半と答えた。
まずは肩の辺りからマッサージが始まり次第に腰の方へと手が伸びてゆく。
お尻の辺りを触られる度に俺は腰を浮かせた。くすぐったいような気持ちいいような
不思議な感覚に溺れていった。
「くすぐったいですか?」彼女はそう俺に聞いた。
「いや、気持ちよすぎて感じてしまって…」俺は照れくさそうに答えた。

8 :男漢 ◆Fuck/SfRLo :04/01/18 00:40 ID:dwVJhBFu
下半身のマッサージが終わり、仰向けになった。
ところが先ほどのお尻あたりのマッサージで感じてしまった俺の下半身は
そそり立っている。下着越しにもハッキリとわかってしまうぐらいに。
彼女はそれを見て耳元で囁いた。
「5Kプラスで手のサービス。10Kでお口のサービス。20Kでフルサービスするわよ。」
なるほど、静岡の温泉街にはこういった遊び方があったのか。
俺は迷わず20Kを財布から取り出し彼女に渡した。
「まだ早いわよ。フルサービスの場合はマッサージの仕事が終わってからね」
彼女はこう言い、残りのマッサージを続けた。

一通り済んだところで彼女は電話をかけている。どうやら延長と告げているようだ。
電話が済み、彼女は俺に一声かけ風呂へ向かった。
10分ほど待っただろうか、俺は心地良い脱力感でウトウトとし始めていた。
意識がなくなりかけた頃、彼女は部屋へ戻ってきた。
そして電気を消し、来ていたもの全て脱ぎ去って俺の布団へ入ってきた。
柔らかいキスを交わし、彼女は上になって俺を攻めてきた。絶妙の指使いである。
マッサージで培ったテクニックだろうか?
口では乳首あたりを舐め、手は優しく、時には激しく俺の一物を攻めている。
頃合いを見て護謨を被せ上から乗ってきた。激しい腰使いだ。
体を入れ替えて俺も攻め続ける。そしてバックになってしばらくして果てた。

昨日の名古屋といい、熟女のサービスは濃厚であり、しかも気持ちが良いもんだ。
俺はこれを期に、熟女マニアになってしまうのであろうか?

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)