2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦場で起きた事件・事故

1 :名無し三等兵:03/05/31 15:44 ID:DwEzVPIS
パットン将軍、野戦病院で殴打事件

2 :名無し三等兵:03/05/31 15:44 ID:???
それ野戦病院ですやん

3 :自営業阻止委員会 (バウアー):03/05/31 15:44 ID:???
阻止

4 :名無し三等兵:03/05/31 15:45 ID:???
シェルナー将軍、所属の言えない逃亡兵を吊るし上げ事件

ついでに>>3も木に吊るし上げ

5 :名無し三等兵:03/05/31 16:02 ID:0UaA3s7Q
ケリー元少尉、仲間とつるんで、ナンシーの銀行襲撃

6 :名無し三等兵:03/05/31 16:17 ID:Fad52y++
レイプ

7 :名無し三等兵:03/05/31 16:17 ID:???
日本軍、南京大虐殺事件

8 :名無し三等兵:03/05/31 16:24 ID:v6UI4IcK
帝国海軍の赤外線誘導爆弾、開発中に風呂の煙突を誤爆


9 :名無し三等兵:03/05/31 16:28 ID:???
>>1
珍事件にすればよかったのに

10 :名無し三等兵:03/05/31 16:56 ID:0ndpeG3t
http://elife.fam.cx/




11 :名無し三等兵:03/05/31 16:58 ID:KycpPYlx
満州事変は珍事件から

12 :名無し三等兵:03/05/31 17:44 ID:???
真珠湾攻撃の第一次制空隊長、板谷茂少佐。
陸攻機に搭乗中、撃墜されて戦死しました。
撃ったのは大日本帝国陸軍機でした。

13 :名無し三等兵:03/06/01 03:05 ID:???
上海事変、鉄条網爆破筒の導火線の長さ計算を間違え、兵士3名爆死。

14 :名無し三等兵:03/06/01 12:30 ID:P2HVyB53
トンキン湾 米空母 艦載機F-8のロケット爆発、さらに誘爆
 100名以上脂肪、数日炎上
 空母コンステレーションだったか

15 :名無し三等兵:03/06/01 12:54 ID:???
ルシタニア号事件
1915年5月7日、英国客船ルシタニアをUボートが撃沈。多数の米国人が死亡。
WWI開戦以来、米国は連合国寄りであったものの、
中立国の立場を利用して、連合同盟双方から利益を得ていた。
この事件により、米国内の反独感情が加速し、連合国軍の一員として参戦するきっかけとなった。

16 :名無し三等兵:03/06/01 16:36 ID:???
1998年6月22日
サンマ漁船が網で北朝鮮の潜水艇を捕獲

17 :名無し三等兵:03/06/01 16:58 ID:tOaEn/XL
第四艦隊事件 1935年9月26日
三陸沖で演習の第四艦隊が商船から台風接近の連絡を受けるが
台風が怖くて戦争が出来るか!と台風の中に突っ込み

初雪 : 艦首切断
夕霧 : 艦首切断
睦月 : 艦橋大破、艦首切断寸前
菊月 : 艦橋損傷、艦首切断寸前
朧 : 艦橋損傷、船体亀裂
潮 : 艦尾切断寸前
夕月 : 艦橋損傷
白雲 : 艦橋損傷
曙 : 船体亀裂
叢雲 : 船体亀裂
妙高 : リベットが緩む
最上 : 船体に皺
などの被害

18 :名無し三等兵:03/06/01 17:04 ID:???
ベトナム戦争で米軍の分隊長多数戦死。奇妙なことに背後に銃弾を受けたものがとても多かった。

19 :名無し三等兵:03/06/01 17:05 ID:???
>>14
フォレスタルですな
134人死亡63機あぼーん

20 :名無し三等兵:03/06/01 17:20 ID:???
三式戦はテスト飛行中に敵の空襲に遭遇しテスト用の弾丸でドゥリトル隊を銃撃。

21 :名無し三等兵:03/06/01 18:21 ID:m+aTWOSr

Me163?ロケット戦闘機 着陸失敗、燃料噴出 パイロット溶解アポーン 茶飯事
ドイツ上空、ドガッ ぶぉおおお 脱出ドイツ人パイロット、ピトー管で串刺し
F105 ドロップタンクでミグ撃墜 
整備員 あわてて走って F104の主翼で首ちょんぱ 


22 :名無し三等兵:03/06/01 18:24 ID:???
F-11 自機が発射した機関砲に当たって撃墜

23 :名無し三等兵:03/06/01 18:29 ID:???
信じられないが事実だスレ?

24 :名無し三等兵:03/06/01 18:34 ID:+T3BDtQU
十四年式拳銃を水中で発射して爆圧で重症。

25 :名無し三等兵:03/06/01 21:11 ID:???
第一次世界大戦中カナダのパイロットが宙返りの真っ最中に操縦席から落下。
円を描いて下まで来た自機に着地して操縦して無傷で帰還。

26 :名無し三等兵:03/06/01 22:27 ID:???
Rimpac96でゆうぎりがCIWSでA-6E撃墜

27 :名無し三等兵:03/06/01 23:13 ID:???
ガダルカナルで日本兵が夜襲により米軍陣地に侵入。
数名の兵士が重機関銃陣地を制圧し銃口を反対側へ指向する途中、暴発。
突入中の味方兵士数十人をなぎはらってしまった。

米軍兵士の目撃談。

28 :名無し三等兵:03/06/01 23:38 ID:???
AD(A-1)スカイレイダー、両翼を折り畳んだ状態のままで離陸、そして無事生還。

29 :名無しAPG ◆yvNqrnvsYY :03/06/02 00:14 ID:???
>>28
実はF-8、F/A-18でも同じ事してる(w

30 :名無し三等兵:03/06/02 01:04 ID:QD+lCk7W
彗星艦爆 山川新作氏が訓練中に、翼が折れて補助翼作動不能。
でも無事生還

31 :名無し三等兵:03/06/02 01:13 ID:mrtWnLVj
父島で米軍のパイロットのお肉いっぱい食べた。旨かった。

32 :名無し三等兵:03/06/02 02:22 ID:pvkq95q5
>>28-29
まじっすか!

33 :名無し三等兵:03/06/02 02:28 ID:???
昭和17年5月 英国本国艦隊が北氷洋船団の護衛中に戦艦キングジョージX世が
          駆逐艦バンシャビに衝突。バンシャビは真っ二つに折れて沈んでしまう。
          その上、後続していた戦艦ワシントンが衝突現場を乗り切ろうとした時、
          水中でバンシャビの爆雷が爆発。
          ワシントンは死傷者はでなかったけれど、その衝撃で・・・
          ・主砲の射撃方位盤と砲塔の測距儀がすべて狂う
          ・はずみでモーターが動きだしてブレーカーが落ちる
          ・捜索用レーダーと三つの射撃指揮用レーダーが使用不能
          なんていう珍被害が発生した。

34 :31ではないが:03/06/02 02:33 ID:ymneXXm2
>>31
詳しくは秦 郁彦「昭和史の謎」下あたりを参照

大戦末期、ガソリンが欠乏し松根油で代用しようとしていたのは有名だが
メチルアルコールでも飛んだという記録がある。「零戦よもやま話」から



35 :名無し三等兵:03/06/02 02:35 ID:???
>21
> ドイツ上空、ドガッ ぶぉおおお 脱出ドイツ人パイロット、ピトー管で串刺し

冬戦争でフィンランドのパイロットが、撃墜したソ連機から脱出したパイロットを
機銃で突き刺しちゃったこともあったらしい。

36 :名無し三等兵:03/06/02 02:38 ID:???
>>31
同時に撃墜され、間一髪で米軍に救助されたパイロットはパパ・ブッシュ。


・・・あのとき捕まえて喰っておけば・・・

37 :名無し三等兵:03/06/02 02:42 ID:???
古い話だが
WW1でリヒトホーヘンの師匠ベルケは
空戦中、味方機と接触して墜死。

38 :名無し三等兵:03/06/02 03:06 ID:???
日本海軍の巡洋艦最上は味方殺し二度

39 :名無し三等兵:03/06/02 03:07 ID:ymneXXm2
珊瑚海海戦でのエピソード
薄暮攻撃で日本機が米空母を発見できず、魚雷を投棄し帰路についた。
眼下に空母を発見、日没で両軍とも気づかずに
日本機は米空母であると着艦寸前に気づき、急いで離脱、
米空母はその機を射撃したが取り逃がした。
ミッドウェー海戦の一月前の話。

40 :名無し三等兵:03/06/02 05:04 ID:???
「パーキング河の決戦」
1939年9月6日、イギリス。
レーダー監視員の勘違いにより誤った侵入機情報が発せられ、スクランブル
発進した英航空隊同士での空戦や自国機への対空砲火が相次ぎ、対空砲火で
ブリストル・ブレニム一機が撃墜、ハリケーン二機がスピットファイアに
よって撃墜されるなどの大不祥事となった。

…スピットファイアの最初の「戦果」がハリケーン撃墜ってのもなあ…

41 :紫暗号:03/06/02 09:22 ID:n2uNGoFa
マリアナ沖海戦時、栗田艦隊の上空を小澤艦隊の艦載機が
通過、大和は何を思ったか「敵機来襲」と勘違い、対空砲火を
発砲、数機を撃墜する。幸いなことに主砲での3式弾発射は
免れたが撃っていたら・・・ガクガク・・・

42 :名無し三等兵:03/06/02 09:28 ID:I6e4/qVv
みてね♪
http://www1.free-city.net/home/s-rf9/page006.html

43 :名無し三等兵:03/06/02 11:40 ID:b11jgb7e
ベトナム戦争で米海軍のF-4戦闘機が、Migと交戦中にマッハ1.6まで加速したらガス欠で墜落。。。

44 :sage:03/06/02 15:23 ID:???
日露戦争でデンマーク沖を航行中のバルチック艦隊は操業中のイギリス漁船を
日本艦隊と誤認し攻撃。

45 :名無し三等兵:03/06/02 15:42 ID:???
海自の船が誤射で自分の船体を撃った事件があったな。


46 :名無し三等兵:03/06/02 15:50 ID:???
キスカ撤退時、アメリカ軍はレーダースクリーン上に巨大軍艦らしき光点
を発見。全艦砲撃をし光点が消滅したので砲撃を終了したが弾薬が不足し
補給のため半日しまを離れたすきに偶然日本軍の撤収艦隊がキスカに到着

47 :名無し三等兵:03/06/02 18:57 ID:QD+lCk7W
大正年間 シベリヤ出兵 
冬にラッパ卒が起床ラッパを吹こうとしたら、唇がラッパに張り付いた。
あわててラッパを放したら唇の肉がもげた。
そのラッパ手は「名誉の負傷」扱いで内地に帰った。

48 :名無し三等兵:03/06/02 23:26 ID:???
なんだっけ?
どっかのホームページで読んだ話だから詳細は忘れたので勘弁。

太平洋戦争中、本土の基地の工作班が気ちの周りに、
通信用の電線を引いていた。
この基地では基地の周りの柵が二重になっていて、
5時以降は内側の有刺鉄線に電流を流す。
通信班はそれを知っていたが、
作業が長引いて、一人がうっかりと一人が触ってしまった。
それを助けようとして、次々に感電。
たしか、3人ばかりが感電死したと書いてあった。
これも事故だね。


49 :名無し三等兵:03/06/02 23:52 ID:???
トンキン湾に展開中の空母オリスカニーでアフォ水兵が照明弾を放り投げて渡そうとしたところ
取りそこなって点火、慌てて照明弾収納庫に投げ入れ大火災発生
6機44人の被害

50 :名無し三等兵:03/06/03 01:25 ID:VRohpWoP
空母大鳳 魚雷一本で沈んだ史上最悪のアフォ

51 :名無し三等兵:03/06/03 01:33 ID:???
>>50
アフォなのは艦船の建造水準を低下させた連中。
どんなにいい図面引いても、実際作る側が・・・。

52 :名無し三等兵:03/06/03 01:49 ID:X7/uyRc8
子爆弾拾ってきた新聞カメラマンというのもこの範疇かね。
大体、戦場カメラマンと言ったら地雷。これはもう切っても切れない間柄。オレオマエの仲。
キャパなんてのはハッキリ言ってトーシロ。自分が地雷踏んぢゃってるようぢゃまだまだだね。
その点あいつは凄いや。安全ピン抜いたら他人に手渡して、自分は歴史の生き証人になる。


53 :名無し三等兵:03/06/03 01:59 ID:VRohpWoP
戦争終わってんのにその国の国民吹っ飛ばすしな。

54 :名無し三等兵:03/06/03 05:04 ID:eXAcC5zc
>>50
補足しておくか。
実際は二本の魚雷が命中コースにあったのだが、それを発見した彗星艦爆一機が
急降下し、魚雷めがけて海面へ突っ込んだ。周りの将兵がそれで魚雷に気づくも
手遅れという話、意外に知られていない。
因みに自爆した彗星の搭乗員が誰かは今をもってわからない。
無駄死にというにはあまりに悲しい話である。

55 :名無し三等兵:03/06/03 06:33 ID:FweUfZW5
クルクスの事件は?
当局は魚雷の過酸化水素漏れによる誘爆ってことで
幕引きたがってるけど、真相は?????

56 :名無し三等兵:03/06/03 07:22 ID:???
>>54
「小松咲男」でぐぐってみそ

57 :名無し三等兵:03/06/03 12:04 ID:jGmraLCk
>54
>第1次攻撃隊発進直後の0810 急降下爆撃機彗星の1機が突然
>「大鳳」の右舷海面に向って垂直に突入した。
>それは「大鳳」に向って走る雷跡2本を認め、その1本に対して体当たりしたものであった。
>この特攻攻撃の先駆けを敢行した勇敢なパイロットは小松咲男兵曹長であった。
>(小松機の自爆でも雷跡は消えず、それが命中したという説もある)
って言うことですが・・・
昔の大鳳ウォーターラインシリーズ説明は確か氏名不詳だったような・・・
いゃぁ好きだったんすよこの艦。


58 :名無し三等兵:03/06/03 12:05 ID:jGmraLCk
>52
期待したんですけどね・・
極刑とかを・・・
それって非国民?

59 :無名人:03/06/03 12:08 ID:jGmraLCk
>58
懲役1年6ヶ月?(怒)
日本に帰ってきてから、国の恥さらしとして
再審請求!!
市中引き回しの上貼り付け獄門でもタリン!

60 :名無し三等兵:03/06/03 14:29 ID:EzuzGk91
イラクでは英兵がイラク人捕虜をレイプしてるそうだ。

61 :名無し三等兵:03/06/03 17:14 ID:M20MTl1V
>60
ソースあります。
できれば詳しく知りたい(゚Д゚)ハァ?

