2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

扶桑の船体が・・船体が・・・!

1 :オルデンドルフ:03/05/23 18:23 ID:1XyGUH9O
えへっ♪取れちゃった♪


2 :名無し三等兵:03/05/23 18:24 ID:LO4ZejYJ
2get!

3 :名無し三等兵:03/05/23 18:27 ID:KVMKN62f
駄スレ認定

4 :オルデンドルフ :03/05/23 18:27 ID:???
XF5Uフライングパンケーキの機体が・・機体が・・・!


5 :オルデンドルフ:03/05/23 18:28 ID:???
えへっ♪食べちゃった♪


6 :米海軍パイロット:03/05/23 18:28 ID:???
ワンショットライターの機体が・・機体が・・・!

7 :名無し三等兵:03/05/23 18:30 ID:???
萌えちゃった

8 :名無し三等兵:03/05/23 18:31 ID:???
F-2の翼が…翼が…!

9 :米海軍パイロット:03/05/23 18:31 ID:???
えへっ♪燃えちゃった♪

ハボクックの船体が・・船体が・・・!

えへっ♪溶けちゃった♪

ポーキュパインの船体が・・船体が・・・!

えへっ♪二つになっちゃった♪

10 :また、変なスレがたったな:03/05/23 18:32 ID:???

                  /´      ̄`ヽ,
                / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
                  i  /´       リ}
                |   〉.   -‐   '''ー {!
                |   |   ‐ー  くー |
                ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}
                  ヽ_」     ト‐=‐ァ' !   >>1 死刑!
             __,. -‐ ゝ i、   ` `二´' 丿─- _
        _ -‐ ''"   /   ` '' ー--‐! ヽ    ゙̄ー- 、
       ハ       /   |ヽ   //  ヽ        ハ
       |  ヽ      く     ! .>ーく /     >      / !
        |   |     _>  レ'-、 r‐/   <_      /  !
       .∧   !    ヽ     | 厂L/     /     i  .∧
     / \  |     \   ∨  !    /      | / ハ
     ハ   ヽ |      ヽ    !  |   /      |   /ヽ
    /  \   |      ヽ.  | ./  /       |   // \
   /     \ |       \ ∨  /          | /- '    ヽ
  /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
  レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |

11 :○○の○○が・・○○が・・・! :03/05/23 18:33 ID:???
桜花の母機が・・母機が・・・!

えへっ♪子機ごと落ちちゃった♪

12 :○○の○○が・・○○が・・・!:03/05/23 18:34 ID:???
ルーズベルトが・・ルーズベルトが・・・!

えへっ♪死んじゃった♪


13 :名無し三等兵:03/05/23 18:35 ID:???
笑えねーw

14 :○○の○○が・・○○が・・・!:03/05/23 18:35 ID:???
イロコイのプロペラが・・プロペラが・・・!

えへっ♪取れちゃった♪


15 :○○の○○が・・○○が・・・!:03/05/23 18:36 ID:???
ヒデキが・・ヒデキが・・・!

えへっ♪死んじゃった♪

             / ̄ ̄ ̄ ̄\
            /         \
           /    ⌒   ⌒ |
           |-------◎⌒◎ |   
           (6      つ  |
           |     ||||||||||  
            \ /  Д  /    
              \____/
             ‖_≧≦‖
            /    ・   \__
           /|  | 東 ・ 條  __
           | |  |    ・
           / |   |_ _・
          | \__||⊃

16 :○○の○○が・・○○が・・・!:03/05/23 18:39 ID:???
バッヘムのパイロットが・・パイロットが・・・!

えへっ♪死んじゃった♪


17 :世界に広がるFAの輪:03/05/23 20:39 ID:???
25歳。
去年まで飛行機に興味無し君だったけど、Fighter Aceで
フライトシムはじめた。一度やってみなよ。
料金は一ヶ月1000円(税抜)、クレジットカードかウェブマネーどちらでも払える。
払うだけ払ってプレイせずに一ヶ月分の料金だけでやめることもできるし、
思い切って飛んでしまえば君もエースになれる。
金なきゃオフラインでフライトすればいいだけ。暇つぶしになる。
爆撃機とか空母とか色々あるのでマジでお勧め。
http://game.2ch.net/test/read.cgi/fly/1053577223/

18 :名無し三等兵:03/05/23 21:05 ID:???

    ボギ\ヽ∧l/l//
      ベギ;*;:∵・;*バギ
     /~/ ̄`'〜ヽ―ヽ二二つ >>1
    /ミ  )/∧_∧ミ ヽ彡)
  (。A。 ζ(´Д` )\\l 
  //∨∨//       ノ\\_
 ∪   ∪\    イ  し-′
        |     |
       .丿    ヽ
       / /⌒\ \
     (  ;'    `;  )
     | ノ       (. |
    ノ 丿       .(  ヽ
    ( _ '         ヽ_ )

19 :名無し三等兵:03/05/24 00:43 ID:???
>>1
お前花の子ノレソノレソだろ?

20 :名無し三等兵:03/05/24 01:44 ID:???
チハ車のキャタピラが・・・キャタピラが・・・!


えへっ♪外れちゃった♪

21 :名無し三等兵:03/05/24 07:57 ID:2X24ChAU
裏山にグラマンが・・グラマンが・・・!

えへっ♪ネタでした♪

22 :名無し三等兵:03/05/24 08:11 ID:???
F117ステルス機が・・・・ステルス機が・・・!

えへっ♪ 目視照準で墜されちゃった♪


23 :名無し三等兵:03/05/25 17:15 ID:mOlC/Zhg
Me−163のパイロットが・・・パイロットが・・・!


えへっ♪溶けちゃった♪


24 :名無し三等兵:03/05/25 20:24 ID:???
最上と三隈が・・・最上と三隈が・・・!


てへっ♪ごっつんこ♪

25 :名無し三等兵:03/05/25 20:44 ID:+vMgWyfh
重巡青葉が・・・・重巡青葉が・・・・!

えへっ♪ 敵艦隊に名前を名乗ったの「ワレアオバ」♪

26 :名無し特務曹長:03/05/25 21:23 ID:4kDuGzkh
>>25
戦国時代みたいでカクイイじゃん、すきだよ

27 :名無し三等兵:03/05/25 21:34 ID:???
で、結果はモンゴルの大群に名乗りをあげて、単騎突入し
討ち取られる鎌倉武士の運命に・・・

28 :名無し三等兵:03/05/25 22:02 ID:???
ミッドウェイの真水製造装置が・・・水が・・・!


えへっ♪ うっそぴょーん♪

29 :名無し三等兵:03/05/25 22:52 ID:???
ハルゼー提督!
サマール島沖でジープ空母群がジャップの精鋭水上艦隊を・・・





えへ♪撃退しちゃった♪・・・・・のか?

30 :第四艦隊司令:03/05/26 04:11 ID:jayzua4B
初雪と天霧の艦首が・・・艦首が・・・


えへ♪もげちゃった♪

31 :名無し三等兵:03/05/26 04:31 ID:WHbWTIfw
で扶桑ってメリケンの魚雷艇に撃沈されたんだっけ?ぎょらいていかよ!?

