2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【抜刀隊】 西 南 戦 争 【田原坂】

1 :名無し三等兵:03/06/30 21:06 ID:C8/+wwU4
 日本陸軍草創期最大の試練にして日本最後の内戦を、軍事板的に語って下さいです。
  


 こちらはネタスレ「西郷隆盛です。熊本城が落ちません」
 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1056891112/l50

2 :名無し三等兵:03/06/30 21:07 ID:???
西郷ドンも薩摩半紙も
DQN

3 :名無し三等兵:03/06/30 21:07 ID:???
2

4 :SL:03/06/30 21:10 ID:???
田原坂、抜刀隊限定スレ?

5 :名無し三等兵:03/06/30 21:14 ID:OIvOP71J
吾は官軍我が敵は
天地容れざる朝敵ぞ
敵の大将たる者は
古今無双の英雄で
これに従うつわものは
共に慄悍(ひょうかん)決死の士
鬼神に恥じぬ勇あるも
天の許さぬ反逆を
起こせし者は昔より
栄えしためし有らざるぞ

敵の亡ぶるそれ迄は
進めや進め諸共に
玉散る剣(つるぎ)抜きつれて
死する覚悟で進むべし

6 :名無し三等兵:03/06/30 21:19 ID:C8/+wwU4
 何の本か忘れましたが、この西南戦争で、薩軍の抜刀攻撃で装備に勝る筈の鎮台兵が多数死傷し、対抗策で警視抜刀隊を急遽組織する苦境に陥った経験が、後の日本陸軍を白兵戦至上主義に導いた・・・って話、ホントですかねえ?

7 :名無し三等兵:03/06/30 21:23 ID:???
>>6
そんなわけはない。本気でそう考えたのならば、野砲や重砲、
機関銃はおろか小銃すら配備していません。

8 :SL:03/06/30 21:37 ID:???
>日本陸軍を白兵戦至上主義

これは日露戦争の影響です。

9 :名無し三等兵:03/06/30 21:45 ID:???
http://www.kumanichi.co.jp/seinan/seinan.html

熊本日日新聞

10 :ミリ屋哲 ◆StCoSUah7Q :03/06/30 21:54 ID:???
>6は半ば本当だよ。正確に言うと、この時期はまだ「白兵戦能力の向上」
が課題だったと言うことだけれども。

日本陸軍建軍以来、白兵戦能力の不足は悩みの種で(日露戦直前の
偕行社記事とかにも、彼我の白兵戦能力の隔絶に危機を感じているのが
伺える)これの向上は急務だった訳。

ただ、明治30年代後半までは、歩兵繰典に明確に「歩兵の主たる戦闘
手段は小銃の一斉射撃」とされていた訳で、西南戦争直後から白兵戦
至上主義になった訳ではない。
#第1次大戦の青島攻略とかでも、案外火力の集中に意を払っている。

11 :SL:03/06/30 21:59 ID:???
>「歩兵の主たる戦闘手段は小銃の一斉射撃」

これは歩兵操典がドイツ(プロイセンか)式が基本コンセプトだから。
日露戦争では榴散弾の効果が薄かったので火力不審が起きたらしい。

12 :名無し三等兵:03/06/30 22:06 ID:???
>>11

火力重視はフランス式の影響。一知半解の知識で語らないでね。

13 :SL:03/06/30 22:06 ID:???
いやフランスは白兵重視だよ

14 :ミリ屋哲 ◆StCoSUah7Q :03/06/30 22:22 ID:???
資料漁るのマンドクセんでうろ覚えで書くが、明治38年の歩兵繰典改訂までは
基本となったのはフランス式だよ。

軍制自体は、明治18年頃のメッケル来日に前後して逐次行われたけど、
各種教範・繰典はそれ以前からの物がベースになって、根本的改正が
為されないままだった。

15 :名無し三等兵:03/06/30 22:24 ID:???
 ・・・ただ、後の陸軍戸山学校で、
 軍刀操法について薩摩の薬丸示顕流剣術の伝書が取り寄せられ技法が研究された(伝書は後に空襲で消失の由)ことはあったそうです。
 示現流の方は薩摩御留流儀で知られた剣術ですが、そこから分派した薬丸自顕流の方は技法をより簡素で実践的(技数を十にまで減らしたとか)に改め、主に下級士族(当然、西南戦争の薩兵に多数の遣い手がいた)に広まったとか。
 西南戦争の戦訓が、意外なところで影響を及ぼしたのかもしれません。