62 :60:03/06/03 20:24 ID:???
>>61
あらゆる意味で阿呆な兵隊たちだ。やだね。

http://news.msn.co.jp/articles/snews.asp?w=486409

63 :名無し三等兵:03/06/03 20:31 ID:???
>>62
すげえな。
それを写真屋に出すところがすごい・・・。


64 :名無し三等兵:03/06/03 20:44 ID:???
えげれす兵に捕まりそうになったら自決することにしますた

65 :名無し三等兵:03/06/03 21:17 ID:???
太平洋戦争中のイギリス兵は日本兵捕虜を輸送機の上から落下傘を付けさせずに一人ずつ
全員を落下させ目的地に到着したとき捕虜なしと報告していたため日本兵は絶対に降伏
しないということになっていたらしい。

66 :名無し三等兵:03/06/03 22:06 ID:???
>>60,65
さすがは英国兵士、やることが違いますな。

67 :名無し三等兵:03/06/03 22:15 ID:???
どっかのホームページで見たのだが、検索しても出てこないや。

第一次世界大戦で、ヨーロッパのある街に
火薬を満載した船が入港した。
が、入港時に他の船と接触。
火災発生、大勢が消化に出かけたが爆発。
街の半分が吹っ飛び、建物は全て当会。即死だけで数百人。
たしか、積んでいた火薬がトン単位だったので、
原爆位の爆発になったみたい。
それがちょうど冬の出来事で、建物を失った町民が次々と凍死。

誰か、この事件の名前をしりませんか?

68 :名無し三等兵:03/06/03 22:43 ID:???
>>60-65
モンティパイソンのホモ軍人ネタってギャグじゃなかったのか…(;´Д`)

69 :名無し三等兵:03/06/03 22:49 ID:xjocqvD4
>>58 問題は航空危険罪の国外犯が成立するかだが、乗り継ぎで成田を目指していたことから、これは訴追可能と思われる。
いずれにせよ、こいつはもう表のメディアは無理だから、帰国後は宅八郎とか左川とか花山羊減収といった文化人のお友達になるだろう。
名刺には日本のキャパとか入れたりしてね。

70 :名無し三等兵:03/06/03 23:03 ID:???
>>67
それってカナダの話じゃなかったっけ?

71 :名無し三等兵:03/06/03 23:15 ID:???
>>67
ハリファックス大爆発

72 :名無し三等兵:03/06/03 23:18 ID:???
>>67
インドのポンペイの岸壁でも似た様な事件あったな。
輸送船に不法積載(酸化し自然発火の危険)されていた綿花と石油が接触、
おまけに近くの船倉には爆薬。
緊急の荷役と消火作業と爆薬撤去と船の曳航と住民退避、それらの全てが不手際で失敗し、
ついには船は木っ端みじん、死傷者数千名。



73 :名無し三等兵:03/06/04 01:33 ID:???
戦場じゃないけど。

イタリアのブレシアで、1764年。
街には落雷の被害が多発していた。
火薬庫に雷が落ちると大変だ。でも雷の落ちないところはどこだろう?
敬虔なイタリア人はふと気づいた。教会だ!神のご加護のある教会ならば
絶対に安全だろう。こうして聖ナザロ教会の通廊に100トン近くの火薬が保管される
こととなった。

そしてある日。
教会の尖塔に雷が落ち、火薬が爆発を起した!

ブレシアの街は1/5が灰燼と化し、3000名の人命が一瞬にして失われたそうである。

教会の尖塔に避雷針が取り付けられ始めたのはこの事件の後である。

74 :名無し三等兵:03/06/04 02:52 ID:YvWVlLZC
1943年、北海道サロマ湖。漂着機雷発見。荒縄をかけて馬で砂浜を引き上げてしまった。
爆発、約50人死亡。当時は報道管制のため一般には知らされず。
現代もそうだが、海軍は機雷の形状を市民、漁師などに知らせることを極端に嫌がる。これが大惨事の原因。


75 :名無し三等兵:03/06/04 03:11 ID:???
戦時下以外でも良いなら
現在では火薬として用いられている硝酸アンモニウムの事件だが
化学肥料用の硝酸アンモニウムが湿気を含んで固まっているのを、ダイナマイトを
爆発させて粉にする作業をやっている最中に、硝酸アンモニウムが爆発し、数万人
が死亡する。戦時下以外では最大規模の人災が起こったことがあったな。
確かフランスだったっけ?

76 :名無し三等兵:03/06/04 03:14 ID:???
>>60
この記事の虐待を受けている捕虜は女性兵か?
それともそうではないのか。。
イギリス人のことだから、どっちもあり得そうで怖い

77 :名無し三等兵:03/06/04 03:29 ID:kVg53x1x
Uボートもバルト海で訓練中に何隻かが事故で沈んでいるんだよね。

78 :60:03/06/04 03:32 ID:???
>>76

男だと思う。単なる想像だが。

ところで「トーネード・ダウン」という本、湾岸戦争で撃墜されて捕虜に
なってCNNに出たイギリスのパイロットとナビゲーターが書いた本
読んでたら、彼らはイギリスから出陣する時点ですでに捕虜になったら
レイプされるとあたりまえに想像していたようだ。イギリス人的には
確かに性別問わず捕虜レイプはありなのかもしれないね。

しかし英兵の場合、かえって女性兵士には手を出さないような
気もするなあ。

なんにしてもおっかねえ。


79 :名無し三等兵:03/06/04 03:33 ID:???
>>77
わかったから寝ろ。

80 :名無し三等兵:03/06/04 04:16 ID:???
>>29
F/A-18では無かったと思う、対策されてるから。

対策とは、F-8まではパイロットが機内の操作で主翼を展開していたが
開き忘れることが有り、地上員もパイロットが途中で開くものだと思って
放って置いたらそのまま逝ってしまうので

F/A-18からはパイロット側で開く事が出来ないようになった。

81 :無名人:03/06/04 04:38 ID:EwX1UK/p
>65
豪兵の話であったような・・・

82 :名無し三等兵:03/06/04 05:08 ID:???
>>65を見てイギリス人が嫌いになりました。
イギリス人を虐殺したいぐらいです。

83 :名無し三等兵:03/06/04 05:19 ID:???
海軍メイドさん事件萌え

84 :名無し三等兵:03/06/04 05:20 ID:???
>>65
オーストラリア兵の間違いだぞ

85 :54:03/06/04 05:35 ID:VVub/zgg
>>56.57
詳細ありがとうございます。

迫撃砲での事故の一番の原因は不発弾による、これは連続して射撃する時、
不発でも音が聞こえない為に二発目を入れてしまい、
筒内爆発を起こしてしまうからである。


86 :名無し三等兵:03/06/04 06:33 ID:f0gC6oZR
良スレ上げ

87 :名無し三等兵:03/06/04 07:15 ID:???
>>82
英国人って基本的に日本人嫌いなんだろ?
ポール・マッカートニーもオノヨーコさん嫌ってたし


88 :名無し三等兵:03/06/04 08:35 ID:???
日本兵も英国人捕虜を始末してたし、どっちもどっち。

89 :名無し三等兵:03/06/04 09:40 ID:???
>85
> 迫撃砲での事故の一番の原因は不発弾による

日本では用兵思想の差なのか台所事情を反映してなのか、不発弾を嫌う
あまり信管を過敏なくらいに鋭敏に設定する傾向にあった。

そのため、冬の北風の強い日に迫撃砲を撃ったら、風で飛ばされてきた
小枝が砲弾の信管部分に当たって、それだけのショックで空中爆発した、
という事故が時々起こったとか。

90 :名無し三等兵:03/06/04 10:27 ID:???
>>82
日本は武力を持てば他国を虐殺する。
他の国はそんなことはしないのに、そう真面目に言っていた人もいたよ。
その人に連合国の虐殺が無かったと思っているのかと聞いたいものだ

91 :無名人:03/06/04 13:28 ID:MGomroRK
>90
アーロン収容所を読むべし!
泣くしかないべし!

92 :名無し三等兵:03/06/04 13:31 ID:???
結局イギリス人(オーストラリア、カナダ含む)は海賊のなれの果てすぎず、
紳士的態度を望むべくもないということか。

93 :名無し三等兵:03/06/04 13:32 ID:???
イギリスの貴族は紳士
労働者はDQN

94 :名無し三等兵:03/06/04 13:33 ID:MGomroRK
>92
自分でやたら格式を気取るのは、
持ってない人に多いんですよね〜


95 :名無し三等兵:03/06/04 13:35 ID:???
オマエモナー

96 :名無し三等兵:03/06/04 13:35 ID:MGomroRK
>93
あのお方達は
考え方がそもそも違うので・・・
「京大・会田教授、あの本書いてくれて有難う御座います。
 私は中学にて目が覚めました(^。^)」

97 :名無し三等兵:03/06/04 14:46 ID:MGomroRK
ワレ、アオバ!
ワレ、アオバ!
味方に何さらすんじゃい!

98 :名無し三等兵:03/06/04 14:57 ID:???
イギリスが紳士を気取るのはフランク王国(現ドイツ、フランス、イタリア)とつきあう際に
無理に背伸びをしただけのようなもの。

99 :名無し三等兵:03/06/04 15:00 ID:???
魚雷艇轢逃げ

100 :名無し三等兵:03/06/04 15:03 ID:6CQ0vjIZ
>>99
天霧

101 :名無し三等兵:03/06/04 17:05 ID:???
うーんちブリブリ〜

102 :らっこさん部隊 ◆yJTSyTwGCI :03/06/04 17:35 ID:???
シブヤン海海戦のときに、武蔵が機銃員待避の命令をださずに主砲発射

103 :名無し三等兵:03/06/04 18:42 ID:cR6W9hq1
>>102
甲板にいた水兵さんはどうなったのれすか?

104 :名無し三等兵:03/06/04 19:12 ID:CmITMA7t
目撃者の話では、撃つ度に甲板から人が居なくなっていったそうです。

105 :名無し三等兵 :03/06/04 19:48 ID:???
>>90
それは違うぞ。
彼らこそとびっきりの愛国者だ。神國日本・神の民族日本人説の信奉者たちだ。
知的で精神力もあり優秀な選民である日本人だけが戦争や虐殺を起こせる能力を持つ。
ほかの劣等人種・下等民族どもは、無能すぎて戦争や虐殺をする能力などない!
戦後50年あまり、彼らは熱烈にそれを主張しているのだ。
その意気や善しと称えてやろうではないか。

106 :名無し三等兵:03/06/04 20:15 ID:QIsR81oF
欧州戦線での話し
ノルマンディー上陸に成功し
進撃を続けるアメリカ軍に予想しなかった事件がおきる
それは捕虜多数捕獲によるあるものの不足
この事態に対してアメリカの欧州派遣軍司令部は
本国政府に以下の要請を行った。


「捕虜多数捕獲。よってトイレットペーパ不足。
補給よこせ。」


アメリカ政府の回答
「他国人の臀部の衛生状態までは責任もてません。」

結局、この問題はどうやって解決したのだろうか?


107 :名無し三等兵:03/06/04 20:19 ID:c9H8phNK
縄でしごいた

108 :名無し三等兵:03/06/04 20:21 ID:???
眼鏡

109 :名無し三等兵:03/06/04 22:30 ID:???
>>104
魔の三角海域

110 :名無し三等兵:03/06/04 22:41 ID:???
その魚雷艇の艇長が部下であるはずの国防総省やCIAの連中の企てによって
ダラスでパレード中に殺されたのはキシュツですか?


111 :名無し三等兵:03/06/04 22:42 ID:???
>>100

112 :名無し三等兵:03/06/04 22:49 ID:???
>>110
落合信彦信者は落合板へ

113 :名無し三等兵 :03/06/04 23:05 ID:???
ベトナム戦争中の1969年1月14日。
ハノイ沖に向け航行中の原子力空母エンタープライズの飛行甲板上。
ロケット弾がジェット排気を浴びて暴発、爆弾を誘爆させ左舷後部の甲板に大穴。
死者28名、航空機の破損15機。

114 :名無し三等兵:03/06/04 23:50 ID:???
>>106
スレ違いだか。
現在でもトイレットペーパーが使えるのは地球人類の30%程。
当時は相当な贅沢品だったハズ。米国農村部ではトウモロコシの芯とか。
捕虜に使わせるとは流石米軍ですな。

115 :名無し三等兵:03/06/04 23:54 ID:???
>>104
増設されていた機銃の銃架が曲がるほどの衝撃波だったそうな。

それにしても武蔵の船体は今どこに。


116 :名無し三等兵:03/06/05 00:31 ID:???
素股中にティンコがマムコの中に...

117 :名無し三等兵:03/06/05 00:33 ID:???
罰金100マソ

118 :名無し三等兵:03/06/05 00:41 ID:???
>>104
それで対空要員がほとんど予備要員に変わったために、
ろくな対空射撃が出来なくて沈んだとも言われていますね。


119 :名無し三等兵:03/06/05 00:43 ID:???
なんだっけ?
ベトナム戦争、ハノイ陥落時に、南ベトナムに数機しかない
偵察機に定員オーバーなのに家族全員乗せて、
沖合いにいた米軍空母に強行着陸したツワモノがいたね。
あれもすごい事件だね。


120 :名無し三等兵:03/06/05 00:46 ID:???
陥落寸前のサイゴンに物資を運ぶ輸送機の帰りに戦災孤児を乗せて脱出させようとしたら
事故で全員あぼーん

121 :名無し三等兵:03/06/05 00:52 ID:R2U4tDcM
1942年頃にロス上空に日本軍戦闘機出現と思い対空砲火をあびせたが
実はUFOだった、ていうのもあったな。

122 :名無し三等兵:03/06/05 01:02 ID:???
沖縄大虐殺事件
 連合国は沖縄を日本本土を爆撃、兵力温存をする上での重要な戦略地点と位置づけ
 沖縄に上陸作戦を開始。
 アメリカ軍は火炎放射機や自動小銃を用いて、非戦闘人を虐殺し、米空母艦載機からの機銃掃射を
 逃れる為に避難した防空壕に対人ガスを使用した(後の報告で強力な威力を持つ複数のガスを試験的に使用していたことがわかっている)。
 アメリカはガスの使用結果を得る為に民間人が居る壕である事を知っていて使用した。
 この事実は1984年になってから明らかとなった。
 アメリカに勝てば官軍の精神は遥か昔からあったのだ。

123 :名無し三等兵:03/06/05 01:06 ID:???
比律賓でも銃の実験に日本兵を殺してるよ。

124 :名無し三等兵:03/06/05 02:34 ID:???
アメリカに勝てば、官軍

125 :名無し三等兵:03/06/05 02:51 ID:RyxZODTs
官軍とは天皇の軍隊のことだから日本軍

126 :名無し三等兵:03/06/05 02:54 ID:unKdIxFa
( ´,_ゝ`)天皇万歳

127 :名無し三等兵:03/06/05 05:39 ID:???
沖縄戦で米兵は民家に押し入って沖縄人の女性を強姦した。

128 :名無し三等兵:03/06/05 06:59 ID:???
ベトナムじゃレイプと放火の毎日だったよ

129 :名無し三等兵:03/06/05 08:52 ID:???
>>119
あれはまさに漢だ。 某イタリア以上にへたれといわれる
南ベトナム軍にもああいう行動力と度胸を持った兵がいたんだな。
しかし、結局は着艦を許した空母も今から考えるとのどかな感じだ。
今なら問答無用で撃墜かもしれん。



130 :名無し三等兵:03/06/05 09:11 ID:???
>>64
>>78
イラク兵ならともかく、日本兵相手ならやらないかもな。
英国人は、
「ブラックより醜い東洋人は嫌いだ」
というらしいし。

131 :名無し三等兵:03/06/05 12:46 ID:???
>>130
(T_T)

132 :名無し三等兵:03/06/05 12:50 ID:???
厨房くさい意見書く香具師は(・∀・)カエレ!