32 :ジェス・G・カワード:03/05/26 05:20 ID:???
31に駆逐艦部隊の存在を無視・・・無視・・・

えへ♪されちゃった♪

33 :名無し三等兵:03/05/26 20:20 ID:???
栗田艦隊が…栗田艦隊が…


えへ♪転進しちゃった♪

34 :名無し三等兵:03/05/26 22:07 ID:???
乃木閣下が…乃木閣下が…


えへ♪殉死しちゃった♪

35 :名無し三等兵:03/05/26 22:30 ID:???
フセインが…フセインが…


えへ♪逃げられちゃった♪

36 :名無し三等兵:03/05/26 23:53 ID:???
金正日が・・・金正日が・・・



あははは!ノドンを撃ってきた♪

37 :名無し三等兵:03/05/27 16:06 ID:???
何かエロいな、このスレはw

38 :山崎渉:03/05/28 15:58 ID:???
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

39 :名無し三等兵:03/05/28 17:17 ID:???
日本海軍の暗号が・・暗号が・・・・・

えへ♪解読されちゃった♪

40 :名無し三等兵:03/05/28 19:47 ID:???
日本軍に真珠湾を…真珠湾を…

えへ♪奇襲されちゃった♪

41 :名無し三等兵:03/05/28 20:03 ID:???
牟田口が・・・牟田口が・・・

えへ♪来ちゃった♪

42 :名無し三等兵:03/05/28 20:36 ID:???
中田氏が・・・中田氏が・・・

えへ♪子供出来ちゃった♪

43 :怒張さん:03/05/29 14:05 ID:???
中国大陸を…中国大陸を…

えへ♪打通しちゃった♪

44 :名無し三等兵:03/05/31 16:04 ID:n3vcdjqa
あげ

45 :レイパー:03/05/31 16:18 ID:???
熟女好みの私としては金剛あたりを「この敵国生まれの度淫乱ババァ」
と罵りながらヒィヒィ言わせたい

46 :レイパー:03/05/31 16:23 ID:???
「妹たちがどうなってもいいんかい?ほらしっかりケツ突き上げるんだよ」

47 :名無し三等兵:03/05/31 16:23 ID:???
グラマラス好みの私としては
一式陸攻に「さぁ!早く燃えろ!」と言いながら
ヒィヒィ言わせたい




48 :47:03/05/31 16:27 ID:???
お!・・・今、始めたばっかなのに
もう燃えてやんの
おまえも結構好きものなんだ・・・へへへ


49 :名無し三等兵:03/05/31 16:39 ID:???
>>47
この鬼畜野郎が

50 :名無し三等兵:03/05/31 17:06 ID:???
ビスマルク追撃戦て
ドイツの貴族の女をイギリスの労働者達が
よってたかってなぶり尽くしている感じでいいよね。

51 :_:03/05/31 17:09 ID:???
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/jaz10.html

52 :名無し三等兵:03/05/31 19:11 ID:???
なんか、勃起してきた。
これから吉原へ逝ってキマス。

53 :名無し三等兵:03/05/31 20:16 ID:???
ロドネーは労働者階級の船なのかと聞いて見るテスト

54 :名無し三等兵:03/06/01 12:41 ID:???
伊勢、日向姉妹は悩んでいた。
長年慣れ親しんだ戦艦というスタイルを戦況悪化のため
転換を命じられたのだ。
しかもお金と時間がないため後ろ半分だけ空母という。
伊勢「こんな姿でお客さんの前に立ちたくないわ・・・」
日向「しょせん大正生まれのババァにはこんな事しか役に立つこと出来ないのかしら」
つづく

55 :名無し三等兵:03/06/01 13:03 ID:???
人間の想像力って偉大だなぁ。

56 :名無し三等兵:03/06/01 13:12 ID:???
いつのまにかスレの方向が・・・空気が・・・


あれ? 変わっちゃった♪

57 :名無し三等兵:03/06/01 14:32 ID:???
虹逝け!

58 :名無し三等兵:03/06/01 14:44 ID:???
これからこのスレはお前らがレイプ犯したい兵器スレに変わりました。

59 :名無し三等兵:03/06/01 19:42 ID:???
「キャ〜!怖い・・・!」
「助けてェ〜!!」
「HELP!!」

大変だ!お母さんが危ないっ!
あのジャップのパゴダマストがすぐそこまで・・・
早く!飛び出せ!
あ!ガンビア伯母さんが殺られてる・・・!

健気な息子達が飛び立ってゆく・・・

60 :名無し三等兵:03/06/01 21:38 ID:???
「おい、本当なんだろうな… いなかったら俺たち停学じゃすまねぇ」
零三郎は心配そうに隣にいた九九次郎に聞いた
「今更何ビビッてんだよ… キンメル学院真珠湾女子寮の女達は今頃海水浴の時間だ
 見目麗しき金髪美人が渚で俺たちを待ってるんだぜ」
九九太郎の言葉には僅かではあるが蔑みの口調が混じっていた。
(畜生、最年少だと思って莫迦にしやがって…)
零三郎は九九次郎に食って掛かろうとした
「おいおい… ここまで来て仲間割れか?ケンカならヤッてからにするんだな
 くくくっ、俺の逸物はこんなになってしまったぜ。っと見えてきた…」
九七太郎の言葉に、零三郎と九九次郎も元の表情に戻った。

彼ら…南雲学園は日ごろの鬱憤を晴らす為に一路真珠湾女子寮を目指していた。
目的は無論、日頃高飛車な態度をとる彼女らに「正義の鉄槌」を下すため

「じゃあ、これからは別行動だな。俺は女教師なんざに興味は無い」
と言って零三郎は翼を翻し掛けて行った。
「ふん、あのロリコン野郎が… さて、熟れた美女が俺を待ってるぜ…」

今、正に地獄の釜が開かれようとしていた…



駄文、スマソ

61 :名無し三等兵:03/06/01 22:34 ID:???
真珠湾女子寮のお掃除オバさんのユタさんまで激しくレイープされましたとさ。

62 :名無し三等兵:03/06/01 23:21 ID:???
「くそ。お目当てのとくに生意気な母艦クラスの奴らが見あたらねえよ!!」
女子寮の宿泊名簿を見た時南雲学園の番長連がつぶやいた。

63 :名無し三等兵:03/06/03 22:13 ID:???
その後、南雲学園の女生徒は一人残らず報復レイプされましたとさ。。。。おしまい。

64 :名無し三等兵:03/06/03 22:27 ID:???
赤城さんはクリスチャンだったので自殺できませんでした

65 :名無し三等兵:03/06/04 21:38 ID:???
まだ瑞鶴翔鶴姉妹が残っているよ!!

66 :名無し三等兵:03/06/04 21:43 ID:???
>>65
妹の方は何度もレイープされたのでは?