16 :SL:03/06/30 22:38 ID:???
>14乙です。

>根本的改正が為されない

そういうことですか!普仏戦争の影響がなかったのか。
フランス式は工兵だけかとおもってました。

17 :ミリ屋哲 ◆StCoSUah7Q :03/06/30 22:49 ID:???
>16
普仏戦争の影響を言うなら、明治3年の兵式統一の布告の時に「敢えて」
フランス式にしている訳だが。理由は、フランス人教師の招聘が決定して
いた、ドイツ語が普及していなかった、旧幕府軍がフランス式だった、等が
挙げられていたという。

#ただし、作戦レベルでは明らかに日清戦争の時点でドイツの影響(分進
合撃)が見られる。

18 :名無し三等兵:03/07/01 00:55 ID:???
まえの行進曲スレはすさまじいあぼーんだったな
コテ叩きと便乗荒しで・・・

19 :名無し三等兵:03/07/01 22:44 ID:u9cAnhy3
・・・しかし分からないのは、火力で明らかに優位な官軍が、何故に薩軍を火網攻撃でアウトレンジしきれずに不利な白兵戦を強いられる事態が続出したのかと。
山間部の戦闘が多く、火力集中が妨げられたのか、それとも、特攻に等しい薩兵の抜刀攻撃に、白兵戦に不慣れな鎮台兵が浮足立ったのか。うーん。。

20 :大佐:03/07/01 23:05 ID:???
ここはノスタル爺の集まるスレですか?wwww
抜刀隊が活躍できたのは市民レベルの喧嘩、紛争、暗殺レベル(赤穂浪士、新撰組)
近代に入って活躍の場など有り申さんwww
強いて云えば塹壕戦とか短機関銃の普及前とか非現実的なほどの限定条件がつくwwww
みのふすき〜粒子とか出さねば成らぬほどwwwwwwww

更に刀が主兵器であったこと自体、日本刀と首切りで鈴木氏に否定されているww

21 :名無し三等兵:03/07/01 23:07 ID:VMXOTy1E
また立てたの? 常連が一巡したらどうせDAT行きでしょうに

22 :大佐:03/07/01 23:10 ID:???
と言って野廃る爺に敵対発言、喧嘩を売ろうというのではないwwwww

私はカンコウ出身のライフスタイルとしてコンバットシュ〜テングと居合を
両方たしなんでおる!wwwww

同じ趣味を持つ香具師は全員気づいているがどちらも抜き撃ちがあるのだ!!
刀=拳銃であるとの認識が工学的、軍事的、武道的な正しい見解ww

23 :名無し三等兵:03/07/01 23:22 ID:st9C7L3p
>>20
その話では、何故に官軍側が薩軍に対抗して警視庁抜刀隊を投入したかが説明出来なくなる。無効なら、わざわざ敵の戦術を真似る必要もないのだから。


24 :大佐:03/07/01 23:29 ID:???
キミは戦術は分かるが戦略が分からんな?wwww
あるいは政治がwwwww

明治政府は相打ち覚悟で切り込んでくる反政府分子に貴重な官軍を損耗したくなかったwww
そこで旧幕府側の失業した武士を雇って警察の身分を与えて戦わせたwwww
政府にすればどちらが死のうとも将来の禍根を断つずる賢い(汚い)やり方wwww
大久保あたりの考えそうな策だな?