133 :名無し三等兵:03/06/05 13:00 ID:???
>>130
どっちみち一般的なジョンブルはDQNっつ〜こった。

134 :名無し三等兵:03/06/05 20:00 ID:???
>>133
いや、写真屋に告発されたという事は、
ジョンブルの中でも鬼畜な行為だろうさ。
これを証拠隠滅を図るようなら、
イギリス全体をけなしてもいいと思うけど、
内部から告発されたからね。


135 :名無し三等兵:03/06/06 00:20 ID:???
映画「アラビアのロレンス」ではロレンスがトルコ軍将校にヤラレちゃう
シーンがあるな。
やっぱり英軍には「捕虜=レイプ」という図式があるのかもしれんな。

136 :名無し三等兵:03/06/06 00:47 ID:RyLW1Lre
>135
英軍というより、
イスラム系にかなり捕虜の中から
男妾を取るような風習というほどではないものの
流れがあったような・・・

137 :名無し三等兵:03/06/06 00:58 ID:H/4xds+t
戦争なんだから、極限状況なんだから、普段できないことやらなきゃ損だと思って頑張ったんだろうと思う。
本当にお前は男の校門にねじ込みたいのかという自問は省略して。


138 :名無し三等兵:03/06/06 01:05 ID:H/4xds+t
で、思うのだが、もう英国はイスラム圏への出兵はできないだろ。
だって、捕まったら・・・ガクガクブルブルワクワク・・・

139 :女王様:03/06/06 01:12 ID:0NYHIDdV
この悪いチ○ポめ!

140 :紫暗号:03/06/06 12:39 ID:CP3ji+tp
特殊潜航艇のシドニー湾侵入とその後の豪海軍の
行動もある意味、戦時下という状況を考えれば事件になるな・・・

141 :名無し三等兵:03/06/06 14:16 ID:???
>>140
なんだっけ?
シドニー湾で特殊潜航艇が発見されたのは知っているけど、
その対応までは知らないです。
よかったら、教えてくださいです。



142 :名無し三等兵:03/06/06 14:40 ID:???
>141
ttp://www.sevenseas-inc.co.jp/column/main.html#C00014
この辺りでどうでしょ?

143 :名無し三等兵:03/06/06 19:18 ID:JMkFqsKL
>142
でもその豪兵が負傷した捕虜をダコタ輸送機にて後送飛行中に
出入り口を開けてポイポイしてるんだよね・・・・
かなり対応にむらがあるのは事実でしょうね。
ただ日本兵の間で最も待遇が酷かったとうわさなのは、
蘭兵だそうです。
伝聞の理由は情けないので省略

144 :名無し三等兵:03/06/06 21:24 ID:H/4xds+t
シンガポールの軍事法廷で、オランダ人何人も死刑判決、執行してるからねえ。まあ仕返しってことで。

145 :名無し上等兵:03/06/06 22:07 ID:???
戦艦陸奥の謎の爆沈
は既出?

146 :名無し三等兵:03/06/06 22:19 ID:???
>>142
サンクスです!!

>>143
そういえば、アーロン収容所の中でも、
オーストラリア兵士は教育がなってねぇって書いてありました。
門の上からションベン引っ掛けてくる、不届き者もいたとか。
反対に、カウラの収容所では、反乱が起きる前は待遇は良かった様子ですね。

ところで、それって、どこかにソースありませんかね?
読んでみたいです。

147 :名無し三等兵:03/06/06 22:22 ID:???
8 :1過激派 :03/06/06 21:01 ID:mJXdyHvE
http://great.mailux.com/file_view.php?id=UP3ED8A2CF369FF
これよ

正に鬼畜英軍の名をゲットしたな


10 :1過激派 :03/06/06 21:03 ID:mJXdyHvE
http://great.mailux.com/file_view.php?id=UP3ED8A2BE53ED3

http://great.mailux.com/file_view.php?id=UP3ED8A26457AC4

どうよ




148 :名無し三等兵:03/06/06 23:11 ID:???
>>147
変だな?男のようには見えないぞ、どれも女に見える。やらせか。

149 :名無し三等兵:03/06/06 23:31 ID:???
大和型3番艦”信濃”の進水式の時、ドックの扉船(出入口を塞いでいる扉)
に水を入れて置くのを忘れたために、ドックに水を貯めている最中に突然
扉船が外れて、信濃の船体がドック内を踊りだした。


150 :名無し三等兵:03/06/06 23:36 ID:SwInBv/v
横須賀第六ドックの艦首側の岸壁には底から3mほどの高さにだ円形の
赤いシミがこびり着いていた。

↑の事故で水流に煽られて2ー3回、信濃の船体がドック内で前後してぶつけた時の
跡だそうだ。

151 :名無し三等兵:03/06/06 23:50 ID:Z1QZGcIe
インパール作戦
無茶口閣下がいること自体事故だ

152 :名無し三等兵:03/06/07 00:27 ID:???
>>147
ん?何でデザート迷彩じゃないんだ?
まぁどっちにしろ事実だとしたら鬼畜だが・・・

153 :名無し三等兵:03/06/07 01:11 ID:???
信号無視した兵士を警官が制止したら
二人で殴り合いに発展
この一件をきっかけに軍部、警察の威信をかけた組織対立が勃発

154 :名無し三等兵:03/06/07 01:14 ID:???
>>153
「天六交差点ゴー・ストップ事件」でつな。

天神橋筋六丁目交差点のことだ。

155 :名無し三等兵:03/06/07 01:49 ID:???
ベトナム戦争中にベトナム側のトップエース撃墜でエースになったパイロットは、
その帰り道にベトナム側のSAMで機体を失った。

156 :名無し三等兵:03/06/07 02:00 ID:???
東条英機の搭乗機がドゥーリトルの爆撃隊とニアミスした。

157 :名無し三等兵:03/06/07 05:13 ID:BW9XZ14W
>146
豪兵の話は、皆さんご存知のとおりです。
蘭兵の話は、父の友人で元海軍艦爆乗りの方の実体験です。


158 :_:03/06/07 05:19 ID:???
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/jaz09.html

159 :名無し三等兵:03/06/07 05:28 ID:???
Me163のパイロットが漏れた燃料で溶けちゃいました。

160 :無名人:03/06/07 05:30 ID:BW9XZ14W
>159
たしかドイツ人の著作の和訳で読んだような・・・
コメットの本だったような気がするのですが、中学時だから・・・
よく覚えていない。かなり生々しかった覚えが。

161 :名無し上等兵:03/06/07 11:25 ID:???
硫黄島上陸戦で運悪く、日本軍の銃弾が戦車の砲塔内の砲弾に直撃。
搭乗員はゼリー状の物質に変化していたそうだ・・・

162 :名無し三等兵:03/06/07 13:05 ID:QiV20zFE
>161
銃弾がどうやって砲弾に当たったんでつぉうか?
ハッチが開いてた?


163 :名無し三等兵:03/06/07 14:14 ID:???
>>162
あれかなぁ?
76mmの砲塔の銃口から、
35mmの弾が飛び込んだ事例があったみたい。
まさにホールインワンだ。

164 :名無し三等兵:03/06/07 14:18 ID:???
>>160
座席脇を走る100%濃度の過酸化水素水用のパイプが不時着の衝撃で破断し
コクピット内に噴出。

顔面とか皮・肉の薄いとこは綺麗に白骨化していたという例のアレでつね。


165 :名無し三等兵:03/06/07 14:25 ID:???
Me262配備当初、ジェット燃料の添加剤の毒性のため多くのパイロットに健康被害が発生し
死亡者も出ている。
その防御対策としてジェット機のパイロットは黒レザーの飛行服を着るようになったとか。

166 :名無し三等兵:03/06/07 16:14 ID:UizlUyW8
何で、ジェット燃料に体に悪いような添加剤が必要なんだと小一時間

167 :名無し三等兵:03/06/07 16:47 ID:???
ジェットじゃなくてロケットだろボケカス

168 :名無し三等兵:03/06/07 17:32 ID:???
Me163ならそれ以来、パイロットは石綿入りの防火防護服着るようになったでしょ。

169 :名無し三等兵:03/06/07 17:34 ID:???
海軍メイドさん事件

170 :名無し三等兵:03/06/07 17:38 ID:???
ドイツ機って、座席下なんかに燃料タンクがあるからねぇ・・・
コメ−トなんか、胴体後部とか座席周囲にまでタンクがあるし。

171 :名無し三等兵:03/06/07 18:01 ID:???
鶴光のテレビ東京での下半身丸出し事件

172 :無名人:03/06/07 18:54 ID:g6WHSLTm
>164
それそれ・・・
やぁ懐かしい(笑)
>170氏の言うように
まさに座席周りは、防弾版のごとく燃料タンクという怖い機体でつからね、
かなり機種周りは装甲板を張り巡らしていましたが・・・・(機体形状から被弾経至は至極良さげ)
敵弾あたるたびに生きた心地しなかったろうに・・・

173 :名無し三等兵:03/06/07 19:24 ID:g6WHSLTm
>163
なるほど・・・
それならありうるかも・・・


174 :名無し三等兵:03/06/07 19:32 ID:9vDv2twK
フリン中尉(女)の職場不倫セークス事件

175 :名無し三等兵:03/06/07 20:35 ID:g6WHSLTm
>174
あんなの事件じゃない!
ゴシップ!!
このスレは{戦場で起きた〜}レス
と一応突っ込んでみる

176 :名無し三等兵:03/06/07 20:47 ID:???
イラク戦争で英国兵士のリアル801行為

177 :名無し三等兵:03/06/07 21:03 ID:???
>>173
しかし事件でも事故でもない罠

178 :名無し三等兵:03/06/07 22:25 ID:???
WW2のドイツ夜間防空戦では防空戦闘機隊から味方爆撃隊への同士討ちがかなりあった。
もともとIFFが搭載されていたのだが、英空軍が逆探知して追撃機を向けてくるため各パイロット
の判断でスイッチを切っていたのが原因。

おかげで地上の高射砲部隊からも誤射されたケースが相当あったらしい。


179 :名無し三等兵:03/06/07 22:32 ID:???
>>165
もともとMe262って鳥吸い込んだりタービンブレードの破壊がもとでいきなり墜落って事故多そう。
メチル系添加剤?

180 :名無し三等兵:03/06/07 22:36 ID:qvXWwq71
>177
ほんとだ(゚Д゚;)

181 :名無し三等兵:03/06/07 22:38 ID:qvXWwq71
>179
それはジェットすべてにいえます。
一番危険なのは地上滑走中(特に離陸時はいわずもがな)
Me262にも剣道のお面みたいなのを地上試運転用としていたやうです。

182 :名無し三等兵:03/06/07 22:42 ID:???
>>179,181
ノヴォトニーはそれが原因で撃墜されたがな

183 :名無し三等兵:03/06/07 22:56 ID:qvXWwq71
>182
いいえ、自由フランス軍のクロステルマン中尉著「撃墜王」(邦題)
によると着陸時の減速中落とされたようです。南無三
ドイツ側でもその弱点に対し、この後かそれより前から離着陸時に護衛機をつけるようにしていたはずです。



184 :182:03/06/07 23:03 ID:???
飛行中に鳥吸い込んだもんで
緊急着陸しようとしたら墜とされたんじゃなかったっけ?

185 :182:03/06/07 23:06 ID:???
もしかしたら俺の記憶違いかも知れん。
なんか似たような話があった気がするが…?


186 :名無し三等兵:03/06/07 23:20 ID:???
>>184
漏れもなんかの本で読んだが、本によってちょっとずつ違ってたな。
バードストライク説とエンジントラブル説とあったけど「故障で墜落」というのもあったぞ。

真相は本人しか知らんだろな。

187 :名無し三等兵:03/06/07 23:24 ID:???
まあ初期のものは運転寿命10時間。
ヘタなスロットル操作で失火するエンジンだったわけでナニがあっても・・・

188 :名無し三等兵:03/06/07 23:35 ID:???
Me262の爆装時は、バランスをとるために水平尾翼の取付角を俯角にセットし、
投弾後もとに戻す。

この操作は電動で機内から行うが、初期のパイロットで忘れる者がいて急降下し
投弾後、引起したまま宙返りして地面に激突する事故が同僚から目撃されている。

189 :名無し三等兵:03/06/08 00:05 ID:jFOY6QSv
海軍伝統の棒倒しで守備側の棒の一番下の香具師が
股の下に棒が引っ掛かって玉砕する事が時々あったとか・・・・

190 :名無し三等兵:03/06/08 12:45 ID:VtCbEEdq
>>188 ジェット転換前の戦闘機にはトリム付いてないと思ってるのか。
飛行機は上げ舵切ったら簡単に宙返りすると思ってるのか。


191 :名無し三等兵:03/06/08 15:55 ID:???
我に追いつくグラマンが無かった

192 :一兵士:03/06/08 17:28 ID:kHM6+tdd
>190
同感、シュミレーターやったこと無いですが
そんな感じ何ですか?
急速上昇中!!

193 :名無し三等兵:03/06/08 20:00 ID:XBWOgy/f
>>190

いや、me262の重心位置の胴体下には巨大なタイヤが鎮座していて、
爆弾は重心から離れて前に装備するしかなかった。
爆弾の投弾後に重心位置が大きく後退したんで危ない。

194 :名無し三等兵:03/06/08 22:39 ID:???
ここじゃ有名だろうが、イ-33潜水艦も事故が多かった。
2度も沈没し、2回目は急速潜航試験中に木片が吸気弁に挟まり浸水し沈底。
戦後引揚げて解体作業中、調査に訪れた元海軍技官3名も艦内でガス中毒死。

「妹よ、俺も元気だと言いたいが、もうだめだ。」
(前部発射管室内から遺体群と共に見つかった遺書束の中の一通。)



195 :名無し三等兵:03/06/09 09:28 ID:M3DkNZ3K
1945年1月1日、ドイツ空軍による、ベルギー、オランダ等の
連合軍飛行場一斉攻撃では、ドイツ国境線のドイツ軍高射
砲隊に連絡が伝わってなく、猛烈な射撃を受けたドイツ軍機
のうち何割かは、目標に到達することなく撃墜されてしまった。



196 :名無し三等兵:03/06/09 11:57 ID:???
うーんち

197 :名無し三等兵:03/06/09 18:30 ID:zIoFbbCJ
大戦中日本兵がどれだけいるかを調べるため
米軍は日本兵の残したウンコを数えて兵力の
予想をしたのだが、実際は予想の1/3しかいな
かったとか・・・・・

食物繊維を多くとる日本兵は肉食の米兵よりもウンコの量が
がおおいという日本食の優秀性を示す良い例である。









ほとんど飯食ってないのに・・・・・



198 :名無し三等兵:03/06/09 19:06 ID:???
>>197
日本兵の方がアメリカ軍よりも補給物資がたくさん必要と言うことだな。
日本軍敗北の原因は日本兵の大食らいのせい。

199 :名無し三等兵:03/06/09 19:24 ID:???
>>198
シベリヤでも現地の農民が驚いてたそうな、ヤポンスキーのクソの多さに。


ほとんど食ってないのに・・・

200 :名無し三等兵:03/06/09 19:29 ID:???
便秘で苦しい〜

201 :名無し三等兵:03/06/09 21:11 ID:zIoFbbCJ
だがヘルシーだ

202 :名無し三等兵:03/06/09 21:43 ID:???
>>190
ひさびさに痛いヤシ
爆装時の写真みたことないんか。


203 :名無し三等兵:03/06/09 22:37 ID:???
そういう話は余所でやってくれ

204 :名無し三等兵:03/06/09 23:07 ID:???
>202
だから?