67 :アルバ―コア:03/06/05 00:29 ID:???
「タイホー」っていただろ
ほら、見てくれはジャップ離れした奴だよ・・・・
あいつ、思いのほか好き者だったわ
何せ、おれっちのたった一突きで昇天しちまいやがったんだから。


68 :名無し三等兵:03/06/05 07:10 ID:???
レイテ作戦編希望

69 :名無し三等兵:03/06/05 08:10 ID:???
「…いやあ、助けて」
どうしてこんな事になったのだろう?飛龍はあまりにも急激な運命の転換を
認識することが出来なかった。
周りではニミッツ学園(キンメル学園から名称変更)の不良達に組み敷かれている
同級生の赤城、加賀、蒼龍が無意味な足掻きを見せていた。

ドーントレス「へへへ、年増もいいもんだな。 俺の爆弾はどうだ?」
赤城さんを組み敷いている金髪の大男は、抵抗をやめている彼女に
何度も直撃を与えてた…

70 :名無し三等兵:03/06/05 08:24 ID:???
「近づかないで!」
飛龍は、震える声でニミッツ学園の男達に怒りの声を浴びせた
しかし、それは男達の劣情を刺激するだけだった
金髪の男達は目配せして彼女に近づいていく。

飛龍の姉たちはすでに純潔を散らされて、放心したように虚空を眺めていた。

飛龍「いやーーーー」

71 :名無し三等兵:03/06/06 00:16 ID:OQs+K7Fd
ごめん・・この妄想シリーズ楽しすぎ・・
俺、もうまともな目で艦船見れないよ・・

72 :名無し三等兵:03/06/06 00:38 ID:???
やはり大和は和服美人なのだろうか

73 :名無し三等兵:03/06/06 21:41 ID:???
>>68
考えていたんだが、草書作成している時点で背中が痒くなって挫折…
漏れ的に小沢艦隊や栗田艦隊よりも西村艦隊の方がイヤーンな感じでGood

誰かうpキボンヌ

74 :名無し三等兵:03/06/06 22:11 ID:???
ソロモン通りは危険!!

75 :名無し三等兵:03/06/06 22:17 ID:???
笑いすぎて死にそうです。
これだから軍事板は止められん。

76 :名無し三等兵:03/06/06 23:59 ID:???
最近は英国海軍のシェフィールド嬢か
仏系ラテン野郎の逸物に純潔を…

最近の女性は育ちが良すぎて、レイープ一発・即・昇天だな

77 :武藏:03/06/07 07:00 ID:???
最近の娘達は感度いいのねぇ
私なんか17本以上もぶち込まれてやっといったの
もしかして不感症?

78 :名無し三等兵:03/06/07 19:16 ID:???
海中の連続暴行魔
イー168
一度に3人?の金髪娘をアポーン

79 :如月 ◆kK77XB6/ug :03/06/07 19:18 ID:???
 あーら、あたしなんて大正生まれだけど「超びんかん娘」でしたわよ。
外人さんに、ほんのちょっとお遊びでかるーく打たれただけで、
あたしの大事なところに火がついちゃって・・・・

 後は自分一人で勝手に燃え上がって昇天しちゃったんだもん・・・・もう、
恥ずかしいったら、ありゃしないわ・・・・・(泪)。
クラスメートの中で一番先にイったって、みんなに噂されて・・・いやん!
 あたしがあんまりあっけなく恥ずかしい状態をさらしてしまったもんだから、
クラスの他のコ達は、自分の大事なところを相手が簡単にいじれないように
守る事を考えるようになったらしいの。もう、ずるい・・・・・(泣)。
あたし純情だったからさぁ、
女の子の大事なモノを、無防備に・・・悪い男に差し出しちゃった。テヘッw

80 :名無し三等兵:03/06/07 19:19 ID:???
世界の便所女
米国  エンタープライズ
日本  翔鶴

81 :名無し三等兵:03/06/07 19:23 ID:???
金髪幼女を強姦したマサチューセッツ萌え

82 :名無し三等兵:03/06/07 19:30 ID:???
インド洋のバカンスを楽しんでいた英国の令嬢ハーミスが
突然黄色い猿どもに何度も犯され昇天!!
小柄なボディーを惜しげもなくさらけ出しイエロージャップ達の
どす黒い欲望を止めどなく受け止め果てる姿は豊丸もびっくり!
この夏最大の問題作「生け贄」

同時上映
男装の王子と貴婦人のレズアンドレイプ
「マレーの祭り」


83 :名無し三等兵:03/06/07 22:59 ID:???
潜望鏡ってなんかいやらしいよね

84 :680:03/06/07 23:21 ID:???
俺は最上でオナる事が出来る

85 :陸奥:03/06/08 19:25 ID:???
自慰のしすぎでいっちゃった
てへっ

86 :名無し三等兵:03/06/08 19:43 ID:4xSIdHMv
新妻大鳳は、いつものように見送りを済ませた。
と、突然ドアが開き、いきなり見知らぬ男に襲い掛かられた
「いや、いやあああああ!」
「やめて、なんでこんなことするの!」
最初激しく抵抗した大鳳も、男のテクに次第に燃え、体の奥底から液がにじみ出てきた
大鳳は感じやすい体質なのだ。
そして不覚にも一回目でイッてしまった。

87 :名無し三等兵 :03/06/08 23:48 ID:???
貞操帯でガッチリ固めたはずの新妻が...惨い

88 :名無し三等兵:03/06/09 09:01 ID:???
襲った犯人は「アルバーコア」と称するレイプ魔で
大鳳さんを襲った事件の前も天龍さんを襲った前科がある。
その後も余りに図に乗って犯しまくったので最後には機雷に
かかってabomとなりましたとさ・・・・因果応報とは
まさにこのことですね(w


89 :名無し三等兵:03/06/09 16:59 ID:???
「冬月」は未だ帰らぬ姉「涼月」の帰りを佐世保で待っていた。
クラスのみんな「大和」「矢矧」「磯風」「浜風」「雪風」「朝霜」「霞」「初霜」「涼月」「冬月」
で出かけた沖縄旅行。
楽しいはずの旅行は往道ですでに・・・・・・・320数人がよってたかって彼女らに襲いかかったのであった。


夜になり冬月の周りにいたのは「雪風」「初霜」の二人だけ。
側にいてくれたはずの姉「涼月」はいつの間にやら暗闇に消えていたのだ。

「呉のベットでも隣でボクを励ましてくれたお姉ちゃんがこんなことで・・。」
目に浮かぶ涙をこらえ彼女は佐世保の水平線を見つめるのであった。

90 :名無し三等兵:03/06/09 21:20 ID:???
悲しいね。
その後台湾に売られていく雪風編希望

91 :名無し三等兵:03/06/10 00:19 ID:???
へへへ・・・女が一人でいるぞ・・・
それも小柄だ、お手軽だ。しかし・・・待てよ
なんだ・・・婆ぁか・・・そうだな、ジャップの若い女にも最近飽きた。
ひとつ趣向を変えてあの婆あ、やってみるか!

「何すんだい!この飴公!」
あっと言うまもなく顔面に女の平手打ちが数発、炸裂する。
盛りを過ぎた女とも思えぬ力だ。
躊躇したところを胸をドンと突かれ階段をもんどり打って転げ落ちた。
途中、頭と足を思い切り打付けて意識が朦朧とする。
「婆ぁだと思って舐めたら承知しないよ。そこの坊や。
あたしを誰だと思ってんだい!」
女が着物の裾を捲り上げた。太ももには
「駆逐艦神風」と彫りこまれてる・・・
軽々と爆雷を抱えあげて
「今度来やがったらこいつをお見舞いだぁ
さあ、オトトイおいで」

ビッコを引きながらすごすごと立ち去る間抜けな潜水漢・・・
神風姐さんに痛められて以後、ショックでレイプができなくなったそうな


92 :名無し三等兵:03/06/10 00:23 ID:???
鳳翔バアさんは男日照り

93 :名無し三等兵:03/06/10 22:20 ID:???
酒匂「長門姉さん私たちどこ行くの?」
長門「アメリカさんの超弩級バイブの実験台になるんよ。でもねお姉さんがいつも一緒だから・・」


94 :名無し三等兵:03/06/10 22:43 ID:???
>>93
涙でかすんでディスプレイが見えん....