25 :少将:03/07/01 23:31 ID:???
大佐、定説に異議を唱えたいならソースを出すように。

さもなくば下がりたまえ。

26 :大佐:03/07/01 23:44 ID:???
定説=真実か?wwwwwまたミイラ造ってるんじゃないだろうな?wwww
良く読め!!さもなくばデイベ〜トスル資格無しwwww

警視庁抜刀隊そのものを否定したのではなく。なぜ旧幕府派の剣客を使ったかという
考察wwww

キミは政治はおろか、戦術はともかく考えが少々w・・・・か?wwwww

27 :名無し三等兵:03/07/01 23:50 ID:j0kN/pXO
だから、何故官軍側が火力の優勢を活かせずに、薩兵の白兵戦術に巻き込まれる不本意な事態が続発したのか、それが知りたいんだけど。

28 :大佐:03/07/02 00:10 ID:???
ああ、そうゆうことかww
20で挙げた特殊な条件下を訊いたのだな?wwww
まず、夜戦wwww
伊藤博文だかの回顧録で政府軍の駐屯する家屋で見張りがびびって『夜戦!!』
ていっただけでみんな裸で屋外に逃げ出したそうなwwww
それだけ夜の西郷軍の斬り込みが怖かったそうなwww

あとは夜戦と同じ範疇だが家屋内や峠や野外の待ち伏せ(遭遇戦か)
なんせ西郷軍は地元なのでゲリラ戦では戦術的には有利だったwww
だから以上を見据えて折れの政治的考察を加味すると
旧幕臣出身の警察隊(中隊か小隊規模)は対ゲリラ戦用。
実態は正規軍の弾除け、ポイントマン、強行偵察隊(やっぱ弾除けじゃなw)
地雷除け、不寝番、峠戦や屋内戦の消耗品として使いまくり。
不平武士出身士族の断絶の一環としたのであろうwwww
薩長土肥から敢えて斬り込み隊を作らなかったのが露骨なまでな証拠qqq

29 :名無し三等兵:03/07/02 00:23 ID:2EAPfCJb
抜刀隊士は「戊辰の恨み!」と言うて薩軍に斬り込んだそうだ。

30 :名無し整備兵:03/07/02 00:25 ID:???
楽しくおしゃべりの最中悪いけど、田原坂付近の地形くらい見ようね

31 :大佐:03/07/02 00:31 ID:???
タバル坂は西南戦争の中の大きな会戦。
つまりほとんどは歩兵による一斉射撃の応酬で戦われたwwww
タバル坂で主戦闘が刀の斬り合いだと思った香具師はスレタイに
釣られただけwwwwwwwwww

32 :名無し三等兵:03/07/02 00:35 ID:???
良コテ少佐
糞コテ大佐

33 :大佐:03/07/02 00:40 ID:???
ふ、どこぞで折れに論破された御仁かな?wwww
折れは軍汚汰の3倍の思考力を持つwwww
機体はレッドで連隊長の識別マ〜クの羽根飾りがあるwwwww

34 :大佐:03/07/02 00:59 ID:???
ふ、最後にズゴックを沈め、一人生き残ったか?www・・・・・・・・・・
(BGMスタ〜ト!!今はいいのさ全てを捨てて、一人のこった屍の折れは
この戦場でもがき苦しむ地獄のほの〜〜〜お〜〜〜〜♪)

諸君らに告ぐ!!
以後、ネタ本のひけらかしで喧嘩すんなよ!wwwwww



35 :名無し整備兵:03/07/02 01:11 ID:???
ttp://mapbrowse.gsi.go.jp/cgi-bin/nph-mm.cgi?b=325503.50&l=1303836.30

さて、田原坂の地図です。官軍は北から攻撃、薩軍は田原坂〜辻〜藤尾の
線で防御。間にある木葉川沿いの低地は泥濘地で行動困難(当時)。

火力に勝る官軍はどの辺りに火力支援基盤を置き、どういう方向で攻撃したか
それに対し薩軍はどう陣地を構築し、どこに火力支援基盤を置いて、
どこで逆襲(斬り込み)に出たか
また皆さんなら(どちらかの軍を指揮するとしたら)どう配置するか

地図を見るだけでワクワクしてくる地形です。考えて見ましょう。

36 :名無し三等兵:03/07/02 01:29 ID:???
もっとも、三国峠攻防戦では逆に、薩軍が堡塁22個で固めた陣に、熊本13連隊の第2大隊第4中隊が夜襲白兵戦を仕掛け、1時間足らずで抜いたそうな。

37 :名無し三等兵:03/07/02 01:40 ID:???
>明治政府は相打ち覚悟で切り込んでくる反政府分子に貴重な官軍を損耗したくなかったwww

ソースは?