205 :名無し三等兵:03/06/09 23:11 ID:CN8mceES
>>202 いっぺん航空版に書いて笑ってもらえ

206 :名無し三等兵:03/06/09 23:44 ID:???
だったら航空版いけ

207 :名無し三等兵:03/06/10 00:04 ID:Edy5jIUG
今気が付いたぞ、>188は飛行機の尾翼が普段は仰角付いてると思ってるだろ。
軍事版だけに埋もれさせておくのは惜しい、ぜひ航空版デビューをお勧めする。

208 :名無し三等兵:03/06/10 00:25 ID:???
当時のMe262パイロットの手記にその話があったな。
文庫本のシリーズモノ、だったか・・・スマソ

水平尾翼の舵面のトリムでなく、尾翼全体の角度変えているので操縦性への影響
はかなりの物かと。
まあ当時ドイツ軍にgスーツはないので引き起こしでパイロットが失神した可能性もある。

逆に巡航速度が速いので容易に急降下制限速度を超えてしまい、引き起こせないで
地面に激突するケースもあった、と。

209 :名無し三等兵:03/06/10 09:23 ID:yIYpkbPY
>208
>gスーツはないので引き起こしで・・・・・
そうでしたっけ?

210 :名無し三等兵:03/06/10 12:00 ID:???
確かにMe262とかはGスーツとか過重なGへの対策はあまりやってなかった筈
(アメリカはP51の時点で持っているが)

それ以前にエンジンの信頼性は悪いし減速するブレーキが無かったらしいので
従来機のようにお家芸の一撃離脱や急降下爆撃をかますと空中分解のおそれがあったらしい。

211 :名無し三等兵:03/06/10 12:26 ID:???
>210
データ上だが、巡航速度750km/hで最大速度869km/h。
ちょっと急降下したらすぐに遷音速だもんな。
エアブレーキ無かったんだっけ?あぶないなー

尾翼の取付角が可変なのはBf109で実績済みの構造。
大きな重心変化に対応できる仕組みである。

212 :名無し三等兵:03/06/10 12:57 ID:???
レプリカ機も脚のトラブルで機体を破損してるし。

Me262の中の人も大変だな。


213 :名無し三等兵:03/06/10 13:16 ID:???
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/7897/gosutotp.htm

214 :188:03/06/11 08:45 ID:???
>190
タブトリムでないことを説明するのに1行目と2行目を書いたのだが・・・
元から「知らない」香具師には意味なかったな。


>204>205>207
なんかいきりたってるが・・・藁) >202は漏れじゃないぞ。

現用機しか知らんのか?
タブよりスタビライザーに近いメカだぞ。

はしゃがないようにね。

215 :名無し三等兵:03/06/11 12:15 ID:5WOlg87V
スタビライザーというのは、水平尾翼の前半分、つまりエレベーターを除いた部分のことね。
近いも何も、スタビライザーだよ。

216 :名無し三等兵:03/06/11 12:29 ID:BWOT9lpl
↑あんたも間違ってるな?
スタビライザーは特定の形状や部位を表す言葉じゃない

217 :名無し三等兵:03/06/11 12:46 ID:???
>216
???????
解説キボンぬ


218 :名無し三等兵:03/06/11 12:49 ID:???
横レスだが。

水平尾翼が全体的に動くものをスタビライザーと呼ぶのよ。
戦闘機だとオールフライングテールと言ったりするが。

219 :名無し三等兵:03/06/11 13:00 ID:???
スタビライザーが
水平尾翼本体の事を言うのか
水平尾翼本体が動く物の事を言うのか
水平尾翼本体を動かす装置の事を言うのかは知らないが

10年ぐらい前に名古屋で落ちたエアバスは
自動操縦のスタビライザー>age
操縦桿操作のエレベータ>sage
の逆操作で喧嘩してage過ぎて失速であぼーん

220 :名無し三等兵:03/06/11 13:05 ID:???
航空機の発達と共に、新機能・新操舵が開発されると名称も変わるでそ?
だから用語についての議論は航空版にて。

軍版的にはメジャーな話だがF-18ってエルロンとフラップがお互いに補完
する動きをするのでフラッペロンと呼んでだりする。
あれを厳密に分けても意味ないのと一緒なのだ。

いい加減スレ違いなので一時撤退しまつです。

221 :名無し三等兵:03/06/11 13:13 ID:???
216=220はヒコーキに関する知識がロクにないことが判明した

222 :名無し三等兵:03/06/11 13:14 ID:???
多分、航空板ではペットとしてみんなに可愛がられているのであろう

223 :名無し三等兵:03/06/11 13:40 ID:eDB/hNb9
>>221-222
上げ足も取れない無知が独り言か?

224 :名無し三等兵:03/06/11 13:45 ID:???
>223
「上げ足」じゃなくて「揚げ足」ね
「上げ足」は相場用語だ罠w

225 :名無し三等兵:03/06/11 13:46 ID:???
223が最悪の厨房と決定シマスタ

226 :名無し三等兵:03/06/11 13:48 ID:???
脇から見てるとどっちもどっちだな
そろそろこのスレから出ていってくれないか

227 :ヲチャー:03/06/11 13:52 ID:???
>>226
クスクス

228 :名無し三等兵:03/06/11 14:25 ID:???
そろそろ“軍事板で起きた事件・事故”になりつつあるな。
罵倒合戦を見るのは嫌いではないが(それにより幾つかの伝説が現れた)、
そろそろ別のネタが見たい。

合戦は場所を移してくれるとウレスィ。

229 :名無し三等兵:03/06/11 14:32 ID:???
なんだっけ?
日本軍の部隊が戦線へ行く途中でそっくり消えちゃった事件

230 :名無し三等兵:03/06/11 14:38 ID:???
事件は会議室で起きているんじゃ無い。戦場で起きているんだ!

231 :紫暗号:03/06/11 16:20 ID:lKa374Dj
戦場じゃないが、「畝傍」の失踪も大事件だな

232 :_:03/06/11 16:21 ID:???
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku05.html

233 :名無し三等兵:03/06/11 18:04 ID:???
天一号作戦時に大和が、第二波攻撃を耐えている時に
砲術長が勝手に主砲発射を命じたのも事件?

234 :名無し三等兵:03/06/11 18:52 ID:???
>>231
「ムー」の航空機・艦船失踪特集を期待して読んだが・・・
畝傍が出てなかったああああああ!!!

235 :名無し三等兵:03/06/11 19:11 ID:???
春日が吉野を沈めたのもこのカテゴリーに入れて良いのかな

236 :名無し三等兵:03/06/11 19:25 ID:???
>>230
会議室も空爆されてるんだよ!

237 :名無し三等兵:03/06/12 02:04 ID:???
  |  (゚∀゚)ノキュンキュン!
 / ̄ノ( ヘヘ  ̄ ̄   

238 :名無し三等兵:03/06/12 14:44 ID:???
おそるおそるΦ(・_・;)

雷電の極初期生産型の話だが、完成後の初飛行で離陸後なぜか機首を
下げ、そのまま地面に激突する事故が2件立て続けに発生。

脚を収納するとき、尾輪の収納メカが水平舵の操縦索を押上げ、
操縦桿が勝手に前に倒れ操作不能になっていた。
3人目のパイロットが冷静だったおかげで判明。



239 :名無し三等兵:03/06/12 16:27 ID:???
>>236
むしろ爆弾抱えた敵兵が突っ込んでくるのだと思われ。

240 :名無し三等兵:03/06/12 19:23 ID:???
ミッドウェー海戦の折、発艦に失敗した機が海に突っ込む瞬間を
一人の飯炊き兵が目撃している。

241 :名無し三等兵:03/06/12 20:55 ID:???
京畿道堤岩里において、
日本兵による虐殺事件がおきた。

日本兵が行ったと確認される事件である

242 :名無し三等兵:03/06/12 20:59 ID:???
以前ギネスブックで読んだ話。
死傷者の世界一で、ワニの所に
”日本兵 ○○人”
と書いてあった。

最近の号には、このコ−ナ−は無くなったようである。

243 :名無し三等兵:03/06/13 07:31 ID:???
>>241
それソースあるの?

244 :名無し三等兵:03/06/13 07:38 ID:17FzBYM2
( ´_ゝ`)∂あぷろだあるから チョットこいや…
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

245 :名無し三等兵:03/06/13 08:33 ID:???
>>242
ニューギニアかどっかだっけ?
日本兵捕虜を川の対岸に集めといたら、翌朝喰い散らかされてたという。

246 :名無し三等兵:03/06/13 13:20 ID:???
>245
日本兵が食ったんじゃないのか?

247 :名無し三等兵:03/06/13 13:45 ID:???
>>245
かの有名な食人族に食われたのか

248 :名無し三等兵:03/06/13 19:29 ID:???
ここのウヨは日本軍による事実の虐殺事件を出されると、
すぐ話をそらして逃げようとしているなw

249 :名無し三等兵:03/06/13 19:30 ID:???
>>248
すれ違い

250 :名無し三等兵:03/06/13 19:37 ID:???
ニューギニア 昭和19年
ある部隊が夜陰にまぎれて敵陣地に肉薄 もちろん銃剣や軍刀の刀身は黒塗り
ところが突然敵機の銃撃を受け、それで気が付いた敵陣地が猛射
部隊長以下戦死多数で撤退した
ある下士官が落ち着くためタバコを吸い、それが敵機に見つかったためという

251 :名無し三等兵:03/06/13 19:40 ID:???
>>248
なんせ2ちゃんウヨだかんな。
結局、2ちゃんで知った知識だけで語ってる。
まあサヨも似たようなもんだがね。

252 :名無し三等兵:03/06/13 19:41 ID:???
喫煙者のDQNぶりが良く分かる事件ですな
タバコを非合法薬物にしる!

253 :名無し三等兵:03/06/13 20:40 ID:???
「戦場神経症並びに犯罪について」より
 (昭和13年4月 上海第一兵站病院 予備陸軍軍医中尉 早尾乕雄)

第三章 戦場に於ける犯罪に就て
     今時の事変中将兵中に頻発せる犯罪事件は其の数極めて多く其の原因につきても種々講究
     するの要を感じ命により法務部及び憲兵隊と連絡をとり調書、司法書類、被告人等につき
     調査を実施せし結果により得たる所を左に記述せんと欲す。

 (三)犯罪の種類
     官憲の取締行き届かざりし頃は放火、掠奪、殺人、窃盗、強奪、強姦等凡ゆる重犯行為思
     ふがままに行はれつつありしが取締厳となると共に放火は漸次数を滅したるを見たり。必
     要上の放火よりは遊戯的放火の少からざるを見たり。殺人行為も減少せり。姦したる後に
     是を殺したる例も其の目撃者より聞けり掠奪、強奪も見られたるも漸次減少しつつあり。
     反之奇異なる現象は休戦期間の続くと共に戦友間の傷害が目立ちて多くなり支那人強姦例
     は殆ど数を挙げ得ざるほどの多数に上り詐欺、脅迫、強奪、服飾潜用等の如き犯罪をも見
     るに至れり。犯行は次第に在留邦人にも向けらるるに至れり。
        (中略)
     在留邦人の冷淡を憤慨なす者もあれど功績赫々たる聖戦参加の将兵が如何に万死に一生を
     得たりと雖も上海に於いて「ダンス」に興じ下等なる売笑婦に戯れ或は徒に剣を抜きて人
     を傷つけ、或は拳銃を発砲して傷害し恐喝し或は無銭飲食なす等到底内地人の夢想だもせ
     ざる痛恨事なり。上海は実に日本軍人の犯罪都市と化したる観あり。南京亦是に次がんと
     する有様なり。実に日本軍人の堕落と言はざるべからず。

254 :名無し三等兵:03/06/13 20:55 ID:???
>>245-247
それは、どこかで読んだな。

何処の部隊が忘れたけど、イギリス軍が日本軍を湿地帯に追い込んだ。
湿地帯だから、防御に適していて、
イギリス軍は遠巻きにしていたのだが、
日がくれたら、日本兵の悲鳴が上がる。
どうも、負傷者の血がそこらへんいったいのワニを呼び寄せたらしい。
日本側は包囲されていて、火をたいてワニを撃退できないので
一晩中悲鳴が上がり続けたらしい。
見ているイギリス兵も夜間だから、どうしようも出来ない。
翌日、日本兵が引き払った湿地帯を見たら、
500(数は適当だと思われ)近くの日本兵の死体があったと言う。

こんな感じです。



255 :名無し三等兵:03/06/13 21:24 ID:iuGCsqX9
>>254
 悲惨だなー。
 火をたけない日本軍に、なーんも出来ない英軍。
 出来たとしても何かやったかどうかは疑問だけど。
 戦場の最大の敵は自然ですな。

256 :名無し三等兵:03/06/13 21:46 ID:???
>>248
そういうふうにウヨサヨと喚き散らす厨が沸いて出るから
みんなやりたがらないだけ。
やりたきゃ自分でスレを立てて自分でやれ

257 :名無し三等兵:03/06/13 21:52 ID:???
>>254
そういう事は事前に調べておくべきだよな。関係ないことで戦力ダウンじゃなw
米軍なんか風土病や猛獣、毒虫なども調べて対策とったらしいが。
(完璧じゃないけれどね。)

258 :名無し三等兵:03/06/13 22:37 ID:???
ワニって銃で殺せないの?

259 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/06/13 23:13 ID:1IlmEAO8
ワニに限らず、猛獣を銃で殺すのには相当な技量が必要になります。
勿論、威力もピストル程度では気休めにもなりません。

260 :名無し三等兵:03/06/13 23:24 ID:???
>>257
なんたって雑誌の付録についてた地図持って島に上陸する軍隊だからなw
わが帝国陸軍は。

261 :名無し三等兵:03/06/13 23:27 ID:???
>>260
マジで?

262 :名無し三等兵:03/06/13 23:36 ID:bbL9qj8U
>>259 嘘です。相当な技量を持った猛獣でない限り銃持った人間にはかないません。

263 :名無し三等兵:03/06/13 23:38 ID:???
動物園から逃げ出したライオンをニューナンブで撃退した警官がいたような

264 :名無し三等兵:03/06/13 23:38 ID:???
>>262
じゃあなんで日本兵が次々にやられたんですか?