95 :サラトガ:03/06/11 21:21 ID:???
味方に超弩級バイブを突っ込まれていますが何か?

96 :名無し三等兵:03/06/11 22:02 ID:???
スレ違いだが…

漏れの車、トラックにアナル・ファックされまつた
レッド・ブック査定50マソ、修理代76マソ…
判定大破だす

けど、鞭打ちって痛いのね。

97 :名無し三等兵:03/06/11 23:09 ID:???
>>96
原付乗ってて軽4と正面衝突、モタ男寸前に比べれば良いと思われ。

98 :名無し三等兵:03/06/11 23:51 ID:???
綾波は夜の闇に浮かぶ相手の姿を捉えた。
駆逐艦 4,戦艦 2
彼女一人でどうこうできる相手ではない。
しかし、後ろを振り返れば彼女の姉妹「浦波」「敷波」が4戦隊基幹の元へと戻るところ・・・・。

「駄目、私まで反転したら3人とも・・。」

姉妹達を逃がすためにあえて彼女は無謀な戦いを開始する。

99 :名無し三等兵:03/06/11 23:52 ID:???
「お姉ちゃんしっかり!」
妹の敷波の声がする。 綾波が身を挺して敵を引きつけている間に彼女は「長良」他の味方を引き連
れ綾波の元に戻ってきたのであった。

「無事で・・・・よかった・・・。」

4隻の駆逐艦を撃破したものの、彼女の命もまた燃え尽きようとしていた。
機関はすでに停止、火災は手が付けられないほどになり、背にある酸素魚雷は投棄不能状態のまま
火にあぶられていた

昭和17年11月15日午前0時10分
彼女はその身をザボ島沖に散らしたのだった。 

100 :名無し三等兵:03/06/13 00:01 ID:???
ミズーリ「ババァの私をいつまでこき使えば気が済むの?
     お友達みんな逝っちゃったのに。」

三笠  「あんたはいいわよっ。私なんか下半身コンクリギブス
    されてまでさらしものよっ。いっそあの時ひと思いに
     いけばよかったんだわっ。懐かしい人に会いたいわ」

101 :名無し三等兵:03/06/13 00:53 ID:???
「君の行き先はここだ」
雪風「え・・・?そこって・・・」
「そうだ、大陸だ」
雪風「そ、そんな・・・お姉ちゃん達もほとんどやられちゃったのに・・・」
「だから、君にも散華する場所を与えてやったんじゃないか」
雪風「どうしても・・・?」
「くどい。命令は占領軍から出ているんだ」
雪風「わかり・・・ました・・・」
「・・・すまない、何もできなくて・・・」
雪風「ううん、いいんです・・・それじゃ、いって・・・きます」

102 :初霜:03/06/13 01:21 ID:???
いやっ、機雷なんか大嫌い!

103 :名無し三等兵:03/06/13 14:12 ID:???
>>101
旭日旗ぃ〜飾ってたぁ〜女の子ぉ〜
異人さんにぃ〜連れられてぇ〜行っちゃったぁ〜

ぐすん…

104 :名無し三等兵:03/06/14 17:43 ID:???
天霧「あっ何かふんじった!!」

105 :あまぎり:03/06/14 17:56 ID:G9nCHsCb
あ、間違えて飛行機撃っちゃった♪テへ♪

106 :名無し三等兵:03/06/16 11:17 ID:???
>>100
アリゾナ「ブクブクブク……プクン」(浮いてるだけまだマシ…クスン)

107 :名無し三等兵:03/06/16 20:53 ID:???
万景峰92「私にちょっかい出すと火傷じゃ済まないよ。来ないでーーー」

108 :名無し三等兵:03/06/16 20:55 ID:???
>>107
自分の保身に必死になってるあたまでっかちブスに用はない!!

109 :名無し三等兵:03/06/16 21:07 ID:???
万景峰92「私はブスじゃないわよっ。故郷じゃ私の帰りを待っているファンが沢山いるのよっ。」

110 :名無し三等兵:03/06/16 21:10 ID:???
>>109
へっ おまえの金目当てなんだよ 幸せだね、君は(ププ

111 :名無し三等兵:03/06/16 21:15 ID:???
万景峰92「いじわるっ。ホントは私の体の秘密知りたくてうずうずしている癖に!!
      あーみんな素直じゃないんだから!これだからヒッキーのガキは嫌なのよ」

112 :暇になって付近に停泊中の特殊工作船:03/06/16 21:31 ID:???
>>111
『豚務リー、我等が偉大なる指導者に対する誹謗中傷を傍受しましたニダ』
『豚務パクよでかした、偉大な革命的勝利への第一歩ニダ。内容を報告セヨー』
『はっ! >>111でヒッキーのガキは嫌だなどと抜かしていまスムニダ! 
敬愛すべき全人民の父に対する許しがたい暴言に違いないニダ!!』

113 :名無し三等兵:03/06/16 21:38 ID:???
万景峰92「そんなこと言う奴にはもう重油かけてやんないっ」

114 :暇になって付近に停泊中の特殊工作船:03/06/16 22:06 ID:???
>>113
『豚務パクは許可なくして共和国の最重要機密情報に触れた恐れがあると
判明したので、先ほど任務を解かれましたニダ。

ところで油を戴けるのはいつでスミダ?』

115 :名無し三等兵:03/06/16 22:08 ID:???
>>111
あ の ね 見たいのは君の体じゃなくて
君のその服の下に隠してるものなんだよ

116 :名無し三等兵:03/06/16 22:12 ID:???
>>115
好き嫌いはいけないな。漢ならヒィヒィ言わしたれ

117 :名無し三等兵:03/06/16 22:23 ID:???
万景峰92「元気の出る気持ちよくなる白い粉とかしか積んでこないわよっ。
      つべこべ言わないで早く入港させなさいよっ」

118 :名無し三等兵:03/06/16 22:33 ID:???
港安のオジサン「あぁ〜、何だこの白い粉はっ!?」

万景峰92「しっ知らないわ!私はこんな粉なんて知らないわ!」

港安のオジサン「知らないも何もお前の服の下から出てきたんだっ」
           これは「隅の隅まで」検査しないとな…(にやり)」

万景峰92「やっやめて…いやぁ〜そんな所まで…見ないでぇ〜」



119 :名無し三等兵:03/06/16 23:15 ID:???
摂津「やっぱり機関はレシプロが最高だわ!あっぁっぁったまんない」

120 :名無し三等兵:03/06/16 23:49 ID:???
>>116
たまにはゲテモノ喰いもね(w

121 :小ネタ 1/2:03/06/17 21:33 ID:???
青い空の下彼女らは西へ西へと向かっていた。

「お姉ちゃ〜ん、私たちの行き先ってどんなところだろうね?」

後ろに続く妹が姉に語りかける、出発してからもう何度同じ質問を聞いただろうか。
多分不安なんだろう、妹にはやさしく語りかけているものの彼女とて胸中の不安は消しきれなかった。