38 :名無し三等兵:03/07/02 01:44 ID:???
このは駅北の丘から藤尾〜辻を砲撃 敵の逆襲を警戒して
陣地強化に務め、敵の拘束を図る。
三角半島からの上陸部隊に熊本城救援は任せる。

39 :名無し三等兵:03/07/02 01:49 ID:???
つーか鎮台兵自体、兵卒は当たり前だが貧農の子弟多数で、とても貴重扱いには程遠かったのだが。

40 :名無し三等兵:03/07/02 13:39 ID:???
大佐へのレスは全てこちらでやってくらはい

http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053829602/l50

41 :名無し三等兵:03/07/02 20:52 ID:aKEm4su9
あげ

・・・当時の乃木少佐率いる第14連隊が、植木街道の戦闘で薩兵の夜間斬り込みに遭い、混乱のさなかに連隊旗を奪われたって・・・乃木さん処罰とかされなかったんだろーか?

42 :ミリ屋哲 ◆StCoSUah7Q :03/07/02 21:04 ID:???
>35
の地図だけではわかりにくい(つーか分からない)が、田原坂は道路の両側が
堡塁状になっており、両側からの白兵襲撃が容易な地形。

戦術より更に下位の戦闘レベルで見ると、塹壕戦の様相にかなり近い。

43 :名無し三等兵:03/07/02 21:15 ID:???
南北戦争との共通点は?

44 :名無し整備兵:03/07/02 23:00 ID:???
>42

 そうですね。道は曲がりくねっており両側は堡塁状。しかも竹林で視界は効かない。
資料館のある手前辺りの峠(石碑のある辺り)は多少視界が開きますが、ここは
尾根になっており兵力は蝟集しがちになります。この辺りまでの近接戦闘が焦点に
なりそうです。

その一方で、二俣方面は高地から瞰制されやすく、これもまた進撃は困難。薩軍は
一部で塹壕も掘っていましたし。

さすが清正公というべき地形ですね

45 :名無し三等兵:03/07/02 23:01 ID:???
>>41
処罰こそされなかったようだが、錯乱して信用丸つぶれ
日露で引っ張り出されるまで予備役だか何だかで百姓してたらしい

46 :41:03/07/02 23:11 ID:???
>45

なるほど。早速の御教示ありがとうございます。

47 :SL:03/07/02 23:35 ID:???
>35
面白いものサンクス
やはり、史実通り中久保−五郎山間が弱いですね。
あまり守り易いとはいえないなぁ・・・

48 :名無し三等兵:03/07/02 23:41 ID:???
第木の葉川対岸から田原坂へ砲撃できれば、先に対岸をとって田原坂を正面と
横から攻撃して出血させることもできると思う。

49 :名無し整備兵:03/07/03 00:14 ID:???
上失礼、二俣と書いたのは五郎山付近の間違いです。もう○年も前に
行ったきりだから忘れていて(汗)

官軍は実際辻付近を占領して砲兵を推進、田原坂を西から砲撃しましたが
途中の木葉川一帯低地に着弾するのも多かったそうです。

西南戦争当時はこの低地は泥濘地で行動困難だったため、一概に「弱い」と
いうのもどうかと。「地形障害は敵兵より御しやすし」なのは確かですが。

50 :SL:03/07/03 00:34 ID:???
いや、弱いと書いたのは低地だからというよりは、この線を七本まで破られると、
田原坂一帯に布陣している薩軍が孤立してしまうからです。
書き方が悪かったかな?