265 :名無し三等兵:03/06/13 23:48 ID:???
>>264
ワニに弾使うの勿体無いから

266 :名無し三等兵:03/06/13 23:48 ID:???
>>264
襲撃時のワニは非常に俊敏です。この時のは虫類の動きをなめてはいけません。
暗視能力も向こうが上ですし、音も立てずに忍び寄ります。
おまけにワニ類の脳はは虫類で一番発達しており、一部の知的能力はほ乳類(イヌ)にも匹敵するそうです。

267 :名無し三等兵:03/06/13 23:53 ID:???
この話が元となってかの有名なSFホラー「エイリアン2」ができました。


268 :名無し三等兵:03/06/14 00:11 ID:???
>266
> おまけにワニ類の脳はは虫類で一番発達しており、一部の知的能力はほ乳類(イヌ)にも匹敵するそうです。

赤血球の性能もよくて、ヘモグロビンの構造が違うので、哺乳類と比べると吸
収した酸素を目一杯まで使い切れる。長時間の潜水に適応した結果らしいん
だけど、副作用として瞬発力の向上にも役立っているらしい。

さらに、爬虫類の心臓は基本的に左右の心室の分離が不完全で、肺から来た
酸素の多い血液が酸素の少ない血液と混ざってしまうんだけど、ワニは完全な
心室分離の一歩手前にまで来ているんだとか。

269 :名無し三等兵:03/06/14 00:32 ID:???
なんかスレの流れがワニ最強

270 :名無し三等兵:03/06/14 00:47 ID:???
>>242
サメの所はインディアナポリスのアメリカ兵?

271 :名無し三等兵:03/06/14 01:37 ID:???
【質問板専用】言い合い罵り合いスレPart3
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053829602/

言い争いはこちらでどうぞ。

272 :名無し三等兵:03/06/14 03:19 ID:???
>>264
多分、一番の原因は火が焚けなかったから。
火を焚いて、相手が来ることが予測できれば、
人間の方が確実に強いです。
ただし、火を焚いたとたんに、今度は敵軍から攻撃を受ける。
だから、焚けない。
銃だって、暗闇で狙いがつけられなければ、
持っていないのと一緒だしね。
あと、包囲側がうまく追い込んだんだと思う。
多分、湿地の出口を全部塞いでいたんだろうね。


273 :名無し三等兵:03/06/14 04:19 ID:???
>>14
写真みっけた
http://www.navsource.org/archives/02/025915.jpg
http://www.navsource.org/archives/02/59.htm

274 :名無し三等兵:03/06/14 04:33 ID:???
水木しげるの戦場まんがにもワニを取って食べようとさばいたら
腹の中から日本兵の靴が出てきて・・・というシーンが。

そんな戦死はいやだなぁ

275 :名無し三等兵:03/06/15 00:15 ID:???
階級章は外してあったが、陸軍大将の軍服を着ていたおっさんを憲兵が連行。
憲兵「その軍服どっから手にいれたんや」
おっさん「兄貴にもろたんや」
憲兵「兄貴てだれや」
おっさん「東条英機や」
憲兵「へへーー」
なんて事が有ったそうです。

276 : ◆JbuSmZXF6E :03/06/15 00:18 ID:???
復員してきた鹿児島連隊を乗せた列車が肥薩線のトンネル内勾配を登りき
れずあぼーん

277 :名無し三等兵:03/06/16 01:52 ID:ZwyE5dCY
>>276
勾配登りきれないくらいでなぜあぼーん?
一酸化炭素中毒〜?

278 :名無し三等兵:03/06/16 02:02 ID:???
なんでだろう気になる

279 :名無し三等兵:03/06/16 03:59 ID:???
脱線かな?


280 :名無し三等兵:03/06/16 04:24 ID:???
真幸駅から2番目の山の神第2トンネルではSLが立ち往生して、
復員軍人達が煙に巻かれて、トンネル外に向けて避難中に
列車がバックしてしまって多数の人が轢死してしまったらしい。

281 :名無し三等兵:03/06/16 04:45 ID:Jr2xSkBc
昭和40年、ベトナム戦争中に沖縄喜界島沖で演習中の空母タイコンデロガ
からB43水爆(1メガトン級)を搭載したFAEが誤ってポッチャン!と
転落しそのまま水中に没した。
当時わが国は非核3原則を唱えていたため、もちろん事故などなかったことに
された。

282 :名無し三等兵:03/06/16 04:47 ID:Jr2xSkBc
FAE X
F4E ○

もちろん水爆は沖縄の海に今も沈んだままである。

283 :_:03/06/16 04:49 ID:???
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

284 :名無し三等兵:03/06/16 05:45 ID:???
>>281A4攻撃機の間違いでは?

285 :名無し三等兵:03/06/16 06:47 ID:???
>>281
ネタでしょ?

286 :名無し三等兵:03/06/16 07:04 ID:???
水爆積んで落っこちたB52の話はキシュツでしか?

287 :名無し三等兵:03/06/16 07:06 ID:???
>>285
水爆が沈んでるのは事実だよ。

288 :名無し三等兵:03/06/16 07:08 ID:sSauPr/Y
>>285 ずーっと前に、新聞報道されてたよ。

289 :名無し三等兵:03/06/16 07:08 ID:???
A4スカイホークの間違いだね。>281
でも事故は本当。
D.ウエブスター中尉が水爆もろとも海に沈んで放ったらかし。

290 :名無し三等兵:03/06/16 07:49 ID:LzKxDSxH
>277
確か大畑越えでの事故だったかな。
連続上り勾配+急曲線+低質の石炭+重量列車だから、出力不足に重ねて空転を起こした結果立ち往生しちまうわけで。
ちなみにそんな状況下でのキャブ温度は50゚cを超えるそうな。


291 :名無し三等兵:03/06/16 07:51 ID:???
汽車の中の人も大変だな

292 :名無し三等兵:03/06/16 09:36 ID:???
中国での日本陸軍の話。

この日日本陸軍歩兵部隊は大規模な中国軍と突如遭遇し戦闘。
日本陸軍歩兵部隊は増派部隊として後方から前線へ向かう途中で十分な武器弾薬が無かった為、森に逃げた。
その夜前線に向かう為に行軍を開始。
敵に気づかれないように慎重に歩を進めた。

1km程行った時前に歩兵部隊が同じ方向に歩を進めていた。
その日本陸軍増派部隊は先発した増派部隊だと思い後ろにぴったりと張り付いて歩を進めていた。

500m程進んだ時、先発部隊だと思っていた歩兵部隊から中国語の話し声が聞こえた。
そう。前を歩いていたのは前線の日本軍を攻撃する為に歩を進めていた中国軍だった。
日本陸軍増派部隊は気づかれないように間隔を空けて交戦を避けて森に退避したそうだ。

293 :277:03/06/16 11:06 ID:SDQkuPoo
>>290
thanks
人じゃなくて汽車があぼーんしたのね

294 :名無し三等兵:03/06/16 11:13 ID:???
A4EじゃなくてCだったと思ふ>水没事故
マーサの本ではそう書いてあった


295 :名無し三等兵:03/06/16 12:31 ID:en/TZnMM
終戦時に停戦交渉団の乗った、航空機が落ちなかった?

296 :名無し三等兵:03/06/16 12:32 ID:???
少なくとも2機は落ちたはず

297 :名無し三等兵:03/06/16 12:46 ID:OMQCB9os
オーストラリアの将兵は、就寝時にパジャマを着る習慣?がある。
第一次ソロモン海戦で撃沈された彼らは、パジャマのまま水漬く屍に・・・
*****
戦争末期、フィリピン辺りの原住民達は、日本の軍政に反感を持っていた。
捷一号作戦時、撃沈された日本将兵が命からがら泳いで島に上陸すると、
憎しみも露に「ハポン」と連呼する原住民達が蛮刀を持って襲い掛かった。
数時間後、軒先に吊るされているのは・・・

298 :名無し三等兵:03/06/16 12:53 ID:???
バポナ

299 :名無し三等兵:03/06/16 19:40 ID:MqGYAxOD
実戦中以外なら核兵器を積んだ飛行機が墜落したりエンジントラブルか何かが起きたせいで
重量を減らすために核爆弾を空中投棄したりといろいろあるらしい。

原子力空母と巡洋艦が衝突したというのもなかった?

テレビで見たけど、カタパルトに取り付けられたA−6かEA−6がデッキクルーが近くにいるのを
知らずにエンジンの出力を上げた瞬間にエアインテイクに吸い込まれたというのもあった。
大人一人が、まるで掃除機でゴミを吸い込むかのように吸い込まれていった。

300 :ごっぐ ◆2aCs6PCFec :03/06/16 19:53 ID:???
>>299
>大人一人が、まるで掃除機でゴミを吸い込むかのように
確かに異常にあっけなかったな。
この一件に関して言えば、吸い込まれた人はインテークダクト内の継ぎ目か
何かに服が引っかかったとかで、エンジン寸前で体が止まって助かったと。

301 :名無し三等兵:03/06/16 19:59 ID:???
>>299-300
怖ぇえ〜
自分がそんな目にあったらと思ったら背筋に氷河ができちまったぞ。

302 :名無し三等兵:03/06/16 20:07 ID:Y4pWJ8E8
タービンブレードが頭すれすれの所で回ってたらしいな。

303 :名無し三等兵:03/06/16 20:10 ID:???
もうトラウマになってジェット機の近くによれないだろうな

304 :名無し三等兵:03/06/16 20:19 ID:???
>>303
それどころか、まともな生活すら送れない気がする・・・。
一生フラッシュバックに悩まされそうだ。

305 :名無し三等兵:03/06/16 20:32 ID:cALdOnIh
インテークに網を付ける
インテークより大きいヘルメット着用


306 :名無し三等兵:03/06/16 20:37 ID:XOEVoNzR
Mig25のインテーク内部のエンジン直前には逆さまのクリスマスツリーが設置さえていた(本当)

307 :名無し三等兵:03/06/16 20:58 ID:???
>>301
たまにテレビの面白事故なんかでやっているよ。
スポッて入って、もがいていて、
「うわっ!?平気なのか!?」と心配したら、
仲間にひきずり出されていました。

「ああ、ああいう状態でも平気なのか」と思っていたら、
たまたまその人が運がよかっただけなのね。

308 :名無し三等兵:03/06/16 21:13 ID:???
普通はタービンブレードで粉々にされるしエンジンも破損するが
この時はどちらも無事だったらしいね。

309 :名無し三等兵:03/06/16 22:04 ID:MqGYAxOD
タービンブレードが粉砕されたらおそらくエンジンも破壊されるだろうけど、燃料を満載したA−6orEA−6が
狭い甲板上で爆発したら確実に他の艦載機も破壊してるだろうな。
JBDがあるとしてもその直後の発艦待ちの艦載機もエンジンが始動しているだろうからそこに破片が飛び込んで
さらにエンジン破損、爆発と…
甲板上には多数のクルーがいるし、いくらくらいの損害になるかな

310 :名無し三等兵:03/06/16 23:04 ID:D4D5JVPh
test

311 :名無し三等兵:03/06/16 23:20 ID:???
確かに空母の甲板上で火事が起きたらシャレにならんわな

312 :名無し三等兵:03/06/16 23:24 ID:???
毎日の記者、特赦決定か。
1年半なんだから素直に入ってたほうが株が上がると思うんだけどな。

313 :名無し三等兵:03/06/16 23:27 ID:???
あの記者がすこしかわいそうになってきた
鉄面皮じゃない限りもうあと5年は日本で暮らせないじゃん
親御さんもかわいそうだな

314 :名無し三等兵 :03/06/16 23:31 ID:???
おかげで反クラスター爆弾キャンペーンも腰砕け。
改良型よりも不発弾率の高い旧型が今後もアメのいい加減な目標選定の元で使われ続ける悪寒。
軽率と特権意識のツケは高いな。
支払うのはネオコン戦略に狙われたどこかの国の罪無き一般人だが。


315 :名無し三等兵:03/06/16 23:33 ID:???
>>313
かわいそうも何も、人間一人死んでるし。
親はたしかにかわいそうだが…

316 :名無し三等兵:03/06/16 23:48 ID:MqGYAxOD
B−19か何かが機体を損傷したか何かで車輪が出なくなり胴体着陸することになったので、ボール状のぶら下がっている後部銃座を空中投棄しようとしたら
取り外すための工具を積み忘れていた。それで空中給油みたいな感じで工具箱にひもを付けて空中で工具を渡したらしい。
結果は無事胴体着陸成功。

また艦載機ネタになるけど、F−14が嵐の中着艦に失敗、キティホーク?の甲板にたたきつけられたというのも見たことがある

317 :名無し三等兵:03/06/17 00:29 ID:4rUn/m7e
>>277
ちなみに、トンネル内での鉄道事故については以下のようなpageもあります。
http://hokuso.com/minwa/html-minwa-07.html

鉄道ではありませんが、アフガン戦時、ソ連の自動車化狙撃兵連隊が長大な
ハイウェイトンネル内を移動中、車両接触事故を起こして停止したことがあります。
縦隊はゲリラの待ち伏せ攻撃を警戒してエンジンをかけたまま待機していたのですが、
トンネルの換気装置が壊れていたので多くの兵員が対ABC装備車両のハッチを開けたまま
気づかぬうちに一酸化炭素中毒に倒れたという話を読んだことがあります。

318 : ◆JbuSmZXF6E :03/06/17 00:44 ID:???
鉄道事故ネタなら成東駅で火薬貨車が大爆発、避難誘導が迅速だったため
住民は逃げられたが職員と将兵が殉職した、というのがある。


319 :名無し三等兵:03/06/17 01:42 ID:edvD1gdg
>317 あのな、ソ連のBTR みんなディーゼルな。

320 :名無し三等兵:03/06/17 01:49 ID:???
>>299
 1975年11月22日、米海軍空母JFケネディと巡洋艦ベルナップが衝突。
 ベルナップは炎上し、軽量化のためのアルミ製構造が仇となって上部構造を
全焼した。

 以後米海軍は軍艦にアルミを使用ことを控えるように。


 

321 :320:03/06/17 01:53 ID:???
 おっと途中で送ってしまった、失礼。

 以後米海軍は軍艦にアルミを使用することを控えるように。

 貴方の言っているのはこれのことだと思うけど、ケネディは通常動力空母だから原子力空母じゃないね。

322 :名無し三等兵:03/06/17 02:30 ID:NF0OeCiy
>>299,300 その映像Winnyで入手しました。
ホントにあれで助かったんですか?

323 :名無し三等兵:03/06/17 02:38 ID:???
>>322
タービンブレードぎりぎりで引っ掛かって止まったんだよ
エンジンが火を吹いたのは、吸気不足でのアフターバーンの為
気付いた別の整備員がパイロットに知らせてすぐにエンジンを止めさせてる。


324 :名無し三等兵:03/06/17 02:45 ID:OZ8+D464
ディスカバリーチャンネルで見た光景。
洋上で訓練中のA6でトラブルから副操縦士が射出したが、シートが完全に外へ飛び出さず、
その副操縦士は上半身をキャノピーから突き出した状態で引っ掛かってしまった。
結局その状態のまま空母へ無事着艦。
簡単に言うとA6で箱乗りの状態で飛行し、空母へ着艦と言うことだな。

325 :名無し三等兵:03/06/17 04:51 ID:7efvisE3
大砲の砲身が詰まってて、撃ったら装薬口が吹っ飛んで
全員顔が真っ黒になったとかコントみたいな事故はないのかね?