「ほかの姉さんたちも働いているところだし、従姉妹たちも嫁いでっているから問題はないと思うわよ」

妹に語りかけると同時に自分の不安な心にも語りかけるような口調で彼女もまた何度同じ答えを妹にしただろうか。
たしかに彼女等の姉たちはそこでも働いているし、従姉妹も何人か嫁いで行っている。
問題はないはずだ・・・・・・・・と思う。

122 :小ネタ 2/2:03/06/17 21:34 ID:???
「でもほらー、私たち姉さんとは装いも違うし、マークもこれだし・・・・・。」

彼女たちの嫁ぎ先の事情とやらで、装いはすでに姉たちとは若干異なっていた。
さらにインテーク脇のマークや尾翼、機首には新しい勤め先のマークや書き入れられており彼女らには姉たちとは違う運命が待っていることを物語っていた。

「大丈夫、私とは一緒の部隊になるはずだし、向こうの人も受け入れ態勢ができたからこそ私たちを呼んでくれたはずだから。」


時に1971年7月某日、F−4EJ 301、302号機は航空自衛隊小牧基地への長い道のりの中にあった。

123 :ななしさん:03/06/17 21:57 ID:wpxiodox
良スレの悪寒。

124 :名無し三等兵:03/06/17 22:00 ID:???
>>119
確かにあの上下運動は…
ハァハァ

125 :93さんの書き込みに触発されて。:03/06/18 22:14 ID:???
紺碧の海を一隻の船が行く。
やはり戦船(いくさぶね)は海原を進む姿が一番だ。

「姉さま。 私こんな遠くにくるのは初めてです。」

ろくに舞鶴湾を出ることも許されず係留されていただけの頃の彼女と比べると随分明るい笑顔を見せるようになった。
やっぱり迷彩ネットの下にいるよりこうして太陽の下を駈ける姿が彼女には似合ってる。

「・・・・・・・・・・・うぅ。」

自分を待ち受ける運命を知りながら、それでも楽しそうに笑う彼女の姿につい涙がこぼれる。
そんな姿を彼女だけには見せないようにと思っていたのに・・・。

126 :93さんの書き込みに触発されて。:03/06/18 22:14 ID:???
「姉さま、何かありました? お体の具合でも?」

その気遣いすら私を傷つける。
気丈に振舞おうとしてもやっぱり不憫すぎる。
大正生まれの私だけならどんな目に遭おうとも因果応報とあきらめられる。
だけどこの娘はまだ進水してからたった2年しかたっていないのに。 

「ごめんなさい。ごめんなさい。こんな事になってしまって。何があっても姉さんがずっと一緒にいてあげるから・・・・。」
「姉さま・・・・。」

1946年7月、私「長門」と妹「酒匂(さかわ)」の最後の航海がまもなく終わろうとしている。

127 :名無し三等兵:03/06/19 12:34 ID:???
何をやってもさっぱりさえない栗田健男中将の元にある日かわいい12人の守護天使が舞い降りました。
彼女たちはレイテ沖海戦で栗田中将に助けられた第2艦隊第1部隊の
大和、長門、高雄、妙高、羽黒、秋霜、岸波、沖波、朝霜、長波、浜波、島風
の生まれ変わりだったのです。

転進によって命を救われた(?)恩を返すためにこの身に変えてもお守りします。(笑

128 :名無し三等兵:03/06/19 23:08 ID:???
>>127
やはり、栗田元中将の死因は「腹上死」でしょうか?

129 :名無し三等兵:03/06/21 00:56 ID:gnokQyaf
>>125,126
いかん、不覚にも涙が(T_T

130 :名無し三等兵:03/06/23 21:37 ID:???
hosyuage!!

131 :名無し三等兵:03/06/23 21:38 ID:???
いかん、sageのままだった

132 :名無し三等兵:03/06/23 22:03 ID:???
やってやるぜっ

133 :名無し三等兵:03/06/23 22:57 ID:???
おお、いきかえったようだな

134 :標的艦摂津:03/06/24 07:04 ID:oATCssEO
味方の慰み者ですが、何か?

135 :香取:03/06/24 19:42 ID:???
私なんか若い子の筆おろしで大変よ。

136 :名無し三等兵:03/06/24 19:43 ID:???
>>134
テクニックを磨いてあげてんだからいいじゃんよ

137 :99艦爆:03/06/24 19:49 ID:???
>>134
ババアのくせにうるさいんだよ!!

138 :夕張:03/06/24 19:53 ID:???
みんないいな。兄弟がいっぱいいて、
私なんか、未熟児に生まれてしかも一人っ子だから・・・
あー煙突何本も欲しかったのに・・・
お父さんお母さんのバカッ、バカッ

139 :あまつかぜ:03/06/24 20:53 ID:???
…ぽつーん

140 :小ネタ 1/5:03/06/24 22:14 ID:???
1923年7月31日一人の戦乙女が竣工しようとしていた。
彼女の名前は夕張
5500tクラスの二等巡洋艦(軽巡)とほぼ同等の戦闘能力を半分の重量で実現してしまうという野心的な計画で作り出された彼女はその竣工式を控えていた。

がちゃり・・・・・。

誰かが部屋(ドック)に入ってきた音で彼女は目覚めた。
枕元の時計を見るとまだ午前4時、いくら竣工式が今日とはいえ、まだ人の来る時間帯ではない。

141 :小ネタ 2/5:03/06/24 22:15 ID:???
カツカツカツカツ・・・

はじめは風か何かで戸が揺れただけかとも思ったが、こちらに近づいてくる足音が何者かの進入を物語っていた。

「誰だろう・・・こんな早朝に。 まだボイラーに火を入れるような時間じゃないのに」

機関部に火が入らない以上彼女は身動きもろくにとれない、とりあえずできることといえば寝乱れた夜着の裾をなおし、侵入者が誰であるか確かめるだけであった。

「あ・・、お父様」

部屋に入ってきた者の顔を確認すると彼女は緊張を解きほっと息をついた。
H造船少将は彼女の設計をし、上層部に強力な働きかけを行った彼女の父親であった。

142 :小ネタ 3/5:03/06/24 22:15 ID:???
「どうなされたのですか?こんな時間に・・・。いくら今日が竣工式でもわたくしそこまで心配なわけで・・・・・は・・・・」

心配して様子を見にきてくれたのかと嬉しく思い微笑みかけはみたものの、彼女は信頼する父の顔がいつもと違っていることに気づいた。
なにやら熱病か、それとも悪いモノでも憑いているような目でH造船少将は彼女を見つめていた、このような父親の姿を彼女は見たことがなかった。

「? お父様?」

目の前にいるのは父親の姿をした別の人間ではないのか?
自分はまだ寝ていて、何か悪い夢でも見ているのではないか?
目を覚ませば何も変わらない日常が始まり、いつものやさしい父がいるのではないか?
彼女は今自分に何が起ころうとしているのかさっぱりわからなかった。

143 :小ネタ 4/5:03/06/24 22:17 ID:???
「・・・・・・・・1年1ヶ月待った。この日を待っていたんだ・・・・。 今日を逃せばお前は誰か別の男に嫁いでいってしまう。 
そんな事私は認められない・・・。 その14cm50口径砲、8cm40口径砲、61cm魚雷発射管・・・・
3軸減速タービン、8缶、57,750shp・・・・・っ全て、全て俺のものだ・・・・。 俺だけの・・・・。」