51 :名無し整備兵:03/07/03 01:29 ID:???
 この地形は五郎山〜赤尾〜七本が、組織的防御を破砕できる目標に
なるのは確かです。
 ただ「弱い」という言い方をしてしまうと、「地形的に弱い」という意味に
なってしまうのでご注意を。

 ところで、この地形を「七本まで破り、薩軍を孤立させる」方策が、当時
「田原坂からの強襲」「瓜生田方向からの強襲」以外にあったかを考えて
みるのも面白いかも。別の地図が必要になるかもしれませんが(笑)

52 :大佐:03/07/03 21:33 ID:???
今、関東ではパトリオット『アメリカ独立戦争』やってるwww
すげ〜近距離で撃ち合ってるぞ!
あれが、フリントロック銃の戦いだな?www
西南戦争はパ〜カッションがメインだったが・・・・・

53 :名無し整備兵:03/07/04 00:10 ID:???
>38

レスが遅れて申し訳ありません。この方面からの突破は諦めるわけですね?
もしそうなら、三角半島上陸について、この辺りの見積もりをお聞かせ願えませんか?

1 三角半島の上陸適地・揚陸可能港湾(当時)
2 上記場所に対する薩軍の脅威(港湾使用に対する拒否行動の可能性を含む)
3 上陸作戦の準備期間、及び薩軍に察知される可能性
4 上陸作戦に要する兵力・資器材とその準備
5 上陸後、熊本城解囲までの作戦構想・要する時間・兵站の量

 ざっと考えただけですが、以上の見積もりが立たないと田原坂突破との優劣が
計れません。この時代の事に関しては私も実は詳しくないので、ぜひその知識を
お貸しください。
 それと、「当時官軍側が入手可能であっただろう情報資料」を元にした見積もりで
お願いします。

54 :*****************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************名無し三等兵:03/07/08 21:07 ID:97ANXlgD
復活オメ
何日かプチタイムスリッポしたみたい

55 :名無し三等兵:03/07/08 21:58 ID:Dc0yXzSn
何回か田原坂や吉次峠しゅうへんうろうろしたけど,戦ってる本人たち(特に下の方)は,方角的には何がなんだかわかんなかったんではないかな?
この線からこっちは薩軍でこっちは官軍なんてのは後から見たらわかるけど,戦跡を見るとこんなところに薩軍の・・・と思ったらとんでもないところに官軍の・・・。
って感じでした。
現場レベルではとりあえず,目前の敵を何とかするってので精一杯じゃなかったんでしょうか?
そう言う点では指揮系統が整然としてた官軍の方が,司令官からが前線で走り回ってた薩軍より全体把握ができてたんでは?
と考えると
山県君>>>>>>>>>>>>>>>>>>>桐野さぁ
ってなるのかな。くやしいけど。

56 :名無し三等兵:03/07/08 22:27 ID:???
×薩軍
○賊軍

57 :名無し整備兵:03/07/08 23:25 ID:???
54 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/04 16:08 ID:???
三角半島北岸に揚陸したところで宇土で包囲され
南岸からは不知火〜松橋ラインで阻止されると思われ
外海に面し、かつ兵站線の脆弱な部分を狙うとすれば
阿久根〜串木野の範囲で後方を断ち切るのが妥当であろうが
史実の上陸地点が日奈久だったのはどういう判断だったのか


55 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/04 17:38 ID:H8kUzUcg
このスレ、陸軍士官学校の作戦研究授業みたいで(・∀・)イイ!


56 名前:名無し整備兵 投稿日:03/07/04 23:52 ID:???
阿久根〜串木野で上陸したところで、薩軍後方連絡線は人吉方面で維持されるでしょうから。
それよりは日奈久に上陸して八代平野を支配した方が妥当かと思われます。
(日奈久〜田上〜坂本のラインで薩軍の後方連絡線切断)

薩軍の脅威及び兵站の見積もりについては、繰り返しますがワタシには何とも言えません

58 :名無し整備兵:03/07/08 23:25 ID:???
57 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/05 11:18 ID:???
串木野−国分を電撃戦で突破し鹿児島包囲…と考えそうだが、あすこは山間部だらけなのだな
薩摩に行ってみれば判るが、市や町は山の合間に点在していて、拠点制圧が極めて困難な地形なのだよ
熊本平野のちょっとした丘陵でしかない田原坂で、あれだけの遭遇戦を繰り返したのだから、これが敵地での戦闘に引きずり込まれたら…