326 :名無し三等兵:03/06/17 04:54 ID:???
大砲の事故は多々あるだろうけど、全員顔が真っ黒になっただけでは
済んでいないのもたくさんあるだろな

327 :名無し三等兵:03/06/17 06:28 ID:???
>>324
A-6だから副操縦士じゃなくてB/N(爆撃・航法士)だね。
しかしB/Nでよかったねー!パイロットだったらお終いだったろうに。

328 :名無し三等兵:03/06/17 12:27 ID:???
>>306
クリスマスツリーではなくて「ブラインド状構造物」であるw

329 :名無し三等兵:03/06/17 18:37 ID:???
>>325
ラバウルの高射砲部隊で全員の頭が吹き飛んだという話なら。

330 :名無し三等兵:03/06/17 18:45 ID:???
>>319
調べてから発言する事をお勧めします

>アフガニスタン戦線では、ガソリン燃料が簡単に引火・爆発するという欠点が露呈され、
>将兵からBTR-60PBともども、「コレースヌィ・グロブ(車輪付き墓標)」と有り難くない仇名を頂戴してしまった。

BTR-60装甲兵員輸送車
エンジン:  GAZ-49B 直列6気筒液冷ガソリン×2
ttp://combat1.hp.infoseek.co.jp/BTR-60.htm

BTR-70装甲兵員輸送車
エンジン:  GAZ-49B 直列6気筒液冷ガソリン×2
ttp://combat1.hp.infoseek.co.jp/BTR-70.htm


>BTR-70装甲兵員輸送車からの主な改良点は、まずエンジンが、従来のガソリン・エンジン2基搭載という方式から、
>ディーゼル・エンジン1基式(260hpのKAMAZ-7403、または240hpのYaMZ-238M2)に改められたのが大きい。
>これによって、生産性・整備性の向上、安全性の向上(ディーゼル燃料はガソリンより燃え難い)、燃費の向上などが実現した。

BTR-80装甲兵員輸送車
エンジン:  KAMAZ-7403 4ストロークV型8気筒液冷ディーゼル
ttp://combat1.hp.infoseek.co.jp/BTR-80.htm

BTR-90装甲兵員輸送車
エンジン:  4ストロークV型10気筒液冷ディーゼル
ttp://combat1.hp.infoseek.co.jp/BTR-90.htm

331 :名無し三等兵:03/06/17 18:53 ID:???
シブヤン海で、武蔵の一番主砲の砲口から機銃弾(弾片?)が飛び込み、三式弾が誘爆、俯仰操作が不能になったそうです。

332 :名無し三等兵:03/06/17 18:54 ID:???
ビルマでは捕獲P-40で防空戦闘隊が編成されていた
ところが勘違いで、爆撃の帰りだった97重爆の指揮官機を撃墜してしまった


333 :名無し三等兵:03/06/17 20:53 ID:NF0OeCiy
大戦終結後の話だけど...
アイゼンハワー将軍がジューコフ将軍に地雷原を突破するにはどうするか尋ねた。
 ジューコフの答え 兵士に踏ませればいいんですよ...

NHKでノモンハン事件の特集を何年か前にやってた
元日本兵の証言 ソ連の軍隊は恐ろしいですよ、戦車兵が戦車に乗り込んだら、
ハッチに外側から鍵をかけて逃げられないようにしているんですよ...
 これはジューコフが、一回目のノモンハン事件で敵前逃亡が多かったための処置だそうです。
 

334 :名無し三等兵:03/06/17 21:00 ID:???
ドイツ軍はイスラム義勇兵の師団を編成したがドイツ人軍事顧問の度重なる
イスラム兵への虐待から反乱が起き軍事顧問6名が撲殺される事件が発生し
イスラム師団はヒトラー直々の命令により解散された。

335 :名無し三等兵:03/06/17 21:11 ID:???
>>147
そのサイバチ画像はどうもヤラセくさい。


336 :名無し三等兵:03/06/17 21:18 ID:???
>>313
ゴメン、その事件のソースを探しているのですが、
探し方が悪いのか見つからないので、
教えていただけますか?

日本にいないもので、ニュースがネットからしか入らないもので・・・。


337 :名無し三等兵:03/06/17 21:22 ID:???
>>317
>気づかぬうちに一酸化炭素中毒に倒れたという話を読んだことがあります。

これ、本当に気がつかないうちにスーと行くみたい。
ニュースにもなった事件だけど、ある地下のある整備工場が完成した初日、
整備士が換気装置の使い方を知らなくて、皆で倒れてしまった。
ちょうど、営業が降りてきて大事にならなかったけど、
整備士一同は一日入院しました。
が、事故が起こった日がちょうど土曜日。
日曜に一日入院で、月曜から仕事。
「俺達の休みがー!!」と嘆いておりましたです。
これ、ホントの話でやんす。

338 :名無し三等兵:03/06/17 21:35 ID:???
>>337
それは二酸化炭素中毒では……?

339 :名無し三等兵:03/06/17 21:39 ID:???
それは酸欠でつ。

340 :名無し三等兵:03/06/17 21:50 ID:???
>>338,339
言われてみれば・・・。


341 :名無し三等兵:03/06/18 00:20 ID:???
息止めて苦しくなるのは、酸素が足りないからじゃなくて二酸化炭素が増えたから。

一酸化炭素中毒は、一酸化炭素がヘモグロビンと結合し、酸素を細胞に運べなくなる中毒だけど、
二酸化炭素は血液そのものに溶けて運ばれるから、息苦しさは感じない。
だから、息苦しさを感じないまま意識を無くすのは、二酸化炭素中毒でなく
一酸化炭素中毒or酸欠だそうでふ。

342 :名無し三等兵:03/06/18 14:52 ID:???
>341
おーい、一酸化炭素中毒も相当に苦しいぞ


343 :名無し三等兵:03/06/18 15:41 ID:???
>>342
いや、失敗すると苦しいですが、
落ちるときはそのままスーなので、ぜんぜん苦しまないそうです。
ストーブ事故で亡くなった生徒がまったく苦しんだ様子が無かったのが
唯一の救いだったと体育の先生が言っていました。


344 :名無し三等兵:03/06/18 19:32 ID:5CnBzMeA
七輪中毒で逝きかけた人が言ってた。
自分の足が七輪の上に乗って、焼き肉状態になってるのが匂いから音から全部わかってるのにフーンなんだってさ。
その人義足だし。

345 :名無し三等兵:03/06/18 19:35 ID:???
一酸化炭素中毒って氏に切れないと悲惨だよな
脳細胞破壊で植物状態 意識があっても白痴状態
残された家族の苦労も・・・

346 :名無し三等兵:03/06/18 19:35 ID:l631mFa4
爆弾完全マニュアル
http://mgfai.tripod.co.jp/
花火で爆弾から1000円でつくる時限発火装置?
一万円で家数軒バラバラ、日用品のみで作る驚異の爆薬、仕掛け方の解説も?・・・
黒色火薬なんて目じゃない。今もっとも熱いサイト!!
爆弾の作り方、爆弾製造法、時限爆弾の作り方の恐怖をあなたに教えます。


347 :名無し三等兵:03/06/19 00:26 ID:ZzDvn5F8
↑ 何でこのスレ来たの? 社会に不満ないぜ。

348 :名無し三等兵:03/06/19 06:00 ID:???
海軍乙事件……あれも「事件」なのかな。

349 :名無し三等兵:03/06/19 07:16 ID:9j6WTgZu
アメリカって太平洋戦争が始まる前に、日本から殺虫剤の原料になる除虫菊を
買えるだけ買いまくったそうだ。戦争が始まって南方戦線で日本軍は殺虫剤が不足し
マラリア蚊を駆除できずに多くの兵士を失うことになった。



350 :せいら・ます・おおやま :03/06/19 07:36 ID:???
>>346
まず、日本語をしっかり勉強しましょう。
>花火で爆弾から1000円でつくる時限発火装置?
何が言いたいのかわからん。

351 :名無し三等兵:03/06/19 16:46 ID:sM41WRfm
>346
どこの厨だ(^-^;
内容メタメタやで
ぎゃはは _(_ _)ノ彡☆ばんばん!

352 :名無し三等兵:03/06/19 18:23 ID:???
>>349
まさか、アメリカが買い占めたからなんて思ってないよね。
まさかね。

353 :名無し三等兵:03/06/19 19:16 ID:???
>>349
殺虫剤DDTの成分と除虫菊は関係無いでしょ。

354 :名無し三等兵:03/06/20 08:59 ID:???
>>349
その話は漏れもなんかで読んだな。


355 :名無し三等兵:03/06/20 23:49 ID:???
>>346
簡単に製作できる爆弾は暴発しやすい、ということを知らなければ、
爆弾作りは難しい。


356 :名無し三等兵:03/06/20 23:56 ID:psbGnOty
太平洋のどこかの島で、日本軍が撤退したとも知らず
挟撃をもくろんで2方向から上陸した米軍が、2日ほど
同士討ちになって、100名くらい死傷者が出たって話を
なにかの本で読んだ。



357 :名無し三等兵:03/06/21 00:03 ID:???
>>356
かの有名なキスカ島の話

358 :名無し三等兵:03/06/21 00:06 ID:???
>>353
蚊取り線香の原料はDDTじゃなくて除虫菊でふ。

359 :名無し三等兵:03/06/21 00:30 ID:???
>>355
346も言ってるじゃん
「作り方をあなたに教えます。」じゃなくて
「作り方の恐怖をあなたに教えます。」って。(w

360 :355:03/06/21 00:33 ID:???
>>359
あっ、本当だ!


361 :名無し三等兵:03/06/22 16:23 ID:p/qT3cOe
昭和19年の中国大陸で第27師団が大雨の中夜間行軍中に溺死者が
大量に出た話は、もう既出?

362 :名無し三等兵:03/06/22 21:31 ID:hz5F0OVW
太平洋戦争中、日本が学徒動員を行ったのは学生が軍に志願したがらなかったのが主な要因。
アメリカはそんなことしなくても学生は進んで志願したそうだ。
このことからも、アメリカ人のほうが好戦的なことがわかる。


363 :名無し三等兵:03/06/22 21:35 ID:???
日本は満州事変からずっと戦争しっぱなしだからな。
生活もアメリカより余裕が無いし、国民もだいぶ戦争に疲れてた。志願兵が少ないのは国民性だけが理由じゃない。

364 :名無し三等兵:03/06/22 22:47 ID:???
>>361
大雨の泥濘の中で装備が川に流されて、それに食い止めようとして兵士も・・・
菊の紋章付きの小銃を失い叱責されるのを恐れた新兵が重装備そのままで多数溺死。

365 :名無し三等兵:03/06/22 23:13 ID:???
良スレ

366 :名無し三等兵:03/06/23 00:23 ID:???
有名だけど北アフリカ戦線でドイツ兵が大雨の後の鉄砲水で溺死。

367 :名無し三等兵:03/06/23 00:35 ID:THN4F6iq
ワジにキャンプでもしていたのですか?

368 :名無し三等兵:03/06/23 00:43 ID:???
>>361,364
いや、それは見たこと無いです。
詳しい情報があるならば、知りたいです。


369 :名無しさん2号 ◆sHaXf13KcI :03/06/27 17:58 ID:aFznTWh4
ガイシュツかも知れないけど…
フランス戦でイギリス軍捕虜98名(負傷者含む)が第2髑髏連隊の中隊長クノッホ
ラインの命令で機関銃や拳銃で銃殺された。


370 :名無し三等兵:03/06/27 18:37 ID:???
どっちかってーと『信じられないが、本当だ』向けのネタかも。

太平洋戦争開戦前夜。
政府の方針により南進する事になった旧陸軍だが、ずっと北進ばかり考えていたので南方の
地図など陸軍の何処を探してもありゃしない。慌てた陸軍は四方を探させた末、ようやく民間の
小さな地図屋が持ってた2枚の南方地図を手に入れ、やっきになって複製し各部隊に配布した。

しかし恐ろしい事にその地図には、道が書いて無ければ川も森も無い。標高が書いてあるだけの
「白地図」だったのだ。そして開戦と共に南方に上陸した陸軍将兵が最初に行った仕事は、戦闘
でも行軍でもなく白地図を埋める作業だったと云う・・・

371 :名無し三等兵:03/06/27 20:34 ID:/3M/cwyO
はっきり覚えてないけど、昔ソ連のどこかの島でロシア人の少年が
全身大やけどを負い日本政府に救助要請が来たため超法規的措置で
海上保安庁の航空機で迎えに行ったときに渡されたのが白地図だった
ような気がする。何かと勘違いしてるかもしれないので詳しい人
フォロー頼みます。

372 :名無し三等兵:03/06/27 20:47 ID:???
民主化されたロシアだが、今でも地図が手に入らない。
これは入ることは入るが、モノが無い。
何しろ、ロシア国産のものはなかなか流通しないのだ!!
信じられないが、本当だ!!


373 :名無し三等兵:03/06/27 21:58 ID:???
>371
地図の話は初耳ですが、事件自体はコンスタンチン君ですかな?
ttp://www.nhk.or.jp/projectx/encore18/

374 :名無し三等兵:03/06/27 22:06 ID:???
>>299
おれもそのTV見た。
で当時、横須賀のベースに勤務してたからKITTYの乗員にその話をしてみた。
そしたら同じような事故が多いからA−6のあだ名は、
「マンイーター」なんだって言ってた。

375 :名無し三等兵:03/06/27 23:24 ID:/3M/cwyO
>373
それだ
ただ白地図の話はこの事件かよど号のハイジャックか単なる勘違いか

376 :名無し三等兵:03/06/27 23:26 ID:???
バグダッド周辺で米軍襲撃相次ぐ、2人死亡10人負傷
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20030627i214.htm

377 :名無し三等兵:03/06/27 23:49 ID:Cklig/VW
自衛隊の戦闘処女が終わるのももうすぐですな

378 :名無し三等兵:03/06/28 00:01 ID:???
>>370
もとは海図(従って沿海図)なんですな。
あとは簡単な測量で、目立つ山やおおまかな地形が書かれているだけ。
ガダルカナルもそうだったようです。

379 :名無し三等兵:03/06/28 01:30 ID:???
>>374
> 「マンイーター」なんだって言ってた。
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

380 :名無し三等兵:03/06/28 02:56 ID:M3x16SM0
>375
よど号ではたしかにひどい地図を犯人側から渡されたと機長が証言していたはずですね

381 :名無し三等兵:03/06/28 03:25 ID:???
白地図の話は大正時代のシベリア出兵でのエピソードだと思ったが。

382 :名無し三等兵:03/06/28 11:45 ID:???
白地図ではないけど、ノルウェー侵攻のときドイツ軍にはまともな北欧地域の
地図がなくって、結局旅行用の地図で作戦の立案とかを行ったそうですな。

383 :名無し三等兵:03/06/28 14:06 ID:???
バトル・オブ・ブリテン末期に行われたイタリア軍による英本土空爆。
イタリア軍にとっては大真面目な作戦行動であったが、英民間人には
珍事件扱いにされた。

まあ、スピットvsメッサー等の激しいせめぎ合いが連日繰り返されて
いたところに、いきなり複葉戦闘機が出現したのだから無理もないか…

384 :名無し三等兵:03/06/28 22:52 ID:YocSW4Ve
>382
ソ・芬戦争の際のソビエトも同じく

>383
複葉機?しらなんだ・・・ファルゴーレクラスだと思っていた(^-^;
詳しい話キボン


385 :名無し三等兵:03/06/28 23:06 ID:???
>>382
でも、英軍にも
ソードフィッシュが…

386 :385:03/06/28 23:08 ID:???
↑スマソ
383への書きこでした。
吊ってきます。

387 :名無し三等兵:03/06/28 23:08 ID:???
>>384
ソ連軍がフィンランド侵攻をかなり以前から慎重に準備していたという最も重要な証拠は
1940年の1月にスオムッサルミ付近の戦闘で捕獲された文章にあった。
このソ連労農赤軍第5幹部会が1939年にモスクワで発行した文書は2枚の地図を含む198ページ
からなる本で(中略)
この文章は、ソ連国境からフィンランドに侵入する33のルートを始めとして、
そこからフィンランド国内の主要都市に伸びる道路の状況を、道幅、舗装状況、迂回路、
支道、傾斜、カーブ、途中に架かる橋、橋の架かる川の幅の項目に分けて写真入で克明に記載している。

梅本弘 雪中の奇跡より

388 :名無し三等兵:03/06/28 23:27 ID:ePMxvUbJ
>387
あの本は良いですね。
ただやや誇張が多いような気もする・・・
ただソの準備もずいぶんと偏りがあったようですね。

そういえば、結構あの本の中にこのスレ向きの話ありませんでしたっけ?