熱にうなされるように切れ切れな言葉をしゃべりながら一歩、また一歩とH造船少将は夕張に近づいて行く・・・・。
とてもまともだとは思えない。

同年代の子(軽巡)と比べて貧相ではないかと気にしている胸、身長差の割にはほとんど変わらない全幅、同じ84計画で生まれた二等巡洋艦の長良や五十鈴に「幼児体型」とからかわれる彼女の体を怪しい欲望に支配された視線がなめる様に這っていく。

144 :小ネタ 5/5:03/06/24 22:18 ID:???
「ふふ・・・・ほかの奴なんかお前とは比べようにもならん。お前は俺の理想を象った船だ・・・・ははは・・・。まさに芸術品だ」
「や、やめてください! お父様! 正気に戻って!」

身動きひとつまともに取れない体にはすでに荒い鼻息すら感じられた。
イヤイヤと首を振ってみるものの、彼女は他に抗う術を持ってはいなかった・・・・・・・。

「嫌、嫌、いやぁああああ〜〜〜〜!!!!!」
人気のないドックに夕張の悲鳴がこだました。  
                                =おしまい=


145 :名無し三等兵:03/06/24 22:45 ID:???
>>140>>144
あんた…
いい仕事してまっせ(崇拝)

146 :名無し三等兵:03/06/24 23:20 ID:???
ロリな体型(排水量)に不釣合いな巨乳(上部構造物)。
これぞマニア向き >水雷艇 友鶴


147 :名無し三等兵:03/06/25 08:24 ID:???
オールドミス鳳翔 かく語る。

『あのね〜、あんたら。 いい加減負けちゃった、わたしもう駄目、、、
とか言うのやめなさい! 二つのスクリューある限り、どこでも
行けるでしょうが! あたしゃ情けないよ、まったく』

彼女はその言葉どおり命が尽きるまで働き続けた・・・

148 :神風:03/06/25 09:47 ID:???
>みんないいな。兄弟がいっぱいいて


なこと言ってもさ、最後は一人ぼっちになるんだね
あたしなんざ大勢の姉妹いたけどさ・・・


149 :H造船少将:03/06/25 14:04 ID:???
夕鶴とかは俺の言うこと守らないで勝手にあれこれするからああなるんだ。

ロリ巨乳なんざ萌えねーよ。
貧乳、微乳がいいんじゃないか・・・。ふふふ

150 :艦本第四部 部員一同:03/06/25 14:25 ID:???
>>149

あなたは本物だから

151 :小ネタ1/4:03/06/25 17:06 ID:???
1929年7月31日彼女は竣工式の朝を迎えようとしていた。

彼女の名前は妙高。
軍縮条約に定められた範囲内での最強武装を目指した重巡第1号として設計された彼女はそれまでの巡洋艦が霞んでしまうほど美しい船体をしており、その姿は間もなく竣工式で軍関係者へと披露されようとしていた。

がちゃり

早朝のドックに扉が閉まる音が響き渡る。

かつかつかつ・・・・

ドック内に乾いた足音が響き渡り、やがて足音は彼女のすぐ側で止まった。

「来てくださったのですか?」

152 :小ネタ2/4:03/06/25 17:06 ID:???
妙高はすでに目覚めており、彼が彼女の元に来ることがわかっているかのように語りかけた。

「いや、あの・・・その・・。ちょっと様子を見に・・。」

様子を見に来ただけの相手にいきなり話しかけられF造船少佐は慌てた。

「貴方が来てくれると思っていました。」

妙高はF造船少尉ににっこりと笑いかける。
その笑顔を受け、彼は益々狼狽する。

「・・・・け、けけ、今朝僕が君の様子を見に来ると・・・な、なぜ?」

153 :小ネタ3/4:03/06/25 17:07 ID:???
自分はまだ若いので、現場を知らなければいけないし・・・。
妙高は自分が赴任した直後に進水した思い入れのある船だから・・・。
色々言い訳がましい思いが彼の頭をよぎるのが、そんな装飾を剥いで結論を言ってしまうと

=F造船少佐は妙高の美しい姿に一目惚れしてしまった=

ということなのだ。
まぁ、流石にそれは面と向かって相手に伝えられるような事ではないのだが。

「あの・・・・。その・・・・。竣工式の早朝には特別な出来事があると姉の夕張から聞いています・・・・。」

水上機用のクレーンをもじもじと動かしながら恥ずかしげに主砲の仰角を上げ下げする彼女が何を言いたいのかF造船少尉には理解でき、また、その意味がわかった途端に彼も頭に血が上り何がなんだかよくわからなくなってしまった。


154 :小ネタ4/4:03/06/25 17:08 ID:???
「・・・自分は竣工を控えた君が心配になって・・・・その・・・。」

お互いが落ち着きなく視線を彷徨わせる・・・。
彼の目と彼女の測距儀が合う・・・・。
双方うつむいてしまう。

そんな状況が何回か繰り返され、絶えきれなくなった妙高がその均衡を崩す。

「・・・私・・・・貴方になら・・。 いや・・・私みたいな大柄な女がこんな事言っても・・・迷惑ですよね・・って、ひゃん!」

妙高はいきなり人の息づかいを感じて素っ頓狂な声を上げてしまった。
何かを決意したようなF造船少尉の顔はすぐそこにあった。
                                 =おしまい=


155 :名無し三等兵:03/06/25 17:22 ID:???
ハァハァ…ウッ!
…最低だ、俺って。

156 :島風:03/06/25 17:38 ID:???
私は・・・、私にはもう走ることしか出来ない・・・。ただ誰よりも
速く、それだけ。時代に取り残された私には何も残されていないわ・・・。

157 :名無し三等兵:03/06/26 01:31 ID:???
ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)
ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)
ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)
ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)
ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)

ALL、楽しませていただきマスタ

158 :護衛艦 わかば:03/06/26 07:19 ID:U1yxPTb0
今度、体験本出すから読んでね

「私は見た 死後の世界」

159 :三菱F−2:03/06/26 08:23 ID:???
はわわ〜メガネ、メガネ・・・・・・。(あたふた)

160 :わかば@:03/06/26 11:52 ID:???
何だか体がすうーっと浮かび上がる感じがしたと思ったら
目が眩しい・・・海面だ!・・・私は再び空を見た!
記憶は1945年7月28日で止まっている。飴公の艦載機に追われ
徳山沖を逃げ回ってるうちに、突然背中に焼付くような痛みを感じ
弾薬が誘爆した。そこから先の記憶は何も無い。
そおか、沈んでいたんだ。私は・・・しかしこの汚らしさは何だ。
びっしりと牡蠣殻、海藻で覆われたこの体・・・沈んでいたのは1年や2年ではないようだ
私はゆっくりと造船所に運ばれている。早く綺麗な体に戻して・・・
そしてもう一度、長門・伊勢・日向・榛名の姉さん達に附いて今度こそ
飴公の艦隊を61糎酸素魚雷で吹っ飛ばしてやるのだ!