薩摩でもたついてたら全国の禄を切られた不平士族が蜂起しないとも限らない
これは明治政府にとっての正念場で、時間との闘いとも言えたのではなかろうか

と、少々俯瞰的に見てみる

59 :名無し三等兵:03/07/09 22:57 ID:AURFD/ke
>>58
確かに・・・。
さっきその辺を車でうろうろして,帰ってきたばっかりだが車でも山道くたびれた。
昔の道路事情で歩きだったら大変。

60 :名無し三等兵:03/07/11 12:12 ID:ZheIyXNB
野村忍介の戦略をとっていれば、薩軍はもっと善戦できた。というより泥沼長期戦になって日本もあやうかったか・・・。

61 :名無し三等兵:03/07/11 18:22 ID:Rl5uvETx
>泥沼長期戦
になったら
不平士族が同時決起して大混乱
当然ながら西欧列強諸国の介入を招く

62 :名無し三等兵:03/07/11 18:43 ID:???
誰か昔あった田原坂スレ貼ってやれよ。

63 :山崎 渉:03/07/12 16:34 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

64 :名無し三等兵:03/07/13 18:16 ID:???
>>45
いいかげんなことを書くな。
日清戦争に参加しているだろ。

65 :名無し三等兵:03/07/14 19:08 ID:T/Yl60Ll
>>41
明治時代は軍旗が人命より尊い物などという腐った考えはなかった。
明治時代には14連隊の敵軍陥落以外にも49連隊の失火焼失など
がある。誰も処罰されていないし、直ぐに再親授されている。。おか
しくなったのは乃木が自決してから。昭和期でも軍旗は失われても直
ぐに再親授されているんだけどね。

66 :名無し三等兵:03/07/14 23:10 ID:???
「雨は降る降る人馬は濡れる越すに越されぬ田原坂」なんてうたがありましたな。

67 :山崎 渉:03/07/15 11:58 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

68 :SL:03/07/17 23:26 ID:???
>>60

実際のところ、西郷はその辺を理解していて、野村案を採用しなかったのではないだろうか?

69 :名無し三等兵 :03/07/17 23:53 ID:???
そろそろ保守

70 :名無し三等兵:03/07/18 00:15 ID:???
>>65
四十九連隊軍旗の失火焼失事件の際は連隊長や旗手が謹慎等の処分を受けているし、
昭和期の再親授は部隊壊滅→再編成の際が殆どだろ。あまり好い加減な事を言ってはいかんよ。
なにしろ、軍旗は「陛下の御身代わり」なんだから(w

71 :大佐:03/07/18 00:16 ID:???
ふ、最後にズゴックを沈め、一人生き残ったか?www・・・・・・・・・・
(BGMスタ〜ト!!今はいいのさ全てを捨てて、一人のこった屍の折れは
この戦場でもがき苦しむ地獄のほの〜〜〜お〜〜〜〜♪)

諸君らに告ぐ!!
以後、ネタ本のひけらかしで喧嘩すんなよ!wwwwww






72 :名無し三等兵:03/07/18 00:17 ID:???
>>71
>>37

73 :名無し三等兵:03/07/18 01:08 ID:???
>>64
日新戦争時、乃木は旅団長として旅順要塞攻略戦に参加
わずか一日で陥落させているんだよね(そもそもこれが悲劇の始まり)

軍旗を喪失してからの乃木は死に場所を求めていたとしか思えない
田原坂で左足を撃たれる→久留米の野戦病院に搬送→脱走、戦列復帰→
左腕を撃たれる→高瀬の野戦病院に搬送→軍旗紛失の件は不問とされる
→熊本城内の参謀室で自決を試み、児玉源太郎に軍刀を取り上げられる→
翌朝失踪→3日後山王山で断食している乃木が発見される

西南戦争から数十年後、このエピソードはアメリカ陸軍士官学校の教科書の中で
「軍人の責任」という項目の代表例として紹介される様になる(現在はどうか不明)

ダグラス・マッカーサーは乃木のファンとして有名


74 :名無し三等兵:03/07/18 01:15 ID:???
辺見十郎太が脱走兵を見て見ぬフリして見逃してやったエピソードが好きだ。

75 :名無し三等兵:03/07/18 17:39 ID:NNMYvwqI
おいどんはもうよか・・・

76 :名無し三等兵:03/07/18 18:12 ID:???
>73
>軍旗を喪失してからの乃木は死に場所を求めていたとしか思えない

だったら一人で死ね。(旅順攻略部隊将兵一同)