389 :名無し三等兵:03/06/28 23:28 ID:???
冬戦争の話の場合ソ連側でおきた事件と事故が多すぎる罠。

390 :名無し三等兵:03/06/28 23:44 ID:???
>>384
バトル・オブ・ブリテン末期に登場したイタリア空軍の飛行隊は複葉戦闘機CR42を装備。
二回ほど英本土上空に出現している。
「アドバンスド大戦略」のバトル・オブ・ブリテンシナリオにも登場するが、何に使ったらいいんだが
正直困るシロモノだったな・・

391 :名無し三等兵:03/06/28 23:45 ID:???
>>390
地上勤務&放置プレイ

392 :名無し三等兵:03/06/29 00:01 ID:l0+cROOP
どっちかっていうとマンイーターはA7だな。しかもシャークティース描いてあったりして。

393 :名無し三等兵:03/06/29 00:28 ID:???
>>388
インパクトがあるのはパッとは思いつきませんが、どんなのですか?

394 :名無し三等兵:03/06/29 06:00 ID:???
フィンランド軍の野戦キッチンを捕獲したソ連軍狙撃兵部隊、久しぶりの
暖かい食事に我を忘れてがっつき、フィンランド軍スキー兵の急襲を受け
ソーセージをくわえたまま次々ご臨終・・・とか

捕獲したソ連軍信号旗を持ってソ連補給車両でごった返す林道へ進出、
鮮やかな交通整理をもって補給部隊をフィンランド軍陣地にご案内したフィンランド兵とか

モッティでの勝利もある意味事故とも言うべき大戦果ですが、
独ソ戦初期の包囲戦などと比べると若干かすむかも



395 :名無し三等兵:03/06/29 10:45 ID:???
>>384
ttp://www.dalnet.se/~surfcity/falco_bob.htm
ドイツ空軍ですら損失の大きさから昼間爆撃はあきらめてた時期に、この装備で
のこのこと昼間爆撃に出ていったと…

>>385
まあ、ソードフィッシュは雷撃機だし(w


396 :名無し三等兵:03/06/29 13:13 ID:???
>394
そのわずか数年後の独ソ戦での最初の冬。
冬季攻勢をしかけたソ連兵がドイツ軍の貯蔵基地を占領。そこに山のように貯蔵
されていたヨーロッパ物の酒を飲み尽くし、へべれけになった所をドイツ軍の反撃
を受け全滅。パウル・カレルの書にも出てくる有名な話。

懲りてないと云いますか。

397 :名無し三等兵:03/06/29 20:47 ID:???
>>394
 食い物のウラミはコワイ(笑

398 :名無し三等兵:03/06/29 22:34 ID:IL3gJimV
飢えてますからね。
みなさん・・・(^-^;

399 :名無し三等兵:03/06/30 01:01 ID:???
福島正則と加藤清正が戦場へ出るときお寧は勝手口に二人を呼んで
「戦にいったら食べるものも食べられなくなりますから今のうちに
食べられるだけ食べていきなさい」と言って自ら握り飯を作って、
腹一杯食べさせたという

400 :名無し三等兵:03/06/30 01:58 ID:???
>>399
良い話ですな。
良い奥さんだったみたいですね。
最後まで家康と、秀頼の仲を取り持っていますしね。


401 :名無し三等兵:03/06/30 20:17 ID:E0fs6Tnn
>396
 おんなじことを第一次大戦時シャンパーニュでドイツ軍がやらかしたという話も・・・

402 :名無し三等兵:03/06/30 20:48 ID:???
>>401
アルデンヌ攻勢の時に米軍の遺棄車両から大量の食料とタバコを発見した
空腹気味のドイツ兵は我を忘れて暴飲暴食....気が付いたら下痢患者
続出で戦闘力が落ちて進撃が鈍った。


403 :名無し三等兵:03/06/30 21:01 ID:Td3AeoPH
第二次大戦中のアメリカの極秘プロジェクト
富士山を真っ赤に塗って日本人の士気を挫こうという心理作戦があった
ただし必要なペンキの量と飛行機を数を計算して中止になった

404 :名無し三等兵:03/06/30 21:23 ID:???
>>319
ディーゼルでもCOはでとおもうんでつが

405 :名無し三等兵:03/06/30 21:30 ID:j4kc2vr9
第二次大戦中の日本帝国陸軍の極秘プロジェクト
米軍に占領されて飛行場を作られる前に硫黄島を完全爆破して
海の底に沈めようという勇壮な計画案があった
ただし必要な爆薬の量と硫黄島までの輸送に必要な船の数を計算して中止になった

406 :名無し三等兵:03/06/30 22:28 ID:???
中止になった特殊作戦は事故でもなんでもないぞ。
「信じられないが、本当だ」スレからまんまコピペするなよ・・・

407 :名無し三等兵:03/06/30 22:29 ID:???
>>402
なんだっけ?どこかのホームページだと思ったけど、
南方の島でアメリカに追い詰められて、食料が無かったとき、
ブタを見つけて、みんなでたらふく食べたら、
逆に下痢をしてしまい、体力が低下して死にそうになったと言う話を読みました。
下痢って、そういう状況下だとかなりの病気みたいです。
死に直結しかねない感じですね。



408 :名無し三等兵:03/06/30 22:58 ID:???
飢餓のガタルカナルから命からがらラバウルに撤退してきた兵達に
現地の将兵が可哀想だからとこっそり喰えるだけの食事を振舞ったら、
食べ過ぎて下痢になり、体力が低下しているのと相まってそのまま
亡くなってしまった者がかなり居たと聞いた。

409 :名無し三等兵:03/07/01 01:59 ID:???
>>408
それ、「先任将校」というノンフィクション小説の中で関連で体験しています。
この名取りのメンバーはほとんど飲まず食わずで、13日間漂流していた。
さて、基地についたら衛生仕官が真っ先に、
「これからの隊員の衛生状態の責任は自分が見て良いですか?」
と、名取りの生き残りの指揮官に聞いてくる。
この時、指揮官は負傷兵の事だと思って、良いと答えたが、
いざ食事時になったら、名取りメンバーは粥で、
基地の隊員はちゃんとした食事。
指揮官も不公平だと怒って、
暴動が起こりかけたが、その衛生指揮官が出てきて、
「先にガダルカナルより撤退してきた隊員に通常食を与えたら
 多数が死亡しました。
 したがって、私は隊員の生命を守る為に云々・・・。」
とこんな感じで説得して事が収まっています。
ですから、すぐにそれは改められた様子ですね。

これ、読み物としては面白くないですが、
極限状況下で生き残ると言う事がどういうことかと言う事が
感じられる一冊です。

http://village.infoweb.ne.jp/~fwix7026/books/ww2/sennin.htm

410 :名無し三等兵:03/07/01 02:06 ID:???
断食など絶食状態が長く続くと、消化器系も衰弱しるそうですね。
修行僧も断食後の栄養補給は重湯や粥、豆腐などから始めたそうです。

レイテなどでもそれを知らない新米捕虜がキャンプの炊事場所(先任?の捕虜たちが管理)に忍び込み、
たらふく喰っては脱水症状やショック症状などで死んでいったそうですな。

411 :名無し三等兵:03/07/01 02:41 ID:???
>410
秀吉がどっかの城を兵糧攻めして、敵方が観念して開城したときも、飢えた
民衆に粥を与えたらそれでも身体に重すぎて死んでしまう者が続出したって
記述を見かけた気がします。

412 :名無し三等兵:03/07/01 11:16 ID:???
>>410
解放直後の収容所でも同じようなことがあったと聞いたな。
記者か誰かが痩せ細った囚人にチョコレートをあげたら食った囚人が死んでしまったらしい。
飢餓状態の人間にいきなり高カロリーの食物を与えるのは禁忌だとか・・・。

>>411
鳥取城の項目にそんな話があった。
http://www.m-network.com/sengoku/senkojo.html

413 :名無し三等兵:03/07/01 22:54 ID:???
極度の飢餓状態にあった者に普通の食事与えたら下痢になったなんてのはまだいい方で、
骨と皮ばかりになって衰弱した兵士を救出して普通に食事与えたら胃腸が破れてアッという間に死んでしまったなんて話もある。
かといって重湯から始めた場合、消化器官の回復に栄養補給が間に合わず、
「死んでもいいから普通の米の飯が食いたい」
と泣きながら結局餓死してしまう兵もいた。

414 :名無し三等兵:03/07/01 22:55 ID:???
強制収容所から解放されたユダヤ人の話です。
あまりにも長期間飢餓状態が続いたため、満腹中枢が麻痺してしまい
文字どうり”胃袋がはちきれる”まで物を食べてしまい、死んでしまった人が
たくさんいた、という話。

415 :名無し三等兵:03/07/02 00:39 ID:7pEW0rwt
>414
鳥取城がそうだったかと・・

416 :名無し三等兵:03/07/02 00:57 ID:???
出典は忘れたが
捕虜となり、アメリカ本土の収容所に護送されることになった海軍搭乗員が
輸送船で一緒になった餓島からの捕虜に食べ物をせがまれ、監視の目を盗んで
こっそりあげたところ白目を剥いてすぐに死んでしまったと。

私事だが以前潰瘍で入院したとき、最初の食事は糊のような粥だったな。米粒
を全部数えられるくらいの(w

417 :名無し三等兵:03/07/02 02:17 ID:???
>>414
バンド・オブ・ブラザース第9話にもそのシーンがあったね。
収容所に居たユダヤ人達にレーションを配っていたが、
軍医が危険なのですぐに止めるよう指示を出して、渋々従うE中隊の面々。

418 :名無し三等兵:03/07/02 03:44 ID:???
>>416
漏れも12シチョー海洋が破裂して救急車で運ばれそのまま入院
運よく穴が他の臓器に癒着してたから外科的治療を行わず
薬で治したけど22日間点滴のみで飲まず喰わずだた〜よ
体重は70kg→55kgに
最初の食事はまんま重湯、固形物なしの椀一杯と飲物
リハビリには10日もかかっただよ

板違いにつきsage

419 :名無し三等兵:03/07/02 18:46 ID:???
あまりにも衰弱してくると、点滴用のブドウ糖溶液ですら体に悪く、
それを注射された人間がばたばたと死んでいった、という話。

そのために軍医は、椰子の実の中の液体(これは無菌)で希釈するか、
これだけを患者に注射していたと言う話。

420 :名無し三等兵:03/07/02 22:58 ID:???
>>419
うえっ!!
その状態でも死んじゃううんだ!!
直に吸収できそうなのに。
うーん、そうなると、最後の最後に体力が残っているかどうかですな。


421 :名無し三等兵:03/07/02 23:36 ID:???
>>419
水の殺菌が不十分のため、と理解しますがそうですよね?

422 :名無し三等兵:03/07/03 22:14 ID:???
>>421
いや、気分的なものかもしれませんね。
安心して、ふっと・・・とか。
その状態だと、本当に気力で生き抜いている状態でしょうからね。
また、血液中の血糖値が急激に上がると、
インシュリンショックも考えられますね。

423 :名無し三等兵:03/07/03 22:22 ID:???
 瀕死の兵隊を救助したら、
「よく頑張った、もう大丈夫だ!」
と言ったらその場で死んでしまうことが多いので
多少の理不尽は承知の上で
「バカモン!なにやっとるか!」
と鉄拳で一喝するんだそうな。

424 :名無し三等兵:03/07/03 22:39 ID:???
>>422
安心してふっと…という話では、海で遭難して漂流中を救助された人とかが
それで死ぬパターンは結構あるとか。
船に助け上げて、その場ではけっこう元気そうに見えたのが、体を休ませ
ようと船室で寝かせたら、そのまま永遠の眠りに。
極限状態にあってギリギリのバランスで生き延びていたのが、助け出された
安心感からかすとんと限界が来てしまうらしい…

425 :名無し三等兵:03/07/03 23:41 ID:???
422ですが、医者板で419について聞いてきました。

飢餓状態の人にブドウ糖を注射すると、
ビタミンB1が急激に消費されて、
Wernicke脳症になる恐れがあると言う事です。
したがって、現在ではブドウ糖とビタミン注射を併用している様子です。

http://www.geocities.co.jp/SweetHome/2917/kaisetu.html

426 :名無し三等兵:03/07/03 23:45 ID:???
>>423
似たような話で、学校の先生がしてくれました。

ある女性徒がトラックに轢かれて、足を複雑骨折。
んで、学校の近くだったので生徒の通報ですぐに駆けつけて
救急車に一緒に乗った。
見た目、結構酷く折れていたが、先生は騙して、
「大丈夫だ、きっと捻挫だ、大丈夫だ。修学旅行もいけるよ」
と声をかけていた所に、救急隊員が、
「あ、完全に複雑骨折です」と口を挟んだ。
すると、それまで頑張っていた女性徒が気絶してしまった。
こういう時は、うそでも気張れる様に声をかけないと危ないって。
そのまま、ショック死があるから。

んで、その先生はすぐにその救急隊員を説教したって話です。

427 :名無し三等兵:03/07/04 00:11 ID:???
>>424
もう亡くなってしまった私の伯父がかつて巡洋艦乗りだったのだが、敢えなく
撃沈。幸いにも無事僚艦に救助されたのだが、引き上げられるとすぐさま
股間を思い切り蹴り上げられたそうな。やはり安心感から気絶死してしまう
のを防ぐためだったらしい。
まだそれほど興味のなかった頃に聞いた話なんだが、もっと色々聞いておけば
良かったと悔やまれてならないっす。
舞鎮所属の巡洋艦乗り組みだったことしか知らない。