161 :わかばA:03/06/26 11:53 ID:???
造船所に運ばれた。雰囲気が何か変。でも、早くもとの体に戻してもらえれば
そんなことはどーでも良い。
工員さんたちが手際よく貝殻と海藻を擦り落としてくれる。
「思ったより綺麗じゃないか」貫禄のある紳士達が私を指差した。失礼な!
(思ったより)ですって!・・・プンプン
「こいつは高く売れそうだ」「良い鉄がたくさん採れそうですぜ」
ん? 一体どーゆーこと?


162 :わかばB:03/06/26 12:14 ID:???
「社長!一寸良いアイデアが・・・ヒソヒソ」
「おお!それは良い!さっそく取り掛かれ。」
一体何なの?私をどうするつもり!?」

姐さん,姐さん・・・
横から貨物船が話し掛けてきた
こいつも雰囲気がおかしい・・・真っ黒の船体に白のキャビン
ヲイヲイ・・・そんな目立つ服装してどうするの。
「あんた何も知らないんだね・・・あんた10年間沈んでたんだよ」
えー!
「あんたが死んで一月たたないうちに日本は負けたんだよ」
ええー!
「あんた、これから解体されんだよ」
えええー!


163 :小ネタ1/5:03/06/26 16:51 ID:???
いつの間にか艦橋にその人は立っていて、優しく私をなでてくれていました。
大きくてごつごつしていて、それでいてとても温かい手。

水城圭次大佐、砲術畑一筋に生きてきた艦長。
本当に寡黙な方で、己を表に出さず、それでいて私や乗組員のことには人一倍心を砕いてくれている典型的な船乗り。
彼に頭をなでられるのが私は嫌いではなかった。
何も言わない艦長だけど、その気持ちは手を通じて私に伝わって来るから・・。

「すまん・・・。痛かったろうに・・・。みんな俺の責任だ・・。」

珍しく艦長が私に語りかけてきてくれている・・・。
痛かった? 責任?
ああ、あの事件の事を謝っているのか・・・。

164 :小ネタ2/5:03/06/26 16:52 ID:???
昭和2年8月、文字通り鼻の先もわからない暗闇に包まれた美保ヶ関沖で行われた夜間雷撃戦演習で神通(私)と蕨、那智と葦の衝突事故

が起こってしまった。
私と衝突した蕨は船体がまっぷたつになり炎上・沈没、艦長以下乗組員92名が殉職。
那智と衝突した葦は艦尾がちぎれ、乗組員28名が殉職。
後に美保ヶ関事件と呼ばれる大事故だった。

たしか査問会の制止を押し切った司法当局が軍法会議に起訴して・・・。

・・・これは夢に違いない。
水城艦長は法廷に出る他は自宅で謹慎し、事故についても

「全て私の責任であります。」

とコメントを残している他、ほとんど外との接触を断っているはずで私の所にも来てはくれていない。
そんな艦長が一人艦橋にいるはずはないから、これは船台の上に横たわり補修工事を受けている私が見ている夢に違いない・・・。

165 :小ネタ3/5:03/06/26 16:53 ID:???
夢とわかっていても久方ぶりに私をなでてくれている水城艦長の手は心地よく、変わらぬ暖かさが私には伝わってくる・・・。
ああ、これが夢でなければどれほど幸せなことでしょうか。

「すまん、神通・・・俺を許してくれ。」

本当にこれは夢なんだろうか?
艦長の手を通しては相変わらず暖かい気持ちが伝わってくるけど、それとは違う別の思いも一緒に私に伝わってくる・・・。
何か声をかけなければとは思うのだけれど、言葉が全然出てこない。
山城艦長はただ謝りながら私の頭をなでてくれた。

「神通・・・・ありがとう。そしてさらばだ。」

いつまでそうしていただろうか・・・。艦長はそう私に告げると敬礼をし艦橋から出て行く。
駄目、艦長戻ってきて! そっちに行ったら!!!

166 :小ネタ4/5:03/06/26 16:54 ID:???
「駄目ぇ!! 行っちゃいけない!」

自分の声で目が覚める。
まだ完全には夜が明けていない薄明るいドックの中、いつもと変わらず私は船台の上にいた。

・・・今のはやっぱり夢だったのだろうか・・・。
ただただ涙があふれてくる・・・。

「神通・・・ありがとう。そしてさらばだ」

夢の中の山城艦長の言葉がよみがえる。
なぜか、本当にもう山城艦長には会えないような気がした。

167 :小ネタ5/5:03/06/26 16:54 ID:???

「事がハッキリせんうちは死なんぞ。」

そう同期に話していた山城圭次大佐が自室で首にカミソリをあて自害なされたのは昭和2年12月26日、事件の判決が出るその朝のこと

でした。

168 :わかばC:03/06/26 21:02 ID:???
「それだけじゃないよ。もう日本には海軍なんて無いんだよ」
え・え・え・え〜っ?!

「あんたも気の毒だね・・・あたしみたいに商船にうまれてりゃ
この平和な時代、大事に使ってもらえたろうにさ・・・」

しかし、何日たっても解体は始まらない

169 :わかばD:03/06/26 21:39 ID:???
解体もされぬまま何日か過ぎたある日のこと、
数人の男達がどやどや乗り込んできた。
技術者たちのようだ・・・私の体内を隅々まで調べて回っている
一人、高齢の人がいる、なんだか懐かしいような気がする・・・
不思議な雰囲気だ。他の人は図面を広げては
この初老の男に何かと教えを乞うているかのように見える。初老の男は時折、
懐かしそうに私の各部を撫でさする。まるで父親が赤子をあやすかのように。

・・・もしかして、お父さん?

やがて男達は引き上げに掛かった。その男性は何度も何度も
私を振り返りながら仰ぎ見る・・・
「大丈夫、お前を絶対スクラップなんかにさせやしないから・・・」
その目はそう語っていた。間違いない、お父さんだ。

170 :わかばE:03/06/26 21:51 ID:???
やがて、わたの体の傷んだ箇所を復旧する工事が開始された。

「良かったじゃん・・・」
また馬鹿貨物船が話し掛けてきた
「ほら、あんた<センジバイショー>じゃない?知らない?
連合国に引き渡されるんじゃないの。お化粧し直して・・・
いいな・・・連合国って色々あるじゃん。アメリカ・イギリス・フランス・カナダ
オーストラリア・・・・あ、そうかソ連と中国もあったっけ・・・
生き残ってた、あんたの姉妹や先輩達は大勢が中国やソ連に行ったわよ。
向こうに行けば歓迎されるんじゃない?
見たこと無いから知らないけど、士官サンはスマートで知的な雰囲気
水兵さんはハンサム揃い、きっと艦内も甲板も毎日ピカピカに
磨き上げてくれるわよ・・・」

と、無責任なことをべらべら喋ってる

171 :小ネタ:03/06/28 20:30 ID:???
スレが下がってきましたので緊急浮上かけます。
わかばの作者さん度重なる重複お許しください。

172 :小ネタ 1/6:03/06/28 20:31 ID:???
昭和7年12月31日大晦日
呉工廠のドック前では不思議な光景が展開していた。
「金剛」「榛名」「霧島」の巡洋戦艦がドック前に陣取り、周りの補助艦艇や巡洋艦ににらみを効かせていたのだった。