77 :名無し三等兵:03/07/18 18:54 ID:???
>>76
ワラタ。もっともだ。

78 :名無し三等兵:03/07/18 20:45 ID:???
>>76
典型的な司馬の史観に洗脳された発想だな。


79 :名無し三等兵:03/07/18 21:38 ID:???
夏休みは攻撃的なレスが多いな。

80 :名無し三等兵:03/07/18 22:30 ID:5myscj8v
>>78
同意。

81 :名無し三等兵:03/07/18 22:36 ID:???
一人の将軍の自殺願望のために将兵を無駄に死に追いやるのは、資源の浪費。
司馬がどうとかいう以前に兵学の基礎。
司馬だけで日露を語ることなかれ。

82 :名無し三等兵:03/07/18 23:20 ID:???
司馬の「翔ぶが如く」は、司馬の作品のうちで駄作だと思うのは俺だけかな。

83 :名無し三等兵:03/07/19 01:51 ID:???
「難戦旅順、愚将乃木」という評価が誤りであることは、近年夙に指摘されている。
クリミア戦争のセバストポリ、WW1のヴェルダンを見よ。
しかしまあ、マスコミ界での司馬批判がタブーである限り、この洗脳も溶けっこないだろうな。

84 :名無し三等兵 :03/07/20 11:48 ID:???
乃木は無能というより、勝利に対しての欲がなかったことが敗因だろう。
戦術の研究とか勉強も不熱心だったようだし。

85 :名無し三等兵:03/07/20 17:37 ID:???
>>83
司馬遼太郎はストーリー構成の為に良く描く人物悪く描く人物をはっきりさせてるから
嘘は書かないにしても、良く描く人物の悪い点は書かないし
悪く描く人物は、これでもかとあげつらうからそのまま鵜呑みにしたら不味いよな。

坂の上の雲で司馬が二代目海軍って悪口を言っている部分は
実際は司馬の褒めてる海軍軍人が積極的に悪い二代目海軍にしていったんだし。

86 :名無し三等兵:03/07/21 10:46 ID:???
西南戦争では、長年修行を積んだ剣豪より、数人の銃剣の優位が証明されたと言うことだな。
つまり、3人同時に槍を突き出されたら対応できない。


87 :名無し三等兵:03/07/21 11:00 ID:FdPGZsui
どうでもいいが、抜刀隊は警視庁巡査抜刀隊でしょ?
それなのに歌がなぜ軍歌の扱いなんでせう?
陸自の行進曲にもなっているし・・・警察歌(もしあるなら)じゃねえの?

88 :名無し三等兵:03/07/21 11:25 ID:???
司馬叩きをしているが、田中芳樹に比べたら遥かにマシだろう。

89 :名無し三等兵:03/07/21 11:27 ID:???
司馬はちゃんと自分の書いてるものはあくまで小説であって、歴史書では
無いと明言してるよ。教科書にしよう、と言った香具師を公然と批判した
こともあるし。
むしろ「権威」に祭り上げてしまった周囲の方に問題がある。

90 :名無し三等兵:03/07/21 11:31 ID:???
>>87
作曲者が陸軍軍楽隊のお雇いフランス人だったからでしょ?

91 :名無し三等兵:03/07/21 12:47 ID:???
>>880
おい、ガイエと比較されては司馬氏に失礼だろw

92 :名無し三等兵:03/07/21 16:16 ID:???
>>89
今の司馬批判=司馬未亡人批判=司馬財団批判だからな。




93 :名無し三等兵:03/07/21 17:18 ID:???
>>88
吉村昭に比べればまし。
事実と銘打っておきながら、ソース問いつめられたら小説と逃げてるし。

94 :名無し三等兵:03/07/21 17:29 ID:???
詳細きぼんぬ。戦史ノンフィクション関係だったらショック・・・。

95 :わんにゃん@名無しさん:03/07/22 13:02 ID:???
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)