428 :名無し三等兵:03/07/04 00:36 ID:???
このところの、
・餓死寸前の飢餓
・死ぬほどの重傷
の2つの話題は、すごく興味深いです。

普段の生活で飢餓状態はありえませんが、
交通事故で重傷はありえます。

「腹からドクドク流れてるのは尿漏れ。恥ずかしいぞ!>俺」(ショック死防止)
「救急車が来ても安心するな!ヤブだ!ヤブ医者が来た!」(安心死防止)
とか、普段から自己暗示をかけておくのかなあ。

429 :名無し三等兵:03/07/04 01:14 ID:???
寝不足による疲労と栄養不足で戦闘していると、負傷した際には
致命傷では無くてもショックから心臓発作を起こして死んでしまう
場合があったと元軍医だったじいちゃんに聞いた。
映画の様に負傷しても何か喋れる奴は致命傷では無く、致命傷
を受けた奴は舌が痙攣しているから何も話せないと言っていた。


430 :名無し三等兵:03/07/04 01:21 ID:???
親切心からといってもタマタマ蹴られるのはいやだなあ・・
ビンタぐらいじゃダメなのだろうか

431 :名無し三等兵:03/07/04 01:45 ID:???
>>429
重傷の人間はショック状態で痙攣している場合が
あるから、舌を噛まない様に何かを噛ませたりする
んだけどあまり映画とかには出てこないね。

432 :名無し三等兵:03/07/04 04:50 ID:???
>>430
玉を蹴られたショックで死亡したら浮かばれないですな

433 :***********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************名無し三等兵:03/07/08 17:17 ID:mVZEZKs1
>463
すみません(^-^;

434 :名無し三等兵:03/07/09 13:50 ID:???
433 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/04 08:22 ID:e26JZRfH
ウォーカー将軍、朝鮮戦争のときジープ運転中にトラックと接触事故で死亡。


434 名前:system 投稿日:03/07/04 08:35 ID:onmykEHx
>>425
たしかに高カロリー輸液をビタミンB1の補給がない状態で何日も
継続し、それだけに頼っていればWernickeを起こしますが、むしろ
ブドウ糖輸液などで補給できる栄養はごく限られた量、成分でしか
ないことのほうが問題だったのではないかと思います。現代でも
経口摂取できない、あるいはしても吸収できない病態の患者には
通常のいわゆる点滴ではなく、高カロリー輸液を鎖骨下静脈あたりから
行います。

436 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/04 21:25 ID:???
”先任将校”って本での話。
海軍兵学校では真水が無くなった時は、海面下数メ−トルの水を飲むと良い、
と教えていたそうだ。
そして”名取短艇隊”でもそれを実行した、が、
やっぱり塩辛い海水だったそうです。

ちなみに、10日前後ならば海水を飲んでもかまわない、らしい。


435 :名無し三等兵:03/07/09 13:51 ID:???
437 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/04 22:38 ID:???
>>436
あ、嬉しいな、その本読みましたよ。

んで、実際にどこかの歴史の教授が東南アジアから
オーストラリアかどこかまで、当時の双胴船でいけるかどうかを実験して、
何ヶ月かかかって行き着いたそうです。
その時の方法がその方法だったみたいですね。
勿論、雨水も併用したでしょうが、それだけで生きられる幹感じですね。
まぁ、先任将校の中でも雨合羽のあったボートは
水が十分にあったみたいですしね。


438 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/04 22:43 ID:S68neSUs
>437
子供の頃、
救命ボートの実験をした本を読んだ記憶が・・・・
断片的に覚えているのだが、シイラを餌にしたり、海水と真水を混ぜて飲んだり・・
実際に海上で漂流実験をした話だったが、あれはなんだったんだろう。
名前が思い出せない(^-^;


439 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/04 22:51 ID:Aaj9qtZ7
海水を飲むと脱水症状を起こすと聞いたことがあるけどあれは間違い?


436 :名無し三等兵:03/07/09 13:51 ID:???
440 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/04 23:01 ID:???
>438
学研の科学と学習のどちらかに載っていたと思います。
真水と海水を体積比2:1まで混合なら大丈夫だったと思います。


441 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/04 23:03 ID:???
>>439
いや、合っています。
上の話は、深海の海水です。
これは、表面層より塩分濃度が低いので、
飲んでも影響が少ないのです。
大体、血液と同じ塩分濃度だったら、死なないみたいです。


442 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/04 23:10 ID:S68neSUs
>440
いやソノ話を実体験でやっていた本だったのだが・・・・
ウーン思い出せない「太平洋漂流・・・」だったような
キモワルイー_ー’


443 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/04 23:10 ID:???
>> 438
フランス人医師アラン・ボンバール「実験漂流記」

面白そうだな。漏れも探して読んでみよう。


437 :名無し三等兵:03/07/09 13:52 ID:???
444 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/04 23:13 ID:S68neSUs
見つけた(^o^)
子供のときの記憶ってすごいもんだ・・・・

この本だよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4494026638/inktomi-jp-asin-books-22/250-1559868-2444265#product-details
面白かったよ。
流れとはいえスレ違いゴメン


445 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/04 23:17 ID:???
>>443-444
どっちよ


446 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/04 23:19 ID:S68neSUs
>445
太平洋漂流実験50日 フォア文庫
斉藤 実 (著), 依光 隆
だよ(^o^)


447 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/04 23:33 ID:???
"現代の冒険3 世界の海洋に挑む"も地元の図書館にあったので両方読んでみることにします

438 :名無し三等兵:03/07/09 13:53 ID:???
448 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/04 23:51 ID:???
今更って感じもするけど…
負傷して水を欲しがる兵士に
水を飲ませると直ぐに逝ってしまうという話は聞くけど、
やはり人間ってそういう物なのかな?


449 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/05 01:26 ID:???
>>448
水が欲しいと言う事が生きる支えと成っているのに、
それに満足すると死んでしまうと言う事かな。
落伍の猫屋師匠が広島で救護活動した時は、
水を上げると、それまで騒いでいた患者が
すぐに死んでしまったと言っていましたね。
そういうものみたいです。

あと、よく、おぼれた子供を助けて、
岸に上がってから死ぬ父親がいますが、
これも、子供を助けたと言う事に安心して死んでしまうみたいです。
これは長年、疑問に思っています。
人間、必死になると普段以上の力が出せて、
そのリバウンドで死ぬと言う事でしょうか。



450 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/05 09:30 ID:???
消化器官系がやられていると水をやるのは不味いんでは?

439 :名無し三等兵:03/07/09 13:53 ID:???
451 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/05 12:28 ID:???
  (゚д゚)<コン
  (゚Д゚)<ティキ
 (;゚Д゚)<ゴォ!


452 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/05 16:38 ID:???
>>450
確か消化器系をやられてるときに水を飲ませると
腹膜炎になるんだっけな。


453 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/05 21:13 ID:???
>>451
漏れもそうおもった・・・
バルサ筏船でつ。



440 :名無し三等兵:03/07/09 13:54 ID:???
454 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/05 23:26 ID:???
野戦病院。軍医は前線に行っていて不在。
軍医が前線から帰ってきた。テントの中は怪我人で一杯。
軍医は言った「よし、この中で重傷だと思うヤツは手を挙げろ!!」

沢山の手が挙がる。

「よーし!今手を挙げなかったヤツから処置する!いいな!」

これもトリアージ?



455 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/05 23:41 ID:ywy4P3h2
>453
おっ(^o^)
わかってたね!


456 名前:名無し三等兵 投稿日:03/07/05 23:46 ID:???
>>454
なんか、ドリフだね。


441 :名無し三等兵:03/07/09 19:32 ID:???
457 名前:名無し三等兵 [sage] 投稿日:03/07/06 17:41 ID:???
>>454
三途の川を渡っている連中は手が挙がらないわな・・・
すぐに運び出さなくちゃいけないし


458 名前:名無し三等兵 [sage] 投稿日:03/07/06 19:22 ID:???
それ以前に軍医は助かる奴から治療するだろ。


459 名前:名無し三等兵 [sage] 投稿日:03/07/07 03:56 ID:???
>>458
なんだっけ?
たしか、ノモンハンで生き残った北海道の医師が、
どうして私に生死の選択が出来るのだろうかと悩んで、
戦後のクリスチャンになったと言う話を読みました。
野戦病院と言うのも、また戦場だったみたいですね。



460 名前:名無し三等兵 [sage] 投稿日:03/07/07 04:16 ID:???
軍医に拳銃を突きつけて、運び込んだ瀕死の上官を先に治療しろと脅す話があったな。



461 名前:名無し三等兵 [sage] 投稿日:03/07/07 04:18 ID:???
>>459
実際、それで多くの軍医が戦場でモルヒネ中毒になって、戦後に苦しんだとの話を聞いた。

442 :名無し三等兵:03/07/09 19:33 ID:???
462 名前:名無し三等兵 [sage] 投稿日:03/07/07 05:20 ID:???
野戦病院の軍医と同じ悩みを大規模災害現場でも味わうわな。

普段なら救急病院に運ばれてくる重傷者には、最低でも医師一名、インターン一名、
看護士三名程度の体制が取れるが、大震災や飛行機事故では、まず「手を施せば
助かる者」「しばらく放置しても死なない者」「諦らめてマンパワーを他に回した方が
効率が良い者」等をろくな検査も行えない逼迫した状況で選別しなければいけない。

手が足りれば十分助かる者も手が足りない為に死ぬ。
時間が無い為切り落とさなくて良い手足を切り落とす事も有る。
腹を開けたら見込み違いで処置も出来ずにそのまま死ぬ場合も。
そうした経験を簡単に乗り越えられるほど人間の精神は頑丈に出来ていない。

阪神大震災を機に外科から救急に転じ過労死するまで働き続けた医者を知って
いるが……彼も震災の犠牲者の一人だろうな。
同じように野戦病院を経験し社会復帰出来なかった軍医も戦場の犠牲者だろう。


463 名前:名無し三等兵 [sage] 投稿日:03/07/07 11:26 ID:???
己の命を削って戦傷者・被災者を救護した、
医療従事者達に敬礼

443 :名無し三等兵:03/07/09 19:57 ID:???
実験漂流記と太平洋漂流実験50日を読んでみました
太平洋漂流実験50日の方は、実験漂流記の真似した馬鹿サヨが海保に迷惑掛ける話でした
実験漂流記によれば1日800ccの海水を飲んでも5日までなら腎臓がもつそうです

444 :名無し三等兵:03/07/09 20:36 ID:???
今回の鯖飛びも戦場での事故になるのかな?

445 :無名人:03/07/12 00:12 ID:???
 世の中、なんか変だと思ってる諸君!
自分がまだ日本人であると思っている武士は、みなここへ突撃!
最後の世直し祭りが始まるぞ!

http://ex.2ch.net/test/read.cgi/korea/1057848833/l50


34 名前:テンプレ 投稿日:2003/07/11(金) 00:26 ID:s5jF7NeG
●メディアが報じない「えひめ丸」事故にも匹敵の大事故

7月2日、巻き網漁で停泊中の日本漁船にパナマ船籍の韓国貨物船が衝突。
貨物船の見張りは「認知はしていたが、よけてくれると思った。」と証言。
全く減速もせずに激突し、そのまま漁船は沈没しました。
被害は死亡1名、行方不明6名。重軽傷者8名。
見張りの航海士1名は逮捕されましたが、行方不明者は見つかっていません。

その4日後、行方不明者を捜索中の水産庁取締船「からしま」が
別の韓国貨物船に衝突され沈没。重軽傷者数名を出しました。
しかも、その場からは2隻の不審船が立ち去るのが確認されています。

これ程の連続した大事故であるにも関わらず、
不思議なことに、TVや全国紙ではほとんど報道されません。

ネットでしか語られない真実が下記サイトにあります。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/1917/
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1983/
flash http://www.kokueki.com/swf/genkai.htm


446 :名無し三等兵:03/07/12 12:13 ID:???
太平洋戦争末期、沖縄戦にて。
対戦車兵器として”チビ弾(青酸化合物が封入されたガラス製の手榴弾)”が
渡されたが、うっかり落として割ってしまう兵が続出したために、回収された
とか。

447 :山崎 渉:03/07/12 16:32 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

448 :名無し三等兵:03/07/13 09:28 ID:???
>>446
あれって色々な所で実践投入されていないと書かれていたけど、
投入された場所もあったんですね。


449 :名無し三等兵:03/07/13 09:29 ID:???
そうか!!
使う前に回収だから、投入されていないのか!!
失礼。


450 :名無し三等兵:03/07/13 21:48 ID:???
戦車戦入門(日本篇)にはノモンハン後導入、
マレー半島のジットラ陣地の戦いで投入したけど結局使わずじまいで。
うっかり割ってしまった兵士もいたので回収したと書いてありました。
ちなみに、青酸と銅を混ぜたもんらしいです。

451 :名無し三等兵:03/07/13 21:49 ID:???
>>450
あ、チビ弾のことでふ。

452 :山崎 渉:03/07/15 12:03 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

453 :名無し三等兵:03/07/15 21:45 ID:???
>>450
自分が「実践では使われなかった」と読んだのは
毒ガス島関連の記事ででした。
けど、あまり調べてなさそうな資料でしたので、
450の事件で使われなくなって、
ほとんど使われなかったという意味で、
使われなかったと書かれていたのでしょうね。

454 :名無し三等兵:03/07/18 21:40 ID:???
大災害、戦場で軍医の第一の仕事は、患者を区分けすることらしいね。
助からない、治療すれば助かる、応急のみで十分、で札をつけるそうだ。
阪神のときは、日本人の医者だけはそういうのをするのをいやがったそうだ。


455 :名無し三等兵:03/07/18 22:22 ID:???
>>454
映画『パールハーバー』でもヒロインの看護婦が患者のおでこに口紅で印を付けて
ひと目で怪我の状態が分かるようにしていたっけか。

患者には「大丈夫、きっと助かるわ」と言いながら「処置不能」という意味の印を付ける・・・因果な商売やね。

456 :名無し三等兵:03/07/19 12:10 ID:/0fTvBkV
>>454 アウシュビッツの死の天使と呼ばれた、メンゲレは東部戦線に従軍してたときその任務についてたそうだ

457 :名無し三等兵:03/07/19 14:40 ID:???
残りの寿命の見分け方は
しゃべらなくなったら数日。
小便をもらしたら助からないとか、ガダル辺りであったな。
ちなみに、猫だが、体が冷たくなって、を寝ているとき尿を漏らしたら翌日。


458 :名無し三等兵:03/07/19 20:32 ID:???
>>456
南米にのがれたメンゲレは、農家の納屋でじゃがいもの選別をやっていた。

459 :名無し三等兵:03/07/19 22:56 ID:???
>>>458
「これはタネイモ・・・、これはスープ・・・。」
うーん、人間の選別をこんな感じでしないといけないから、
医者も辛いよね・・・。

知り合いの医者は救急だけど、心臓が動いている限りは、
絶対に助けると言っていた。
けど、本当に一度に重症患者が来たら、泣くと思う。
辛いなぁ、切ないなぁ・・・。




460 :わんにゃん@名無しさん:03/07/22 13:23 ID:???
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

118 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)