「ふに〜・・・・お姉ちゃ〜ん・・・。出て行くの怖いよぉ〜・・・」

ドックの中からか細い声が聞こえる。
何かにひどくおびえているようだ。

「大丈夫よ、みんないるから安心して出ておいでなさい。」

「金剛」「榛名」「霧島」の中で最も最年長の「金剛」がドックに優しく語り掛ける。
金剛型の3隻はもう一隻の姉妹2番艦「比叡」に声をかけているのであった。

173 :小ネタ 2/6:03/06/28 20:31 ID:???
「お姉、私達が見張ってるから大丈夫だよ! 変な事言う奴がいたらあたしがぶっ飛ばしてあげるから!」
「そうだよ! お姉ちゃん。」

「榛名」「霧島」も姉の「比叡」に呼びかける。
こんな問答がもう30分ほど続いていた。
「比叡」はなかなかドックから表に出ようとしなかったのだ。

もちろんそれなりの訳があるのではあるが・・・。

「・・・・・笑わないでね。」

ようやく覚悟を決めたのか、徐々に鼻先から姿を現す「比叡」
約1年半ぶりに彼女は表に出てきた。
と、金剛級以外の船たちの視線も「比叡」に集まる。
「比叡」がなぜこの時期に改修を受けなければいけなかったのかは、呉どころか帝国海軍の艦船たちはみんな知っており、この日改修を終え姿を見せる「比叡」はそれだけの注目を浴びる存在だったのだ。

174 :小ネタ 3/6:03/06/28 20:32 ID:???
「・・・・・くすくす。」
「ぼそぼそ・・・・・。」

徐々に出てきた「比叡」の姿を見てあれこれと周りから話し声が聞こえてくる。
その中には「失笑」の類も混じっていた。
もっとも、直後に金剛級3隻の36センチ砲ににらまれ一斉に黙らされたわけではあるが・・・。

あたりを窺うようにゆっくりゆっくり「比叡」がその体を現す。

(あらあら、まさかここまでとは・・・・・。)

話だけには聞いていたが、実際に「比叡」の姿を見ると「金剛」ですら驚かずにはいられない。
側面の200ミリ装甲は剥がされ肌が剥き出しになり、4番砲塔は取り外され、機関の缶数が減らされてしまったため、1番煙突はひょろ長なものに取り替えられてしまっている。

175 :小ネタ 4/6:03/06/28 20:32 ID:???
「比叡」はこの改修で戦闘艦としての能力を失ってしまっていたのだ。

昭和5年のロンドン軍縮条約の席において日本の補助艦艇を対米7割とするため、日本は「比叡」を条約が効力を発生した後18ヶ月以内に廃棄するという付帯条件を飲まざるを得なかった。
17歳の「比叡」は危うく除籍、解体になるところを「練習戦艦として運用するため戦闘能力を無くす」という事でその命を長らえる事ができたのだった。

「あ〜〜〜〜う〜〜〜〜〜〜。  (=″″=)」

すっかり肌があらわになってしまった上、重量が軽くなってしまったことによって艦が浮き上がってしまいさらにあられもない姿をさらすことになってしまっている。
服の裾や胸元を押さえた状態で「比叡」は恥ずかしそうにその姿を呉の港に現し、待ち受ける姉妹達の顔を見た。

「・・・・こんな格好じゃ恥ずかしいよぅ・・。 くすん」

176 :小ネタ 5/6:03/06/28 20:32 ID:???
うつむきながら目に涙が浮かんでいる。
竣工から10数年、戦船(いくさぶね)として緊張あるところには持ち前の快速を活かし即参上し、日本の威信を内外に示してきた彼女としては今の姿は確かに情けないと感じるところはあった。
また、高速巡洋戦艦4隻として内外にその名を知られた「金剛型」の姉妹達にだからこそその姿は見せたくなかったのだ。
そんな思いからますます自分が情けなくなって涙があふれてくる。

「・・・・・馬鹿・・・。」
「ふに?」

突然姉妹達が彼女をやさしく包んでくれた。

「よかった・・・。あなたが解体されなかっただけで・・・。それだけで私達は・・・。」

金剛たちも泣いていた。

「う・・・ひっく。 おねえちゃ〜ん」

その姿は変わり果てた姉妹の姿を哀れむというより、再会できた喜びの姿であった。

177 :小ネタ 6/6:03/06/28 20:33 ID:???
比叡がその姿を巡洋戦艦に戻し、改めて近代改修を受けることになるのはそれから4年後
昭和11年11月のことである。
                                  =おしまい=


178 :名無し三等兵:03/06/28 21:02 ID:???
吉田俊雄氏の著書“戦艦「比叡」”参考だと思われ

179 :名無し三等兵:03/06/29 14:45 ID:???
>>172-177
ええ話や(つД`)

180 :小ネタ:03/06/29 19:26 ID:???
>>178
ご名答。
参りましたm(__)m

181 :名無し三等兵:03/07/01 17:54 ID:???
社民の土井が・・土井が・・・!

えへっ♪首相になっちゃった♪

182 :名無し三等兵:03/07/01 21:17 ID:???
>>181
貴殿は祖国を滅ぼす気か!

183 :名無し三等兵:03/07/01 23:32 ID:???
扶桑>なんで僕等こんなに中途半端なスペックなんだろう
山城>それは僕等が条約中に許されている中途半端な改修しか受けて・・
扶桑>つまらん!
   おまえの話はつまらん!
山城>・・・・・・・・
扶桑>・・・・・・・・つまらん   

184 :名無し三等兵:03/07/03 00:22 ID:???
>>182
ああ、スマン、土井は左翼だもんな。
狂ってたよ、漏れ。




小林のよしのりが・・よしのりが・・・!

えへっ♪外務大臣になっちゃった♪

185 :名無し三等兵:03/07/03 20:37 ID:???
>>184
貴殿は祖国を…

どうしたいの?

186 :名無し三等兵:03/07/04 00:17 ID:???
内閣を右翼で埋め尽くすことを夢見ています。
首相はもちろん鳥肌実で。

187 :名無し三等兵:03/07/04 00:20 ID:???
age

188 :印度洋打通太郎:03/07/04 00:22 ID:???
扶桑・山城を侮辱する奴は、わがスレでおおいに鍛えてやる。
印度洋でヘタレエゲレス相手にがんがんな。

おめ〜ら、印度洋をなめちゃおらんか!あ!

189 :名無し三等兵:03/07/04 00:27 ID:???
イランにある日本の油田が、プラントが・・・・

えへっ♪アメリカに火事場泥棒されちゃった♪

190 :*****************************************************************************************************************************************************名無し三等兵:03/07/10 02:20 ID:???
>189
それ、笑えないから。

191 :名無し三等兵:03/07/11 01:18 ID:???
俺の勤め先が‥勤め先が…

えへっ♪潰れちゃった♪(泣

192 :名無し三等兵:03/07/12 00:49 ID:???
>>191
ウヒョッ!

193 :名無し三等兵:03/07/12 00:57 ID:y9+bUvR8
191>>イイキミ!

194 :名無し三等兵:03/07/12 04:49 ID:???
>>191
イ`

195 :山崎 渉:03/07/12 16:32 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

196 :山崎 渉:03/07/15 12:03 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

197 :わんにゃん@名無しさん:03/07/22 13:44 ID:???
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

51 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)